日比谷公園の歴史
日比谷公園の見どころ
イベント
まとめ
アクセス
周辺情報

明治36年に開園された「日比谷公園」。東京と千代田区に位置する日本で一番古い洋風近代式公園です。日比谷公園は東京駅や有楽町、銀座からもほど近く、周辺で働く人々にとってのオアシスとなっています。

園内には日比谷公園最大のシンボルの大噴水や、色とりどりの花が咲く花壇やサクラ、イチョウなどが植えられており、豊かな自然と季節の移ろいを楽しむことができます。

今回は、そんな日比谷公園の歴史と魅力を紹介します。

日比谷公園の歴史

埋め立て地である築地周辺が完成するまで、日比谷エリアは海辺の漁村として栄えていました。江戸時代は松平肥前守の屋敷地が広がっていたとされています。その後明治維新がなされ、版籍奉還が行なわれます。版籍奉還とは、政府が中央集権化を図った試みの1つで、土地(版)と人(籍)の天皇への返還を命じたものです。その結果、屋敷地は陸軍の敷地となり「日比谷練兵場」として使用されるようになります。

しかし、都市化が進んだ影響で練兵場の周囲に建物が建設され始めたことから、練兵場は青山に移転されます。その跡地に作られたのが、「日比谷公園」なのです。「都市の楽園」を目指し、日本全国の公園の設計に携わった本多静六によって、計画が進められました。そして、明治36年に日本初の洋風近代式公園として完成しました。

日比谷公園の見どころ

日比谷公園大噴水とその周辺


日比谷公園のシンボル 大噴水

日比谷門から入ってすぐにある「大噴水」は、テレビや写真でもよく見る日比谷公園最大のシンボル。8時から21時まで、28分周期で24パターンの水の動きを楽しむことができます。また、日比谷公園噴水の周りに広がる広場や花壇は日比谷公園独特ののどかな雰囲気を作り出しています。

第一花壇とペリカン噴水


日比谷公園第一花壇 ペリカン噴水

日比谷公園内北東部に位置する「第一花壇」は、開園当時の面影を残す洋風庭園です。1対のペリカンの銅像が浮かぶ「ペリカン噴水」から見る景色は、日比谷公園の代表的なものといえるでしょう。

日比谷見附跡と心字池


日比谷公園内にある日比谷見附跡

日比谷公園には江戸時代の石垣が残っています。「江戸城三十六見附」の1つでもあった「日比谷見附」の跡地です。見附とは主に城の警備などのために、見張りが置かれていた場所のこと。日比谷見附は江戸城の日比谷御門周辺を担当していました。江戸時代初期の様式である野面積みを見ることができます。


日比谷公園の心字池

また、石垣周辺にあった壕の一部が「心字池」として改造されました。

イチョウ並木と首賭けイチョウ


日比谷公園のイチョウ

日比谷公園開園当時のデザインを残す「イチョウ並木」は、S字型に続いています。秋には黄色く染まったイチョウを見に、多くの来園客で賑わいます。

日比谷公園内には一際大きな存在感を誇る大木があります。設計者の本多静六は、現在の日比谷交差点にあった立派なイチョウの木を園内に移植することを決意します。「自分の首を賭けてでも」と意気込んだ本多は無事移植を成功させました。そのことからこの木を「首賭けイチョウ」と呼んでいます。

雲形池と鶴の噴水


雲形池 鶴の噴水

都市公園の噴水としては日本で3番目に古いとされている「鶴の噴水」がある雲形池は、春の桜、秋の紅葉が美しい場所です。その季節ならではの景色が水面に映る様子は、たいへん趣があります。

かもめの広場の噴水


かもめの広場と噴水

日比谷公園西幸門のすぐそばにある「かもめの広場」。もともと東京時報裁判所分室があった場所に造られました。都民の鳥であるユリカモメがイメージされており、全国の木々が記念に植えられました。

日比谷公園内の像


日比谷公園にあるホセ・リサール博士像

【ルーパ・ロマーナ像】
昭和13年にイタリア大使館から寄贈された、ローマ建国神話のワンシーンを表す彫刻です。

【古代スカンジナビア碑】
昭和42年にスカンジナビア航空から寄贈されたスカンジナビアのバイキングの文字碑です。古代北欧文字が書かれています。

【南極の石】
南極観測船「ふじ」から昭和41年に寄贈されました。東オングル等の慎太郎山で採取された150kgにもなる石です。

【ホセ・リサール像】
フィリピンの独立運動に命を捧げた英雄 ホセ・リサールが明治中期に来日した際、現在の日比谷交差点付近にあるホテルに宿泊したことを祝し、日本人有志によって建てられました。

日比谷公園のイベント情報

『国際フェス』

日比谷公園では毎月様々なイベントが開催されています。例えば、「国際フェス」。世界各国の文化や食事を体験出来るイベントで、過去にはタイ・フィリピン・アフリカフェスや、オクトーバーフェストが行われました。

また、日比谷公園ガーデニングショーや日比谷公園キノコウオッチング等も開催されています。これらを含むイベントの詳細は東京都公園協会HPで確認できます。

ビジネス街に佇む癒しの空間 日比谷公園

東京や霞ヶ関、新橋など東京都内を代表するビジネス街のちょうど真ん中に位置する日比谷公園。緑豊かな自然や噴水はもちろん、野外音楽堂やスポーツ施設、図書館なども整備されています。季節ならではのイベントを楽しめるのも大きな魅力。

どこか優美な雰囲気が漂う日比谷公園は、ホッと一息つくのに最適の場所です。

日比谷公園へのアクセス

最寄り駅:東京メトロ日比谷駅、都営日比谷駅

新宿駅からのアクセス

【新宿駅】— 東京メトロ丸ノ内線 / 池袋方面
→【霞ヶ関駅】B2出口 → 直通

東京駅からのアクセス

【東京駅】— 東京メトロ丸ノ内線 / 荻窪方面
→【霞ヶ関駅】B2出口 → 直通

【東京駅】— JR山手線 /新橋・品川方面
→【有楽町駅】(徒歩)約8分

成田空港からのアクセス

【成田空港駅】— 東京シャトル / 東雲車庫行
→【東京駅】— 東京メトロ丸ノ内線 / 荻窪方面
→【霞ヶ関駅】B2出口 → 直通

羽田空港からのアクセス

【羽田空港駅】— 京急空港線エアポート線快特 / 成田空港方面
→【三田駅】— 都営三田線 / 西高島平方面
→【日比谷駅】A10 or A14出口 → 直通

車でのアクセス

駐車場なし

日比谷公園の周辺情報