関東の花火大会①【東京】神宮外苑花火大会
関東の花火大会②【東京】葛飾納涼花火大会
関東の花火大会③【東京】いたばし花火大会
関東の花火大会④【東京】隅田川花火大会
関東の花火大会⑤【神奈川】鎌倉花火大会
関東の花火大会⑥【神奈川】みなとみらいスマートフェスティバル
関東の花火大会⑦【神奈川】湘南ひらつか花火大会
関東の花火大会⑧【神奈川】湯河原温泉花火大会
関東の花火大会⑨【埼玉】熊谷花火大会
関東の花火大会⑩【埼玉】小江戸川越花火大会
関東の花火大会⑪【千葉】市川市民納涼花火大会
関東の花火大会⑫【千葉】鴨川市納涼花火鴨川大会
関東の花火大会⑬【栃木】足利花火大会
関東の花火大会⑭【栃木】うつのみや花火大会
関東の花火大会⑮【群馬】高崎大花火大会
関東の花火大会⑯【茨城】水戸黄門まつり 水戸偕楽園花火大会
それぞれの魅力が詰まった関東の花火大会

夏の風物詩といえば「花火大会」。夏の夜空に打ち上がる壮大な花火はいつでも私たちを魅了し、素敵な思い出を残してくれます。

東京以外にも関東全域で多くの花火大会が開催されますが、それぞれに特徴や名物があり、花火大会によって千差万別です。今回は人気ランキング上位から穴場のものまで関東の花火大会16選に絞り、2022年の開催情報もお届けします!

【関連記事】
花火の名前や種類を詳しく知りたい人はこちら↓
【花火の種類】は何がある?日本の夏の風物詩を徹底解説!

新潟県 < 長岡

【花火の種類】は何がある?日本の夏の風物詩を徹底解説! 夏の夜空を彩る「花火」。実は多くの種類があり、見た目や色、形によって名前が異なる日本の夏の風物詩です。多くの人が知っているものからあまり知られていないものまで、その知識はさまざま。今回は、花火の種類や豆知識などをご紹介します。

花火・祭り

関東の花火大会①【東京】神宮外苑花火大会


東京の夜空を彩る「神宮外苑花火大会」

神宮球場、秩父宮ラグビー場、軟式球場の3会場で開催される「神宮外苑花火大会」。12,000発の花火が大都会東京の夜空を彩り、毎年約100万人を動員する大人気イベントです。2011年以来、東日本大震災復興支援として収益の一部を被災地に届ける活動を行っていることでも知られています。


花火と音楽の融合が「神宮外苑花火大会」で楽しめる

神宮外苑花火大会の最大の見どころは、花火だけでなくコンサートも楽しめるビックイベントであること。関東近郊でライブと花火が両方楽しめるのは、神宮外苑花火大会だけです。何組もの大物アーティストたちが登場し、熱いライブで会場を盛り上げます。

夏の一大イベントとして多くの人に愛されてきた神宮外苑花火大会ですが、2022年は3年ぶりに開催されることが決定しました。この時を待ち望んでいた人も少なくないはず。今年の夏は神宮外苑花火大会で最高の思い出を作りましょう!

【神宮外苑花火大会 開催情報】
開催場所:東京・明治神宮外苑
開催期間:2022年8月20日(土)
     ※雨天順延 2022年8月21日(日)
開催時間:19時30分〜20時30分
アクセス:JR千駄ヶ谷駅、信濃町駅、代々木駅
     東京メトロ外苑前駅、青山一丁目
     都営大江戸線国立競技場駅
公式サイト:神宮外苑花火大会

【関連記事】
明治神宮についてもっと知りたい方はこちら↓
【明治神宮外苑】を楽しむならココ!おすすめスポットやイベントを紹介

東京都 < 国立競技場エリア

【明治神宮外苑】を楽しむならココ!おすすめスポットやイベントを紹介 都心の一等地・青山にある明治神宮外苑。いちょう並木や新国立競技場、神宮球場など有名なスポットが集まっていますが、まだまだ魅力的な場所はたくさんあります。今回はそんな明治神宮外苑で訪れたいおすすめスポットや人気のイベントを紹介します。

