「シャボテン」という名前の由来
世界各地のサボテンが集合!
元祖!カピバラの露天風呂
多くの動物たちと触れ合える
ツアーやショーも展開
名物「カピバーガー」もチェック
アクセス
周辺情報

静岡県伊東市に位置する「伊豆シャボテン動物公園」は、動物とサボテンを中心としたテーマパークです。世界各地のサボテンや多肉植物、約1,500種類が栽培され、世界で唯一サボテン狩りができる場所でもあります。

さらに、伊豆の冬の風物詩となっているのが「元祖カピバラの露天風呂」。ここ伊豆シャボテン動物公園が元祖といわれているカピバラの入浴姿を一目見ようと、多くの観光客が訪れています。

今回は、動植物と間近でふれあえる伊豆シャボテン動物公園の魅力を紹介します。

そもそもなぜ「シャボテン」なのか

1959年に「伊豆シャボテン公園」として開園したのが始まり。その後50年以上、この名で続けてきましたが、この名前だと公園のコンセプト「動物とサボテン」の動物の部分が認知されにくいということで、2016年から「伊豆シャボテン動物公園」に改称されました。

では、なぜ「サボテン」ではなくて「シャボテン」なのか。実は一昔前まで、サボテンとシャボテンは同じ意味の言葉として使われていました。

一説によると、昔、船の上で皿汚れを落とすのに石鹸代わりにサボテンを使っていたことから、「シャボテン」という言葉も使われていたといわれています。

現在では「サボテン」のほうが一般的となり、「シャボテン」はあまり使われなくなってしまいましたが、開園当初はどちらも使われていた時代なので「シャボテン」を用い、今もそのまま残されているのです。

世界各地のサボテンが集合!


巨大サボテンの金鯱

伊豆シャボテン動物公園の名前にもあるサボテン。伊豆シャボテン動物公園内にある五つの温室に、世界各地から集められた約1500種類のサボテンや多肉植物が栽培されています。

可愛らしい花を咲かせるものや、ひときわ大きなものまで。普段なかなか見ることのできないサボテンを堪能できます。

メキシコ館

五つの温室の中でも最大の大きさを誇るメキシコ館。メキシコや北アメリカに自生するサボテン約150種が展示されています。

高さ約8mにも及ぶ巨大な柱サボテンの「大鳳竜(たいほうりゅう)」や、サボテンの王様とも言われている玉サボテンの「金鯱(きんしゃち)」の大株が多く植えられています。この金鯱は樹齢170年とされ、日本最大規模の玉サボテンです。

マダガスカル館

アフリカの南東部に位置するマダガスカル島の植物を集めた温室。マダガスカル館にはサボテンはありませんが、マダガスカル島にしか自生していないディディエレア科の植物やアロエの仲間などの多肉植物を展示しています。

ディディエレア科の「アローディア・アスケンデンス」は、ハート型の小さな葉がびっしりと生えた可愛らしい雰囲気のある植物です。

森林性シャボテン館

森林性シャボテン館には、ジャングルの中に自生するサボテンや観葉植物が展示されています。ひも状のリプサリスのように、見た目はサボテンらしくないものが多いのが特徴です。

サボテン科の仲間の「月下美人」という植物は一晩限りの花を咲かせるサボテンとして有名で、年に1〜3回、香りのよい大きな花を咲かせます。

南アメリカ館

南アメリカ原産のサボテンと多肉植物が展示されている南アメリカ館。巨大な柱サボテンやウチワサボテンの仲間などが育てられています。

ブラジルが原産の「雪晃(せっこう)」は、白いトゲに包まれた雪玉のようなサボテンで、春にオレンジ色の花を咲かせます。

アフリカ館

アフリカにはサボテンの仲間が自生していないので、このアフリカ館にある植物は全て多肉植物です。見た目はサボテンにそっくりな「瑠璃搭」や、世界三大巨樹の一つ「リュウケツジュ」などが展示されています。

世界で唯一サボテン狩りができる

五つの温室を抜けた先にある「シャボテン狩り工房」では、世界でここだけのサボテン狩りを体験できます。工房内で販売されているサボテンや多肉植物と鉢をお好みで選び担当者のところへ持っていくと、素敵な寄せ植えにしてくれます。

世界で一つだけの寄せ植えはお土産にもピッタリです。

元祖!カピバラの露天風呂

カピバラ露天風呂の誕生まで


カピバラ露天風呂の元祖

伊豆シャボテン動物公園の名物イベント「元祖カピバラの露天風呂」は、2017年で35周年を迎えました。今でこそ、日本各地の動物園でカピバラの入浴は行われていますが、発祥はここ伊豆シャボテン動物公園です。

当時、水に入ることが大好きなカピバラたちが、冬は水が冷たくて入ることができず、春が来るのを待ちわびて過ごしていました。
そんな時、カピバラたちが小さなお湯だまりに集まっている姿を見た飼育員がお風呂を用意すると、カピバラたちは喜んで入浴してくれたのです。

それ以来、冬の露天風呂は伊豆シャボテン動物公園にとっても、カピバラにとっても欠かせないものとなりました。

ファミリーで入浴


カピバラファミリー

例年11月から4月まで開催される元祖カピバラの露天風呂。平日は1日1回、土日祝日には1日2回入浴します。多くのカピバラは家族で入浴し、親子で身体を寄せ合いながら入浴する様子はなんとも微笑ましい光景。

