まずは銚子観光の玄関口「銚子駅」周辺を散策しよう!
銚子観光名所① 日本人の食を支える「ヤマサ醤油銚子工場」
銚子観光名所② 大河川にかかる「銚子大橋」
銚子観光名所③ 藤が作るすだれが魅力の「妙福寺」
銚子観光名所④ 本銚子駅の日本版「恋のトンネル」
海岸沿いへと進んで銚子漁港エリアを観光!
銚子観光名所⑤ 漁港のランドマーク「銚子ポートタワー」
銚子観光名所⑥ 海の恵みが集う「ウオッセ21」
銚子観光の定番 絶景が広がる犬吠地区を訪問!
銚子観光名所⑦ 銚子のシンボル「犬吠埼灯台」
銚子観光名所⑧ 海岸線が続く「君ヶ浜」
銚子観光名所⑨ ひまわり畑と共存する「満願寺」
日帰り観光のクライマックス!夕暮れ時がおすすめの銚子の先端「外川」エリア
銚子観光名所⑩ 地球を肌で感じられる「地球の丸く見える丘展望館」
銚子観光名所⑪ 懐かしい鉄道風景が残る「外川駅」
銚子観光名所⑫ 幼い時教科書でみた世界が広がる「屏風ヶ浦」
東京から日帰りで楽しめる観光スポットの宝庫「銚子」

千葉県最東端に位置し、日本を代表する港町としても名高い「銚子」。太平洋に面する銚子は大海原を臨む穴場絶景スポットの宝庫であり、醤油製造や漁業が盛んで私たちの日々の食卓を支えている場所です。

観光地の宝庫である銚子には東京から車で2時間ほどでアクセスできることを知っていますか。行楽シーズンには日帰り旅行で東京から多くの観光客が訪れています。

今回は東京から日帰りドライブで来た時に楽しめる、銚子のおすすめ観光スポット厳選12選をモデルコース形式で紹介します。

まずは銚子観光の玄関口「銚子駅」周辺を散策しよう!


銚子観光の玄関口でJRと銚子電鉄が乗り入れる「銚子駅」
東京から来て最初に到着する銚子観光の玄関口「銚子駅」近辺の観光スポットをまずは散策してみましょう。

銚子観光名所① 日本人の食を支える「ヤマサ醤油銚子工場」


東京ドーム約4個分もの広さを誇るヤマサ醤油銚子工場
銚子と言えば醤油の名産地。国内第2位の醤油メーカー「ヤマサ」が天保2年に創業した醤油の街です。

東京ドーム約4個分もの広さを誇る広大なヤマサ醤油銚子工場内部は見学が可能。醤油ができるまでの流れや美味しさのヒミツを知ることができます。

【ヤマサ醤油銚子工場 基本情報】
住所:千葉県銚子市北小川町2570
アクセス:銚子電鉄「仲の町」駅 徒歩約3分
東関東自動車道「佐原香取」ICから国道356号を約1時間
電話番号: 0479-22-9809(8:30~16:50 年末年始を除く)
見学料:無料
公式サイト:ヤマサ醤油株式会社
※新型コロナウイルス感染症拡大を受けて、現在見学を中止しています。

【関連記事】
日本人の台所を支える醤油の歴史や三大名産地について詳しく知りたい人はこちら↓
【醤油】歴史と日本の三大名産地の特徴を知ろう!

兵庫県 < たつの市

【醤油】歴史と日本の三大名産地の特徴を知ろう! 日本を代表する歴史ある調味料「醤油」。寿司や煮物、すき焼きなどにも使用される、日本人には欠かせない調味料です。醤油の三大名産地は千葉県、兵庫県、香川県小豆島。今回は普段の食事で欠かせない、三大名産地による醤油の特徴や歴史を紹介していきます。

和食・日本料理

銚子観光名所② 大河川にかかる「銚子大橋」


利根川の最も河口側にかかる「銚子大橋」
日本で2番目に長い利根川の最も河口側にかかる「銚子大橋」。全長約1.2kmにも及ぶ橋をドライブすると非常に爽快な気分になります。


夕陽を背景にする「銚子大橋」
長大な銚子大橋の上をドライブするだけでなく、近くから眺めるのも非常に魅力的。特に朝日や夕陽を背景に橋を見ると、情緒的な気分に浸れます。