その他名所・観光スポット

関東の花火大会②【東京】葛飾納涼花火大会


江戸川の夜空に咲く「葛飾納涼花火大会」の花火

東京都葛飾区の江戸川河川敷にて行われる「葛飾納涼花火大会」。例年7月に開催され、約13,000発の花火が訪れる人々を魅了します。観覧席からは遮るものがないため、目の前に打ち上がる花火はまさに圧巻の一言。毎年60万人以上が訪れる、大人気の花火大会です。


目の前に広がる大迫力の花火

会場までの道のりにある「帝釈天参道」を通ると、下町情緒あふれる町並みを感じられるのも魅力的。浴衣や甚平を身につけて風情のある下町を歩いてみたら、いつもとは違う素敵な思い出ができるはずです。

※2022年秋に開催予定ですが、詳細は未定。

【葛飾納涼花火大会 開催情報】
開催場所:東京都葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)
アクセス:京成線柴又駅徒歩10分
公式サイト:葛飾区

関東の花火大会③【東京】いたばし花火大会


東京最大の大玉が打ち上がる「いたばし花火大会」

東京都板橋区と埼玉県戸田市の境界変更を記念して行われるようになった「いたばし花火大会」。荒川を挟んで両岸でそれぞれ約6,000発、合わせて約12,000発の花火が打ち上がる都内人気ランキング1位の花火大会です。

いたばし花火大会の見どころは、大迫力の東京最大の大玉である「尺五寸玉」が打ち上がるところ。都内の花火大会の一般的な最大打ち上げは4号玉から8号玉がほとんどなので、この尺五寸玉が見られるのは23区内で唯一、いたばし花火大会だけです。


総延長700mにも及ぶ「大ナイアガラの滝」

さらに関東最長級の総延長700mにも及ぶ「大ナイアガラの滝」が見られるのも魅力のひとつ。広大な荒川河川敷ならではの壮大な光景に、心奪われること間違いなし。

※2022年は今日の新型コロナウイルスの情勢により開催中止。(2022年5月12日発表)

【いたばし花火大会 開催情報】
公式サイト:いたばし花火大会

関東の花火大会④【東京】隅田川花火大会


隅田川の夜空を彩る「隅田川花火大会」の花火

「隅田川花火大会」は、江戸時代に徳川吉宗が打ち上げた「両国川開きの花火」を起源とする日本最古の花火大会。多くの人が見られるよう打ち上げ会場が2か所に分かれており、合わせて約20,000発の花火が東京の夜空に打ち上がります。


東京スカイツリーと花火のコラボレーション

最大の見どころは、全国から集まった花火師たちが繰り広げる花火コンクール。両国にゆかりのある花火業者や、全国の花火競技大会で優秀な成績をおさめた者たちが花火の美しさと技を競い合います。各々が腕によりをかけて披露する花火は、見応え抜群です。

※2022年は今日の新型コロナウイルスの情勢により開催中止。(2022年4月8日発表)

【隅田川花火大会 開催情報】
開催場所:東京都台東区・墨田区 隅田川桜橋下流~言問橋上流(第1会場)
                駒形橋下流~厩橋上流(第2会場)
アクセス:浅草駅・押上駅・東京スカイツリー駅・曳舟駅(第1会場)
     浅草駅・蔵前駅・両国駅・浅草橋駅(第2会場)
公式サイト:隅田川花火大会

関東の花火大会⑤【神奈川】鎌倉花火大会


鎌倉の海に打ち上がる花火

1949年から鎌倉海岸で開催されている「鎌倉花火大会」。浜辺から海上に打ち上がる花火を眺めるのは、なんとも贅沢な時間です。鎌倉花火大会の名物といえば、沖合を走る花火船から海に投げ込まれる水中花火。色とりどりの光が水上に美しく花咲きます。


海に投げ込まれて花開く水中花火

鎌倉花火大会は、由比ヶ浜に多くの屋台が並ぶのも人気の理由の一つです。海を横目に夏祭り気分を存分に味わえる上に、絶好のロケーションで見る花火は、ロマンチックな雰囲気になること間違いなし。関東の花火大会でデートをするなら鎌倉花火大会で決まりです!