近いところで1mほどの距離で見ることもできます。

また、2015年に伊豆シャボテン動物公園、長崎バイオパーク、埼玉県こども動物自然公園、那須どうぶつ王国、いしかわ動物園の5園により「5園国 カピバラの露天風呂協定」が結ばれました。以降、毎年「カピバラの長風呂対決」や「カピリンピック早食い選手権」のイベントが行われています。カピバラの長風呂対決は、最初に入浴を始めたカピバラのお風呂から出るまでの時間を競い合います。

また、早食い選手権は、500gの皮付きスイカの食べるスピードを争います。今年度(2021年)のカピバラの長風呂対決はSNSで中継が行われ、全国のファンたちがエールを送っていました。残念ながら伊豆シャボテン動物公園のカピバラは優勝することができませんでしたが、来年に期待しましょう!

【2020年〜2021年の カピバラの露天風呂 情報】
期間:2020年11月21日(土)〜2021年4月4日(日)
時間:平日 13:30〜14:30 / 土・日曜、祝日 10:30〜11:30、13:30〜14:30
※カピバラの体調や天候により中止の可能性あり

多くの動物たちと触れ合える


リスザル

伊豆シャボテン動物公園はカピバラやサボテンに注目しがちですが、まだまだたくさんの動物たちも暮らしており、その数140種。ふれあい体験や餌やり、そしてクジャクやリスザル、ペリカンなどは放し飼いにされていて、珍しい動物たちを間近で見られるのも特徴です。

アニマルボートツアーズ


アニマルボートツアーズ 提供:伊豆シャボテン動物公園

伊豆シャボテン動物公園内中央の池には、大小9つの島があります。その島々を巡り、動物たちの観察や餌やりなどができる「アニマルボートツアーズ」。日本でこういったツアーが体験できるのは伊豆シャボテン動物公園だけです。

9つの島にはリスザルやワオキツネザル、ブラウンキツネザルなどのサル類が暮らしており、まるで探検家のような気分が味わえます。

アニマルボートツアーズには2つのコースがあり、ガイドの説明を聞きながら池を一周する「ぐるっと1周コース」と、途中で島へ上陸しサルに餌やりができる「モンキー島上陸コース」です。どちらも先着順で、受付時にどちらかを選びます。

【アニマルボートツアーズ】
受付時間:1周コース 9:30〜16:00 / 上陸コース 10:00〜16:00
※季節や混雑状況により変動あり
受付場所:インコ前広場 乗船受付ブース
所要時間:1周コース 15分 / 上陸コース 20分

アニマルショー


アニマルショー 提供:伊豆シャボテン動物公園

1日3回開催されるアニマルショー。様々な動物が登場する「ドッグパーティdeアミーゴ」、人と動物が能力を競う「どうぶつと遊ぼうDX」、インコとサルが 活躍する「モンキータイム」の3種類あります。どれも盛り上がるショーなので見逃せません。

どの時間にどのショーをやるのかは日によって異なるので、事前にチェックしておきましょう。

【アニマルショー】
開催時間:11:00〜 / 13:30〜 / 15:00〜
所要時間:約20分間
開催場所:大講堂

写真映えするカピバーガー


カピバーガー 提供:伊豆シャボテン動物公園

伊豆シャボテン動物公園内にはいくつかのカフェやレストランがありますが、中でも注目なのが「森のどうぶつレストランギボン亭」。バンズがカピバラの形と顔が描かれた「カピバーガー」は、その可愛らしさとSNS映えする見た目で大人気のメニューです。
他にも、サボテンがふんだんに使われた「サボテンカレー」など、ここでしか味わえないメニューばかり。ぜひ立ち寄ってみてはいかかでしょうか。

伊豆シャボテン動物公園 基本情報

住所: 静岡県伊東市富戸1317-13
営業時間:9:00~17:00(3月1日~10月31日)、9:00~16:00(11月1日~2月28日)※最終受付は30分前
料金:大人(中学生以上):2,300円
   小学生:1,100円
   幼児(4歳以上):400円
   70歳以上:1,900円

アクセス

最寄駅:シャボテン公園(バス停)

東京駅からのアクセス

【東京駅】- 東海道新幹線 / 名古屋方面
→【熱海駅】- JR伊東線 / 伊東方面
→【伊東駅】- 伊豆急行線 / 伊豆急下田方面
→【伊豆高原駅】- 路線バス・伊豆東海バス / シャボテン公園行き
→【シャボテン公園バス停】

静岡駅からのアクセス

【静岡駅】- 東海道新幹線 / 東京方面
→【熱海駅】- JR伊東線 / 伊東方面
→【伊東駅】- 伊豆急行線 / 伊豆急下田方面
→【伊豆高原駅】- 路線バス・伊豆東海バス / シャボテン公園行き
→【シャボテン公園バス停】

富士山静岡空港からのアクセス

【富士山静岡空港】- 連絡バス / 静岡駅行き
→ 【静岡駅】- 東海道新幹線 / 東京方面
→【熱海駅】- JR伊東線 / 伊東方面
→【伊東駅】- 伊豆急行線 / 伊豆急下田方面
→【伊豆高原駅】- 路線バス・伊豆東海バス / シャボテン公園行き
→【シャボテン公園バス停】

伊豆シャボテン動物公園の周辺情報