1.時之栖イルミネーション「ひかりのすみか」
2.つま恋リゾート彩の郷 サウンドイルミネーション
3.伊豆高原グランイルミ~6thシーズン~
4.ラグーナテンボス「ラグーナクリスマス」
5.なばなの里 イルミネーション
6.メナード青山リゾート「ライトアップ 2020年バージョン」
まとめ

冬の定番デートといえば、「イルミネーション」ですよね。クリスマスシーズンには全国各地でイルミネーションが開催され、多くの人で賑わいます。

今回は、2月以降も東海地方で開催中のイルミネーションを6つご紹介。「関東地方のイルミネーションはもう見飽きたな」という方も、「最近お付き合いを始めた恋人とイルミネーションデートをしてみたいな」というあなたも、まだ間に合いますよ。

ホワイトデーのデートコースに組み込んでみてはいかがでしょうか。

東海地方おすすめイルミネーション① 時之栖イルミネーション「ひかりのすみか」


ひかりのすみか

静岡県御殿場市のリゾート施設「御殿場高原時之栖(ときのすみか)」で開催されている「ひかりのすみか」。

19回目を迎える今年は、「元気を出そう。」がメインテーマ。壮大な宇宙・銀河・星空をイメージした世界が敷地全体に広がっています。

会場は「光のトンネル」「ツインツリー」「富士山ヒカリのフェスティバル」からなる無料エリアと、有料エリア「王宮の丘」の二つに分かれています。

全長約450mの「光のトンネル」は必見


光のトンネル

無料エリアの一番の見どころは、日本一の長さを誇る全長約450mの「光のトンネル」。キラキラと輝くシャンデリアやシャンパンタワー、宝石が散りばめられたクラウンなどが配置され、優雅な舞踏会のシーンを演出しています。

樹齢120年のモミの木がきらめく「ツインツリー」は、雪が降り積もったようなホワイトカラーに変身。さらに今年はツインツリーのイルミネーションをリニューアル。ホワイトカラーに桜色が優しく輝き、ミラーボールの光を受け様々な色へと変化します。


ツインツリー

近くには「初夢の橋」「大鷹のブロンズ像」「日本一の富士山」も並んでおり、「一富士、二鷹、三茄子」が揃った縁起の良いスポットになっています。

また、企業や団体による参加型イルミネーション「ツリーの森」も開催。アイディア満載の展示から目が離せません。

有料エリア「王宮の丘」はまるで別世界


ベルサイユの光

有料エリア「王宮の丘」の目玉は、来場者数120万人を突破した噴水レーザーショー「ベルサイユの光」。今年はレーザーと音楽が融合したマルチメディアショーへと進化を遂げました。

勢いよく吹き上げる水しぶきの最高到達点は、日本一の高さ150m。立体映像と光・音・水が織りなすダイナミックなショーに圧倒されること間違いなしです。

さらに今年は新スポット「It's a colorful world」が登場。光のボールたちが音楽に合わせて踊りだす、ステージのような空間を演出します。

開催概要

◆開催期間:2020年9月18日(金)〜2021年3月21日(日)
◆点灯時間:
(第1期間) 〜10/23    17:30~22:00
(第2期間) 10/24~1/11   16:30~22:00
(第3期間) 1/12~3/21    17:00~21:30
◆入場料:無料(有料エリア(王宮の丘):大人1,000円 小学生200円)
◆駐車場:2,600台
◆施設内のホテル:ホテル時之栖御殿場高原ホテル
◆公式ホームページ:時之栖イルミネーション「ひかりのすみか」

御殿場周辺の日中も楽しめるデートスポット

◆御殿場プレミアムアウトレット◆
国内最大級のアウトレットモールで、「GUCCI」や「BVLGARI」などファッションのハイブランドを中心とした約200店舗が並びます。北アメリカの伝統的な街並みをモチーフにした施設となっていて、夜になるとライトアップされます。

◆富士サファリパーク◆
標高850mに位置する日本最大級のサファリパーク。動物が放し飼いになったサファリゾーンでは、金網張りの周遊バスやマイカーに乗って、ライオンやゾウ、キリンなどの動物を間近に見ることができます。