※2022年は今日の新型コロナウイルスの情勢により開催中止。(2022年2月18日発表)

【鎌倉花火大会 開催情報】
開催場所:鎌倉海岸(由比ケ浜海岸・材木座海岸)
アクセス:江ノ島電鉄由比ヶ浜駅または和田塚駅から徒歩5分、
     JR・江ノ島電鉄鎌倉駅から徒歩15分
公式サイト:鎌倉観光公式ガイド

関東の花火大会⑥【神奈川】みなとみらいスマートフェスティバル


港町の夜空を彩る「みなとみらいスマートフェスティバル」の花火

市民や地元企業との連携をテーマに最新技術と音楽、アートがコラボした「みなとみらいスマートフェスティバル」。祭りの最後に実施される「スカイシンフォニー in ヨコハマ」で、約20,000発の花火が港町の夜空に輝きをもたらします。


横浜ランドマークタワーから見下ろす花火

みなとみらいや赤レンガ倉庫といった観光地が有名なだけでなく、SDGs未来都市として環境に配慮した取り組みを行っている横浜市。イベントで発生したCO2をオフセットし、横浜の海洋環境活動推進に活用するなど、新たな価値を創造しています。

※2022年の開催は未定

【みなとみらいスマートフェスティバル 開催情報】
公式HP:みなとみらいスマートフェスティバル

関東の花火大会⑦【神奈川】湘南ひらつか花火大会


湘南海岸に打ち上がる花火

「湘南ひらつか花火大会」は約70年前地元の人々により「須賀納涼花火大会」として始められたものです。名物は、来場者の願いをだるま型の花火に込めた「願かけ花火」。他にも音楽と花火を融合した「ハナビリュージョン」も人気のプログラムです。

海岸が打ち上げ場所のため、広く開けており見通しが良いのも特徴的。夏空を彩る約3,000発の花火と湘南の海との最高のコラボレーションを楽しみましょう。

【湘南ひらつか花火大会 開催情報】
開催場所:神奈川県平塚市湘南潮来(相模川河口)
開催期間:2022年8月26日(金)
     ※雨天順延 8月28日(日)
開催時間:19時〜
アクセス:JR平塚駅下車 南口より須賀港行バス10分 下車徒歩5分
公式サイト:平塚市

関東の花火大会⑧【神奈川】湯河原温泉花火大会


温泉街の空に浮かぶ「湯河原温泉花火大会」の花火

温泉町として有名な湯河原で開催される「湯河原温泉花火大会」。湯河原最大のイベント「やっさまつり」のフィナーレを飾る、熱気にあふれた花火大会です。約2,000発の花火を間近で観覧できるため、迫力のある光と音のショーが楽しめます。

花火を見た後に湯河原の温泉でゆっくり汗を流すことができるのも、温泉街ならではの魅力です。

【湯河原温泉花火大会 開催情報】
開催場所:神奈川県足柄下郡湯河原町門川
開催期間:2022年8月3日(木)
     ※雨天順延 8月6日(土)
開催時間:20時〜20時20分
アクセス:JR湯河原駅より真鶴駅行バスに乗車「門川」バス停下車すぐ
公式サイト:湯河原温泉公式観光サイト

関東の花火大会⑨【埼玉】熊谷花火大会


2021年熊谷花火大会の様子

埼玉県で長い歴史を誇る「熊谷花火大会」。いくつもの花火が連発して打ち上がるスターマインを花火師たちが競い合うほか、誕生日や結婚祝いなどの想いが込められた「メッセージ花火」は唯一無二の見どころです。

