イントロダクション
日本の七夕文化の歴史
七夕の短冊に願い事をしよう!
日本三大七夕まつり
>仙台七夕まつり
>湘南ひらつか七夕まつり
>安城七夕まつり
まとめ

7月7日といえば「七夕」の日。天の川を挟んで織姫と彦星が1年で唯一会える日という伝説があり、日本では短冊に願い事を書くという風習があります。この時期に合わせて七夕行事も各地で開催され、宮城県の「仙台七夕まつり」、神奈川県の「湘南ひらつか七夕まつり」、愛知県の「安城七夕まつり」の日本三大七夕祭りは有名です。今回は、日本の七夕文化とはどのようなものなのかご紹介します。

日本の七夕文化のはじまり

日本の夏の風物詩として広く知られる「七夕」。季節の節目を意味する「五節句」の一つでもあります。

もともと七夕の文化は日本にあったものではなく、中国がはじまりです。奈良時代に中国から伝わってきたとされ、当時は皇族の宮中行事として行われていました。

その後、中国と日本の風習がいくつか重なり、今の七夕の形になったのは江戸時代の頃です。

織姫と彦星の話

七夕を知るうえで欠かせないのが「織姫」と「彦星」です。諸説ありますが、最も一般的なのが「牛郎織女(ぎゅうろうしゅくじょ)」という中国発祥の物語。

“昔、中国のとある川のほとりに「織女」という美女が住んでいました。織女が年頃になると、父は農耕に熱心な「牽牛(けんぎゅう)」という青年を婿として迎え入れます。それから、織女は牽牛に夢中になり、本業の機織りに手がつかなくなってしまいます。父が注意しても意味がなかったので、織女と牽牛を引き離し、牽牛は川の対岸に追放されてしまいました。織女は悲しみ、毎日泣き続けていたことを見かねた父は、年に一度、7月7日にだけ会うことを許しました。その後、毎年7月7日を楽しみに、二人は真面目に仕事に取り組むようになりました。”

この二人の物語は、空を流れる天の川の近くにある「こと座のペガ(織姫)」と「わし座のアルタイル(彦星)」に例えられます。

中国では、この二つの星が視覚的に最も接近する7月7日の夜に「乞巧奠(きっこうでん)」という行事が行われます。この中国の「乞巧奠」が、現在日本で行われている七夕行事の原型となったと言われています。

七夕の短冊に願い事


七夕の短冊

日本の七夕の風習として、短冊に願い事を書くというものがあります。笹の木に吊るされたカラフルな短冊は、日本の七夕文化を象徴する光景です。

この短冊に願い事が書かれるようになったのは江戸時代。当時は書道など技芸の上達を願うものが多かったといわれています。

また、短冊に使われる紙の色は、赤・青・黄・白・黒の五色と決められています。これは中国古代の学説「五行説」という、自然は木・火・土・金・水の五つの元素の循環に従って変化するという説に基づいたものです。

赤は火、青は木、黄は土、白は金、黒は水を指します。ただし、黒に関しては負のイメージが強いこともあり、紫が代わりに使われる場合が多いです。

短冊の色には他にも意味があり、それぞれの色に「徳」という人間の心構えがあります。その徳に合った願い事、また風水的な色に合わせて願い事を書くと願いが叶いやすくなるといわれているので、ぜひ参考にしてみてください。

赤の短冊

赤色には、親や先祖への感謝を表すという意味があります。両親や親族に関する願い事に向いているとされています。風水的には「決断の色」なので、元気になりたい時などにおすすめです。

青の短冊

青色は「礼」を表し、人間力を高める意味があります。自分自身の成長を願うものがおすすめです。風水的には安心や信頼といった意味があります。

黄の短冊

黄色は友情の色で、人間関係に関する願い事が適しています。風水的には金運アップに適し、商売繁盛などの願い事がいいでしょう。

白の短冊

白色は義務を守る心を意味し、自分の決め事を短冊に書くのがいいでしょう。風水的な意味では、人間関係の改善やリラックスの効果があります。

黒(紫)の短冊

黒は勉強の色で、学業の向上や資格取得などの願い事が適しています。風水的には強い力を発揮する色とされ、書いた願い事に強いパワーがつくでしょう。

日本三大七夕まつり

七夕の時期になると、日本各地で開催される七夕まつり。地域によっては旧暦の7月7日、現在の8月に開催する場所もあります。

宮城県の仙台市で開催される「仙台七夕まつり」、神奈川県平塚市の「湘南ひらつか七夕まつり」、愛知県安城市の「安城七夕まつり」は特に有名な七夕まつりとして日本三大七夕まつりにも数えらます。

仙台七夕まつり


仙台七夕まつりの吹き流し型の七夕飾り

宮城県仙台市で、毎年8月6日から8日に開催される「仙台七夕まつり」。江戸時代から続く伝統行事で、日本一の七夕とも称されています。

見どころは、街を埋め尽くす約3,000本の七夕飾り。人気キャラクターが描かれているなど手の込んだものばかりで、 一つ一つの作品から目が離せません。また、七夕飾り作りの体験や短冊に願い事を書くコーナーもあります。

Category: その他

仙台七夕まつり

〒980-0014 
宮城県仙台市青葉区本町2-16-12
022-265-8185

湘南ひらつか七夕まつり


湘南ひらつか七夕まつりのカラフルな七夕飾り

毎年7月上旬に神奈川県平塚市で開催される「湘南ひらつか七夕まつり」は、1950年から開催され、湘南の海に夏の訪れを告げるお祭りです。

流行や話題を取り入れた豪華な七夕飾りが特徴で、メイン会場の湘南スターモール商店街は七夕飾りで埋め尽くされます。

七夕まつりの期間中は街全体が七夕一色となり、様々なイベントも開催されます。屋台では地元グルメが味わえるほか、一般的な屋台では見つからないような珍しいグルメの屋台もありますよ。

Category: その他

湘南ひらつか七夕まつり

〒254-0043
JR平塚駅北口商店街を中心とする市内全域

0463-35-8107

安城七夕まつり


安城七夕まつりの多くの七夕飾り

愛知県安城市にて、毎年8月の第一金・土・日の3日間で開催される「安城七夕まつり」。世界記録に認定された「願いごと短冊」や、キャンドルに願い事を巻きつける「願いごとキャンドル」など、様々な七夕イベントがあるのが特徴です。

日本全国でここだけという「七夕神社」は、商売繁盛や開運、縁結びなどにご利益があるとされています。

Category: その他

安城七夕まつり

〒446-8512
愛知県安城市桜町16-1
0566-76-5175

日本で七夕文化の体験を

七夕の文化は日本だけでなく世界中にあり、祭りの形式も国によって様々です。また、日本では7月7日はそうめんの日ともされており、七夕にそうめんを食べる風習のある地域もあるようです。

七夕の短冊に願い事を書いて、さっぱりとしたそうめんを味わうという日本の七夕文化をぜひ体験してみてください。