【銚子大橋 基本情報】
住所:千葉県銚子市大橋町地先
アクセス:JR総武本線「銚子」駅 徒歩15分
東関東自動車道「佐原香取」ICから国道356号を約1時間
通行量:無料
公式サイト:千葉県公式観光情報サイト-まるごとe! ちば-

銚子観光名所③ 藤が作るすだれが魅力の「妙福寺」


銚子駅にほど近い「妙福寺」
銚子駅のすぐ近くに位置する日蓮宗のお寺「妙福寺(みょうふくじ)」。1314年に開創され、皇室や江戸幕府との結びつきが強かった由緒あるお寺です。

紫のカーテンのように垂れる「臥龍の藤」
妙福寺の最大の見どころは毎年4月下旬〜5月初旬にかけて満開になる「臥龍の藤(がりゅうのふじ)」。長さ1.8mあまりの藤の姿がまるで龍が寝ている姿に似ていることから名付けられました。藤が紫のすだれのように天から垂れる鮮やかな姿は非常に幻想的です。

【妙福寺 基本情報】
住所:千葉県銚子市妙見町1465
アクセス:JR「銚子」駅 徒歩約5分
東関東自動車道「佐原香取」ICから国道356号を約1時間
電話番号:0479-22-0650
公式サイト:妙見宮海上山 妙見寺

【関連記事】
関東近郊に位置するあしかがフラワーパークの究極の藤ついて詳しく知りたい人はこちら↓
【あしかがフラワーパーク】究極の藤の見頃時期はいつ?

栃木県 < 足利

【あしかがフラワーパーク】究極の藤の見頃時期はいつ? 栃木に美しい藤が見られることで有名な「あしかがフラワーパーク」。ここでは日本でも珍しい品種の藤から「八重の大藤棚」と言われる名物の藤まで、美しく咲き誇ります。日本夜景遺産にも登録されたイルミネーションや季節毎に移り変わる庭園など、紹介します。

絶景

銚子観光名所④ 本銚子駅の日本版「恋のトンネル」


大正ノスタルジー風にリフォームされた銚子電鉄「本銚子」駅
銚子駅から3駅先にある銚子電鉄の「本銚子(もとちょうし)駅」。2017年に24時間テレビの企画で、駅舎が大正ノスタルジーあふれる雰囲気にリフォームされた駅です。

恋のトンネルに銚子電鉄の列車が通る様子
本銚子駅のホームから見られるのは美しい緑の空間が広がる日本版「恋のトンネル」。元々東欧ウクライナにあり恋人とくぐると願いが叶うとされている、緑でできたロマンチックなトンネルを日本でも見られます。

【元銚子駅 基本情報】
住所:千葉県銚子市愛宕町
駐車場:無し
公式サイト:銚子市観光協会

【関連記事】
東欧ウクライナが元になっている、日本版「恋のトンネル」について詳しく知りたい人はこちら↓
【恋のトンネル】ウクライナの緑の絶景が日本にもあった!

千葉県 < 銚子市

【恋のトンネル】ウクライナの緑の絶景が日本にもあった! 恋人とくぐると願いが叶うといわれる「恋のトンネル」。東欧ウクライナにあり、まるで異世界のような緑の空間が広がっています。実は同じような景色が見られる場所が日本にも。今回は、SNSで人気の絶景スポットを紹介します。

絶景

海岸沿いへと進んで銚子漁港エリアを観光!


日本でも有数の漁港「銚子漁港」
銚子駅近辺から海岸へと足を進め、銚子の漁港エリアを散策してみましょう。

銚子観光名所⑤ 漁港のランドマーク「銚子ポートタワー」


銚子漁港のランドマーク「銚子ポートタワー」
銚子漁港の側にそびえる高さ57.7mの「銚子ポートタワー」。ガラス張りの神々しいツインタワーは銚子のランドマーク的存在です。

銚子ポートタワーからの眺め
一般的なビル14階ほどの高さに相当する展望室から眺められるのは太平洋の大海原。漁港や市場に位置することもあって、港に出入りする漁船や漁師の作業風景も見ることができます。

【銚子ポートタワー 基本情報】
住所:千葉県銚子市川口町2丁目6385−267
アクセス:JR「銚子」駅からちばこうバス川口線で約20分。「ポートタワー」バス停下車
東関東自動車道「佐原香取」ICから国道356号を約1時間
駐車場:有り
電話番号:0479-24-9500
営業時間:9:00~17:30(最終入場17:00)
4~9月の土日祝、8月は9:00~18:30(最終入場18:00)
定休日:木曜日
入館料:大人420円 子供200円
公式サイト:銚子ポートタワー