熊谷花火大会2022は昨年と同様、無観客・短時間・分散型で開催することが決定。自宅からでも花火が見られるよう打ち上げ場所を市内全域に広げ、市民を勇気づけることはもちろん、医療従事者の方々への感謝や感染症終息への祈りを込めて打ち上がります。

【熊谷花火大会 開催情報】
開催場所:荒川河畔 他市内数カ所
開催期間:2022年8月13日(土)
     ※雨天順延 2022年8月14日(日)
開催時間:19時30分〜19時35分
※感染防止対策の観点より打ち上げ場所周辺への来場は避けるようにしてください。
公式サイト:熊谷市

関東の花火大会⑩【埼玉】小江戸川越花火大会


水面に反射する美しい「小江戸川越花火大会」の花火

1990年から続く「小江戸川越花火大会」の開催が3年ぶりに決定。空に打ち上がる花火だけでなく、水面に反射した花火が見られることでも有名です。

2022年は市制施行100周年を記念して、例年よりも華やかに約9,000発の花火が打ち上がります。また記念すべき大会ということで、大切な思いを花火に添える「メッセージ花火」を募集。小江戸川越花火大会を通して、皆さんの大事な人に普段は言えないメッセージを届けてみてはいかがですか?

【小江戸川越花火大会 開催情報】
開催場所:埼玉県川越市安比奈親水公園
開催期間:2022年8月20日(土)
     ※雨天順延 2022年8月21日(日)
開催時間:19時〜
アクセス:JR笠幡駅より徒歩25分
     JR的場駅より徒歩30分
     東武東上線霞ヶ関駅より徒歩50分
公式サイト:川越市

関東の花火大会⑪【千葉】市川市民納涼花火大会


「江戸川花火大会」と同時開催される「市川市民納涼花火大会」

東京都江戸川区の「江戸川花火大会」と同時開催される「市川市民納涼花火大会」。8つのテーマで構成され、BGMと花火が組み合わさるロマンティックな演出が展開されます。5秒間に1000発の花火が10か所から打ち上がるオープニングは必見です。

※2022年は今日の新型コロナウイルスの情勢により開催中止。(2022年4月15日発表)

【市川市民納涼花火大会 開催情報】
公式サイト:市川市

関東の花火大会⑫【千葉】鴨川市納涼花火鴨川大会


美しい水上花火が見どころの「鴨川市納涼花火鴨川大会」

毎年7月29日に前原横渚(まえばらよこすか)海岸で行われる「鴨川市納涼花火鴨川大会」。見どころは美しい水上花火や、豪華で壮大なスターマイン。約10,000発の花火が鴨川の夜空を彩り、見る人を魅了します。

コロナ禍での花火大会開催を断念する自治体も多い中、鴨川市は43回という長い歴史を持つ花火大会の火を消さないため、小規模でありながらも開催を決定。2022年の夏は、鴨川の花火を見に訪れてみてはいかがでしょうか。

【鴨川市納涼花火鴨川大会 開催情報】
開催場所:千葉県鴨川市前原・横渚海岸
開催期間:2022年7月29日(金)
     ※雨天順延 2022年7月30日(土)または31日(日)
開催時間:19時30分〜20時
アクセス:JR安房鴨川駅から徒歩5分
公式サイト:鴨川市

関東の花火大会⑬【栃木】足利花火大会


足利の夜空に浮かぶ花火

明治36年から始まった伝統ある「足利花火大会」。足利夏まつりのクライマックスとして打ち上がる約20,000発の花火は、名玉花火からナイアガラ、スターマインまで見応え抜群です。

足利花火大会は関東全域から多くの観覧者が集まるため、「50万人の夕涼み」という呼び名も。市の中心部で開催されるためアクセスがよく、駅前からも花火を見ることができるので非常におすすめです。