東海地方おすすめイルミネーション② サウンドイルミネーション


サウンドイルミネーション(写真提供:つま恋リゾート彩の郷)

静岡県南部の掛川市に位置する「つま恋リゾート彩の郷」。140㎡の広大な緑に包まれた、ホテルやゴルフ場などを有するリゾート施設です。ホテル「ノースウイング」メインロビーの中庭では、「サウンドイルミネーション花・四季の彩り」を開催。200万球の光が輝きます。

今年のガーデンは日本の自然が彩り豊かに加えられグレードアップしました。ガーデンには光の川が流れ、光のゲートをくぐれば、そこに広がる美しい四季の空間を体験できます。

光と音が融合した「サウンドイルミネーション」


光のオブジェと花のイルミネーション(写真提供:つま恋リゾート彩の郷)

「光のゲート」をくぐると、そこにはファンタジーのような世界が。光の川が流れ、美しい四季の情景を再現したガーデンが広がります。

「チャペルガーデン」や「光のアーチ」、「バラに囲まれた丸い地球」、「光のオブジェ」、世界最大級の5mを誇る「バラのブーケ」などのオブジェが暗闇にきらめきます。

イルミネーションの光と連動して花にちなんだ楽曲が流れ、光と音のコラボレーションを楽しめるのもポイントです。


バラの園展望デッキ(写真提供:つま恋リゾート彩の郷)

全体を見渡したい方には、「バラの園の展望デッキ」や「星とバラの展望デッキ」がオススメ。ベンチやブランコが設置されているので、のんびりと美しい世界を眺めてみては。

「芝テラスレストラン」でお食事も


芝テラスレストラン(写真提供:つま恋リゾート彩の郷)

会場内にはフードエリア「芝テラスレストラン」もあり、イルミネーションを満喫しながらお食事をお楽しみいただけます。掛川市の3月の最低気温は6℃ほどと冷え込みます。温かいスープやピザを食べて体を温めてくださいね。

開催概要

◆開催期間:2020年11月1日(日)〜2021年6月30日(水)
◆点灯時間:日没〜21:00(最終入場:20:30)
◆サウンドイルミネーション入場料:大人 800円〜1,200円・小学生 400円〜700円
*時期により異なる
*「森林の湯」・「ディーナービュッフェ」・「ホットスープ付き」のセット券あり
◆駐車料金: 200円/台
◆施設内のホテル:つま恋リゾート 彩の郷
◆公式ホームページ:つま恋リゾート彩の郷 サウンドイルミネーション

掛川周辺の日中も楽しめるデートスポット

◆大井川鐵道◆
昭和10~30年代に製造されたレトロな蒸気機関車(SL)やアプト式と呼ばれるトロッコ列車に乗って、のどかな田園風景や秘境の中の絶景を楽しむことができます。

そんな大井川鐵道に乗って絶景スポットを巡るモデルコースは、こちらの記事からご覧いただけます!
【大井川鐵道】で行く秘境の旅!おすすめ絶景スポットも

静岡県 < 奥大井

【大井川鐵道】で行く秘境の旅!おすすめ絶景スポットも 珍しいSLに乗れる路線として人気の「大井川鐵道」。静岡県の大井川沿いを走るレトロな鉄道です。沿線には、四季折々の絶景や、恋が成就すると言われている夢の吊橋、温泉など魅力が盛りだくさん。この記事では、見どころ満載の大井川鐵道の旅を紹介します。

絶景

東海地方おすすめイルミネーション③ 伊豆高原グランイルミ~6thシーズン~


伊豆高原グランイルミ(写真提供:シャボテン公園グループ)

静岡県東部の伊東市に位置する「伊豆ぐらんぱる公園」。東京ドーム5個分の広さを誇り、ゴーカートなどの数々のアトラクションやパークゴルフなどを楽しめる施設です。

こちらでは、「伊豆高原グランイルミ~6thシーズン~」を開催。東京ドーム約2個分の園内特設エリアが600万球の明かりで彩られます。Walker+全国イルミネーションランキングにおいて、3年連続で第一位を獲得している人気イベントです。