銚子観光名所⑥ 海の恵みが集う「ウオッセ21」


銚子ポートタワーに隣接し連絡橋で繋がる「ウオッセ21」
銚子ポートタワーに隣接し連絡橋で繋がる「ウオッセ21」。銚子で水揚げされたばかりの新鮮な魚介類が揃う観光拠点です。

直売所には17の店舗が所狭しと並び、鮮度抜群の海産物や地元名産品などのお土産を手に入れることができます。お食事所では銚子観光の醍醐味、ボリューム満点の絶品海鮮丼を堪能できます。

【ウオッセ21 基本情報】
住所:千葉県銚子市川口町2-6529-34
アクセス:東関東自動車道「佐原香取」ICから国道356号を約1時間
JR「銚子」駅からちばこうバス川口線で約20分。「ポートタワー」バス停下車
駐車場:有り
電話番号:0479-25-4500
営業時間:9:00~16:00
定休日:年中無休
公式サイト:ウオッセ21

銚子観光の定番 絶景が広がる犬吠地区を訪問!


犬吠埼灯台が人気の銚子観光の定番「犬吠」エリア
漁港でお腹もいっぱいになったところで、銚子の半島を南へと進み、銚子観光の定番犬吠(いぬぼう)地区の絶景を楽しみましょう。

銚子観光名所⑦ 銚子のシンボル「犬吠埼灯台」


銚子観光のシンボル「犬吠埼灯台」
国の重要文化財に指定され、世界の灯台100選に選ばれている「犬吠埼灯台(いぬぼうさきとうだい)」。1874年に完成して以来、座礁事故の多い銚子の海を守ってきた歴史ある灯台です。


犬吠埼灯台頂上からの眺め
犬吠埼灯台の内部は99段の螺旋階段となっていて、灯火の部分まで登頂することが可能。頂上では海から吹き付ける強風によりスリルを感じながら、遥か遠くまで続く海岸線や一面に広がる太平洋が作り出す絶景を眺められます。

【犬吠埼灯台 基本情報】
住所:千葉県銚子市犬吠埼9576
アクセス:銚子電鉄「犬吠」駅 徒歩約10分
東関東自動車道「佐原香取」ICから国道356号を約1時間
参観寄附金:300円
参観時間:
3月~9月 8:30~17:00
GW、8/10~19 8:30~17:30
10月~2月 8:30~16:00
公式サイト:公益社団法人 燈光会

銚子観光名所⑧ 海岸線が続く「君ヶ浜」


美しい海岸線が続く「君ヶ浜」
犬吠埼の北側に位置する約1kmにわたって続く海岸線「君ヶ浜」。「日本の渚・百選」にも選ばれた太平洋を間近で見られる絶景スポットです。

幻想的な日の出が犬吠埼灯台と君ヶ浜を照らす姿
東側に面する太平洋から朝日が昇る姿と犬吠埼灯台が織りなす調和はとても神秘的でデートスポットとして人気。関東最東端に位置することで日本一早く初日の出が見られる場所として、元旦には初日の出を見るイベントが開かれます。

【君ヶ浜 基本情報】
住所:千葉県銚子市君ケ浜
アクセス:銚子電鉄「君ヶ浜」駅 徒歩約5分
東関東自動車道「佐原香取」ICから国道356号を約1時間
駐車場:有り
公式サイト:銚子市観光協会

銚子観光名所⑨ ひまわり畑と共存する「満願寺」


朱色の門が特徴的な「満願寺」
犬吠埼灯台から500m程の愛宕山(あたごやま)の中腹に位置する「満願寺(まんがんじ)」。霊場巡りをしている人々が各地から満願寺に参拝しに来ます。

満願寺の前に広がる満開のひまわり
満願寺が鮮やかな姿を見せるのが真夏の8月ごろ。お寺の前のひまわり畑が満開になり、朱色の門と真っ黄色のひまわりが重なり合う、ここでしか見ることのできない光景を楽しめます。

【満願寺 基本情報】
住所:千葉県銚子市天王台9822-1
アクセス:銚子電鉄「犬吠」駅 徒歩約10分
東関東自動車道「佐原香取」ICから国道356号を約1時間
駐車場:有り
拝観料:無料
電話番号:0479-24-8416
公式サイト:巡礼の寺 満願寺

日帰り観光のクライマックス!夕暮れ時がおすすめの銚子の先端「外川」エリア


外川地区は夕暮れ時にエモーショナルな姿を見せる
いよいよ日帰り銚子観光もクライマックス。夕暮れ時に”エモい”姿を見せる、銚子の南端「外川(とかわ)」エリアの観光名所で楽しい観光を締めくくりましょう!

