幸福駅について
恋人の聖地として
「幸福駅」の見どころをご紹介!
イベント
ぜひ愛国駅も訪れて
「幸福きっぷ」のお土産もお忘れなく
アクセス
まとめ
周辺情報

帯広市といえば豊かな自然や田園風景を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし、実はインスタ映えする隠れた名所を持つ場所でもあるのです。

日本有数の酪農地帯・北海道帯広市にある、パワースポットとして人気の「幸福駅」。幸福駅は恋人の聖地として知られ、年間10万人ほどが訪れます。一面ピンク色の駅舎内部、ノスタルジックな雰囲気を味わえる癒しの空間など、様々な視点から楽しむことができます。

今回は、縁起が良いことから人気を集める「幸福きっぷ」を始め、幸福駅の見どころやイベント情報について紹介します。

幸福駅について

幸福駅が誕生したのは、1956年。
帯広駅から80㎞ほど南に位置する広尾駅までを結ぶ、旧国鉄(現在のJR)広尾線の駅として設置されました。


かつて広尾線を走っていたSL<

広尾線が1987年をもって廃線となった後は、駅としての役割は終えましたが、観光地として再出発。ディーゼルカーやプラットホーム、駅舎が残る「鉄道公園」として整備され、訪れる人々を出迎えています。

幸福駅の駅名の由来


幸福駅の駅名標

なんともユニークな名前を持つ「幸福駅」。駅名の由来は、駅周辺の地名「幸福町」にあります。かつてこの地域は、アイヌ語で「乾いた川」を意味する「幸震(さつない)」と呼ばれていました。

その後、福井県より多くの人々が移り住んできたため、「幸震」と「福井」から一字ずつとって「幸福」と名付けられたと伝えられてます。

一躍有名になった「幸福駅」

1956年の開業以来、一部の旅行者の間で「縁起の良い駅がある」と密かに話題になっていた幸福駅。1973年、2駅隣の「愛国駅」とともにNHKのテレビ番組で紹介されたことを機に、幸福駅の名は日本全国に知れ渡りました。


愛国駅の駅名標

「幸福駅」と「愛国駅」という2つの縁起の良い駅名を全国にPRし、赤字続きの広尾線の乗客数を増やそうと企画されたのが、「愛国から幸福行き」という切符の一般発売でした。


幸福きっぷ

「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズで発売された「幸福きっぷ」は大ヒット。前年にはたった7枚しか売れなかった切符が、一般発売が開始された年だけで300万枚の売り上げを記録しました。

恋人の聖地として

1970年代に一大ブームを巻き起こした「幸福駅」と「愛国駅」。

残念ながら広尾線の赤字経営は改善されず廃線となってしまいましたが、40年以上経った今でも、「幸福のスタート地点」として、幸福駅は人々から愛されて続けています。

2008年には「恋人の聖地」に選定され、幸福駅は幸せを願うカップルでますます賑わっています。「恋人の聖地」とは、「恋人の聖地プロジェクト」で全国から選ばれた、プロポーズにふさわしいロマンティックなスポットのこと。

幸福駅以外にも、100ヶ所以上が選ばれています。詳しくは、恋人の聖地プロジェクト公式ホームページ まで。

ぜひ、カップルで恋人の聖地巡りを楽しんでみてはいかがでしょうか。

「幸福駅」の見どころをご紹介!

かつての駅としての面影を残しつつ、観光地として大人気の幸福駅。その見どころをご紹介します。

幸福駅の駅舎


幸福駅の駅舎

旧国鉄・広尾線の面影を残す幸福駅の駅舎。廃線になる以前は、待合室として利用されていました。2013年には、耐震補強のため「古くて新しい」をコンセプトに改築。昭和のレトロな雰囲気は今も健在です。


幸福駅の駅舎の中

幸福駅の駅舎の壁には、訪れた人の名刺や写真、幸せを願うメッセージがびっしり。記念にメッセージなどを貼り付けたい方は、ぜひ画鋲をお持ちになってくださいね。

駅名標

駅名が記された看板「駅名標」。鉄道の駅には欠かせないものですよね。観光地なだけあり、ホーム上だけでなく駅前にも設置されています。こちらは写真スポットとして作られたもの。幸福駅の看板が映るように写真を撮るのがおすすめです。


