来宮神社の歴史
来宮神社の見どころ
来宮神社のイベント
来宮神社への
まとめ
周辺情報

温泉地として知られる静岡県熱海市に、日本屈指のパワースポットとして知られる神社があります。それが「來宮(きのみや)神社」。古くから来宮大明神と称され、伊豆の来宮の地に鎮座しています。

来宮神社境内にある御神木「大楠(おおくす)」は、樹齢2000年を超え、国の天然記念物にも指定されています。その幹を一回りすると一年寿命が延びるという言い伝えも。

今回は、長寿・病気平癒・健康祈願を願って、多くの参拝客が訪れる来宮神社の歴史と見どころを紹介します。

来宮神社の歴史

いつ創建されたのか定かではありませんが、社伝によると710年ごろとされています。熱海湾で網を下ろしていたところ、木の神像らしきものがかかっていて、そこに現れた子供が「潮の音が聞こえない、楠の場所に祀ってほしい」という言葉を残しました。その場所を村人たちが探し、見つけたのが、現在の来宮神社がある場所です。

平安時代に活躍した征夷大将軍坂上田村麻呂は、戦の勝利を祈願して、熱海来宮神社の分霊を全国各地に鎮座させたと伝えられています。現在、日本全国に44社の来宮神社がありますが、熱海来宮神社はその総社です。

来宮神社の見どころ

来宮神社を観光する際に訪れたい見どころをご紹介します。

樹齢2000年を超える御神木


来宮神社にある天然記念物の大楠

来宮神社の人気No. 1スポットが、本殿裏にある御神木の大楠です。幹の周り23.9m、高さ約26m、樹齢は2000年を超える巨樹で、鹿児島県の「蒲生の大楠」に次いで、日本で二番目の大きさを誇ります。


来宮神社の御神木の大楠

国の天然記念物にも指定されているこの大楠には、二つの有名な伝説があります。一つは、幹の周りを一周すると寿命が一年延びるというもの。もう一つは、心に願いを秘めながら一周すると願いが叶うという伝説です。

大楠の横には「大楠五色の杜」という休憩所が設けられており、一休みには最適です。晴れの日のみですが、毎日10時から16時の間には、静岡抹茶と菓子をいただくことができます。

第二大楠


来宮神社にある第二大楠

来宮神社の参道横にある第二大楠。こちらも樹齢1300年を超える巨大なクスノキです。300年ほど前に落雷に遭い、幹の中身はほとんどなくなっています。しかしながら今も青々とした葉を生い茂らせているのは、この大楠の生命力の強さがうかがえます。

社殿


来宮神社社殿前の猪目の落ち葉に注目

来宮神社の社殿は、朱色を基調とした権現造りです。その立派な造りもさることながら、社殿前に作られるハート型の落ち葉が注目を集めています。神職や巫女が落ち葉をかき集めて作ったもので、人気の撮影スポット。

来宮神社のハート型に集めた落ち葉
ハート型は「猪目(いのめ)」と呼ばれる日本古来の文様で、魔除けや招福を意味します。

社殿にもいくつかハートの模様があるので、ぜひ探してみてください。

摂末社

来宮神社の境内には「摂末社(せつまつしゃ)」と呼ばれる、三つの小さな神社があります。

来宮稲荷神社


摂末社の一つ・来宮稲荷神社

来宮稲荷神社は、京都の伏見稲荷大社から勧請を受けた由緒ある神社です。食物の神、命の神が祀られており、五穀豊穣や家内安全、商売繁盛などにご利益があります。

来宮弁財天


摂末社の一つ・来宮弁財天

江戸時代に徳川家の武臣がこの弁財天を訪れ、その後見事に出世したという伝記が残されています。そのことから出世を願う多くの参拝客が訪れる神社です。

三峯神社

日本武尊が創建した神社として知られる「三峯神社」。埼玉県のものが一番有名ですが、その埼玉より祀られたのが、来宮神社にある三峯神社です。神様として祀られている山犬は、江戸時代には農作物を守る神の使いとして信仰されており、現在では災難や盗難を防ぐご利益があります。

来宮神社のイベント

7月『こがし祭り』

毎年7月14日から16日にかけて開催される来宮神社の例大祭「こがし祭り」。熱気あふれるこのお祭りは、熱海の夏の風物詩としても知られています。こがし祭りの主役となるのが、各町内から出る伝統木彫りやオリジナリティ溢れる装飾の山車、そして神輿です。約30基の山車が街中を練り歩く光景は迫力満点。最終日に行われる「御鳳輦浜降り」は、42歳の厄年を迎えた男性が御鳳輦を担ぎ上げて海中に入る神事で、古来より継承されています。

来宮神社へのアクセス

最寄駅:来宮駅

東京駅からのアクセス

【東京駅】ー 東海道新幹線 / 名古屋方面
→【熱海駅】ー JR伊東線 / 伊豆急下田方面
→【来宮駅】→ 徒歩(約5分)

静岡駅からのアクセス

【静岡駅】ー 東海道新幹線 / 東京方面
→【熱海駅】ー JR伊東線 / 伊豆急下田方面
→【来宮駅】→ 徒歩(約5分)

富士山静岡空港からのアクセス

【富士山静岡空港】ー 連絡バス / 静岡駅方面
→【静岡駅】ー 東海道新幹線 / 東京方面
→【熱海駅】ー JR伊東線 / 伊豆急下田方面
→【来宮駅】→ 徒歩(約5分)

車でのアクセス

最寄りIC:東名高速道路 沼津IC(約40分)
来宮神社周辺の駐車場:来宮神社第一駐車場(無料)来宮神社第二駐車場(無料)来宮神社第三駐車場(無料)
※混雑時は、来宮駅前市営駐車場などのご利用がおすすめです。

幻想的なライトアップも


来宮神社のライトアップ
長寿や出世など、様々なご利益がある来宮神社。実は、夜に行われるライトアップも幻想的でオススメです。夕暮れから23時ごろまで開催され、160個のLEDで境内を照らします。昼間とは全く違う世界観を味わうことができるので、ぜひそちらも合わせて訪れてみてください。
また、来宮神社ならではのご当地グルメ「来福スウィーツ」も人気があるので、旅のお供にぴったりですよ。

来宮神社の周辺観光