銚子観光名所⑩ 地球を肌で感じられる「地球の丸く見える丘展望館」


愛宕山に位置する「地球の丸く見える丘展望館」
千葉県北東部で一番高い愛宕山に位置する「地球の丸く見える丘展望館」。周囲に景色を遮るものがない展望館の屋上からは360度の大パノラマを楽しめます。

展望台からの360度に広がる眺め
標高73.6mの山頂に建てられた高さ約16mの展望台から見れるのは広大な太平洋が広がる絶景。約330度に渡って展開する海に向かう眺望から遥か彼方に見える水平線を見れば、地球が丸いことを実感できます。

【地球の丸く見える丘展望館 基本情報】
住所:千葉県銚子市天王台1421-1
アクセス:銚子電鉄「犬吠」駅 徒歩約15分
東関東自動車道「佐原香取」ICから国道356号を約1時間
営業時間:
9:00~17:30 (最終入場17:00)
4~9月は9:00~18:30(最終入場18:00)
定休日:年中無休
入館料:大人420円 子供200円
電話番号:0479-25-0930
公式サイト:地球の丸く見える丘展望館

銚子観光名所⑪ 懐かしい鉄道風景が残る「外川駅」


日が沈みどこか懐かしさを感じさせる「外川」駅
地元の人から愛されているローカル線、銚子電鉄の終着駅「外川駅」。東京では見ることのできないどこか懐かしさを感じる木造駅舎が見どころです。

外川駅構内に留置されているデハ801系
駅構内は地元高校生らの力で往年の姿に修復されたデハ801系が留置。今は使われていない車両を入場無料で見学できます。

経営危機で度々話題になる銚子電鉄。少しでも収益を増やすために開発し大ヒットしたぬれ煎餅などのグッズを駅構内で購入できます。

【外川駅 基本情報】
住所:銚子市外川町2-10636
駐車場:有り
デハ801系公開時間:平日9:00~14:30 土日祝日9:00~16:00
公式サイト:ありがとう 外川駅 銚子電気鉄道株式会社

銚子観光名所⑫ 幼い時教科書でみた世界が広がる「屏風ヶ浦」


約10kmもの海岸線に続く「屏風ヶ浦」
太平洋に面する約10kmもの海岸線に続く断崖「屏風ヶ浦(びょうぶがうら)」。高さ約40~50m程の海に侵食されてできた崖で、ドーバー海峡になぞらえて「東洋のドーバー」と呼ばれています。

地層が積み重なる断面の様子は、理科の教科書で一度は目にしたはず。海沿いに整備された遊歩道から大自然が長い時間をかけて作り出した壮大な光景を楽しめます。

夕陽に照らされたエモーショナルな屏風ヶ浦
屏風ヶ浦を訪れるなら夕暮れ時が一番おすすめ。夕陽が屏風ヶ浦と太平洋を照らす姿は非常にエモーショナルです。

【屏風ヶ浦 基本情報】

住所:銚子市潮見町
アクセス:東関東自動車道「佐原香取」ICから国道356号を約1時間
JR銚子駅前バス乗り場 5番「名洗・千葉科学大学」行き
「千葉科学大学・マリーナ前」(所要時間:約11分)下車 徒歩約3分
駐車場:有り
公式サイト:銚子市観光協会

東京から日帰りで楽しめる観光スポットの宝庫「銚子」

今回は東京から日帰りで行く人も多い観光地、銚子の観光名所厳選12選を紹介しました。銚子は幻想的な自然が織りなす光景や大海原が作り出す絶景の宝庫。忙しい東京での日常をしばし忘れ、気軽にリフレッシュすることができます。

東京から車や電車で気軽にアクセスでき、遊び場も豊富な近場のお出かけ先となっている銚子。皆さんも束の間の休日に銚子の自然や絶景を見に訪れてみてはいかがでしょうか。