撮影スポットの幸福駅の駅名標

日本語とローマ字で「幸福駅」と記された駅名標とともに、「幸福きっぷ」もデザインされており、記念撮影にぴったりです。

幸福駅の幸福の鐘 


幸福駅の幸福の鐘

駅舎とプラットホームの間に設置されている「幸福の鐘」。鳴らすと幸せが舞い込むと言われる人気スポットです。幸せを願いながら、優しい音色を響かせてみてくださいね。

幸福駅のプラットホームとディーゼルカー


幸福駅のプラットホームとディーゼルカー

幸福駅には、板張りのプラットホームと、かつて帯広駅から広尾駅の間を走っていたディーゼルカーが保存されています。すでに廃線となっているため、「線路の上を歩く」というレアな体験をすることも。

プラットホームの前には、季節の花々が咲き誇る「幸福駅前ガーデン」が広がり、訪れる人々の目を楽しませています。

幸福駅のイベント

ここまで、幸福駅の見どころをご紹介してきましたが、期間限定の特別イベントも見逃せません!

幸福駅ハッピーセレモニー


ウェディング衣装のカップル

4月末から11月末まで開催される「幸福駅ハッピーセレモニー」。恋人の聖地・幸福駅で、結婚式を体験できるイベントです。

ドレスやタキシード姿で「幸福の鐘」を鳴らし、駅を背景に記念撮影をする人気企画。大切な人と思い出作りに、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

【申込先:幸福村 】
 電話:090-6211-0746
 受付時間:午後6:30〜午後8:00
 
 参加料:
 ・セルフプラン:2,000円(衣装レンタルのみ)※予約不要
 ・フォトプラン:3,000円(衣装、写真撮影) ※予約不要
 ・セレモニープラン:5,290円(衣装、写真撮影、記念証)※前日までの予約必須
 公式サイト :幸福駅ハッピーセレモニー

ぜひ愛国駅も訪れて

幸福駅から、車で15分ほどの場所に位置する「愛国駅」。「愛の国から幸福へ」のキャッチフレーズで親しまれ、多くの観光客が訪れるスポットです。かつての愛国駅の駅舎が「交通記念館」として整備され、切符やパネル、蒸気機関車が展示されています。

また、愛国駅駅舎前には「幸福行き」切符を型どったモニュメントが設置されており、人気の写真スポットとなっています。


愛国駅の切符のモニュメント

「幸福きっぷ」のお土産もお忘れなく

幸福駅のお土産といえば、やはり「幸福きっぷ」でしょう。

レプリカの切符やキーホルダーを、幸福駅前の売店や幸福駅公式サイトなどで購入することができます。

「幸福ゆき」と書かれた切符は、お守りにぴったり。幸せを運んできてくれることでしょう。幸福きっぷには自分の好きな日付を入れることができます。恋人と付き合ったときの記念日や結婚記念日、誕生日などの日付を入れると更に思い出になること間違いなしです!

幸福駅へのアクセス

JR帯広駅前からのアクセス

【JR帯広駅前のバスターミナル】十勝バス/広尾行き
→【幸福バス停】

車でのアクセス

■JR帯広駅より
国道236号線を南下。幸福駅標識を左へ曲がってすぐ。


■帯広川西ICより
帯広広尾自動車道の幸福ICから5分 
幸福駅周辺の駐車場:幸福駅の横にあり。 ※無料

幸せを願いに「幸福駅」や「愛国駅」へ

いかがでしたか。多くの人々が幸せを願って訪れる「幸福駅」や「愛国駅」。

幸せを願う言葉がたくさん詰まった場所で幸せを願えば、きっと幸せのパワーをゲットできるはずです。幸福駅を訪れた際にはお土産で幸福きっぷを買って、周りの人たちに幸福を分けてあげてみては?

ぜひ「幸福駅」や「愛国駅」を訪れて、幸せを願ってみてくださいね。

幸福駅・愛国駅の周辺情報