【足利花火大会 開催情報】
開催場所:栃木県足利市 田中橋下流渡良瀬運動公園および河川敷
開催期間:2022年8月6日(土)
開催時間:19時15分〜20時15分
アクセス:JR両毛線足利駅より徒歩約5分
公式サイト:足利市観光協会

関東の花火大会⑭【栃木】うつのみや花火大会


年々パワーアップする「うつのみや花火大会」

地元経済の冷え込みにより一度中止を余儀なくされたものの、ボランティアの有志によって見事復活を遂げた「うつのみや花火大会」。それ以降「この花火大会が途切れることなく百年先も続くように」という思いを込めて「NPO法人うつのみや百年花火」を立ち上げました。

うつのみや花火大会は年々パワーアップしており、近年の打ち上げ数はなんと30,000発。県内の人気ランキングでも1位を誇る、多くの人に親しまれている花火大会です。

2022年は全エリア完全チケット制で開催。観覧希望する方は必ず事前にチケットを購入してから訪れましょう。

【うつのみや花火大会 開催情報】
開催場所:栃木県宇都宮市道場宿緑地
開催期間:2022年8月13日(土)
     ※雨天順延 2022年8月14日(日)
開催時間:未定
公式サイト:NPO法人うつのみや百年花火

関東の花火大会⑮【群馬】高崎大花火大会


北関東最大級の「高崎大花火大会」

例年数十万人の人々が集まる北関東最大級の「高崎大花火大会」。「高崎まつり」の初日の夜空を約15,000発の花火が鮮やかに演出します。豊富な種類の花火が短時間で次々と打ち上がるスピード感と迫力が大きな魅力です。

【高崎大花火大会 開催情報】
開催場所:群馬県高崎市八千代町烏川和田橋上流河川敷
開催期間:2022年9月3日(土)
     ※雨天順延 2022年9月4日(日)
開催時間:未定
アクセス:JR高崎駅から徒歩20分
     関東自動車道高崎ICから車で15分
公式サイト:高崎大花火大会

関東の花火大会⑯【茨城】「水戸黄門まつり 水戸偕楽園花火大会」


日本一の花火師が打ち上げる「水戸偕楽園花火大会」

水戸市街地の中心・千波湖で行われる「水戸偕楽園花火大会」。「日本一の花火師」との呼び声高い「野村花火」が、趣向を凝らした創作花火や特大スターマインなど、約7,000発の花火を華麗に打ち上げます。

2019年は花火大会と本祭、合わせて3日間で約70万人を動員。例年と同様の規模で行われるのは難しいですが、花火大会は観覧場所の一部に有料の席を設けるなどの対策のもと開催されます。

【水戸偕楽園花火大会 開催情報】
開催場所:茨城県水戸市千波町
開催期間:2022年10月22日(土)
開催時間:未定
アクセス:JR水戸駅から徒歩15分
公式サイト:公式観光情報サイト【水戸旅】

それぞれの魅力が詰まった関東の花火大会

今回は人気ランキング上位のものだけでなく、穴場の花火大会まで紹介しました。「今日やっている近くの花火は?」「今年の夏に開催する花火大会はどこ?」そんな疑問を解消できたのではないでしょうか。

今年の夏こそは花火を見たいと願っている方も少なくないはず。今からカレンダーを確認して、関東の花火大会の日程をチェックしておきましょう。自分や周りの人の安全を守るため、きちんと感染症対策を行った上で、ぜひ記憶に残る思い出を作りに行ってみてください。

【関連記事】
日本で花火を楽しむなら必見!日本三大花火について知りたい人はこちら↓
大迫力の【日本三大花火大会】の歴史と見どころ解説!

秋田県 < 角館・大曲

大迫力の【日本三大花火大会】の歴史と見どころ解説! 日本の夏の風物詩「日本三大花火大会」。大迫力の打ち上げ花火が魅力の日本一のイベントです。今回は、秋田県の大曲の花火、茨城県の土浦全国花火競技大会、新潟県の長岡まつり大花火大会の歴史と見所を解説。今年はどこに行こうか迷っている人必見です。

花火・祭り