日本初「体験型イルミネーション」の魅力とは

「体験型イルミネーション」とは、美しい光景をただ目で見て楽しむだけでなく、アトラクションに乗りながら満喫できるイルミネーションのこと。ここ「伊豆高原グランイルミ」はそんな体験型イルミネーションの先駆けなんだとか。


ジップライン〜流星RYUSEI〜(写真提供:シャボテン公園グループ)

イルミネーションの上を滑空する「ジップライン〜流星RYUSEI〜」は目玉のアトラクション。

往復400mのレールにぶら下がりながら、キラキラと輝くイルミネーションを見下ろせます。スマホ動画撮影ツールを貸出しており、滑走している姿を自撮りすることもできますよ。

見どころは、パワーアップした3つのショー。それぞれ10分間隔で繰り広げられます。「フルカラーレーザーショー」ではスモークにカラーレザーが投影され、輝くオーロラを再現。


フルカラーレーザーショー(写真提供:シャボテン公園グループ)

本来は北極圏でしか見ることのできない幻想的な風景を気軽に体験できます。

「光と音のショー」では、音楽に合わせてカラフルな魚の群れが躍動。「グランビジョンショー」では、幅60mの大型LEDビジョンと音楽のコラボレーションを楽しめ、摩天楼のハイパービルディングが出現します。


グランビジョンショー(写真提供:シャボテン公園グループ)

そのほかにも、巨大なケーキやマカロン、キャンディーなどが優しい光を放つ「Sweets Lantern」、直径2mほどの花のランタンが咲き乱れる「ランタン花畑」などからも目が離せません。

さらに今年は、ライトアップされた恐竜の棲むエリアをゴーカートで駆け抜ける「Dino Age Kart」が登場!ステゴサウルスやトリケラトプス、全長12mのティラノサウルスなど約20体の恐竜がすぐ近くに迫ってきます。

「イルミ de Zoo」でキンカジューがボルダリング!?

「イルミ de Zoo」では、隣接する伊豆シャボテン動物公園からやってきた夜行性の動物・キンカジューへの餌やり体験も楽しめます。今年はなんとキンカジューがボルダリングをしている姿が見られます!


キンカジュー(写真提供:シャボテン公園グループ)

モルモットやウサギ、ハリネズミも登場しますよ。イルミネーションだけでなく、夜間に元気に活動する動物とのふれあいもお楽しみに。

開催概要

◆開催期間:2020年9月19(土)~2021年8.31(火) (予定)

◆開催時間(最終入園受付:閉園45分前)
2020年
2020年09月19日 – 2020年10月15日 18:00~21:30
2020年10月16日 – 2020年10月31日 17:30~21:30
2020年11月01日 – 2020年11月30日 17:00~21:30
2020年12月01日 – 2021年01月05日 16:30~21:30

2021年
2021年01月06日 – 2021年01月31日 17:00~21:30
2021年02月01日 – 2021年02月28日 17:30~21:30
2021年03月01日 – 2021年04月04日 18:00~21:30
※4月5日以降、時期により開催時間が異なります

◆入園料金:中学生以上 1,500円・小学生以上 800円・幼児 無料
*昼夜入替制
◆駐車料金:夜間無料(約1,000台)
◆公式ホームページ:伊豆高原グランイルミ~6thシーズン~

伊豆高原周辺の日中も楽しめるデートスポット

◆伊豆シャボテン動物公園◆
動物とサボテンを中心としたテーマパークで、世界各地のサボテンや多肉植物、約1500種が栽培されています。カピバラが気持ちよさそうに温泉に入る「カピバラ露天風呂」が人気です。

伊豆シャボテン動物公園の魅力をもっと知りたい方はこちらもどうぞ!
【伊豆シャボテン動物公園】カピバラ露天風呂の元祖!

静岡県 < 伊豆半島

【伊豆シャボテン動物公園】の魅力大解剖!1日満喫して楽しもう! 伊豆シャボテン動物公園の名物イベント「元祖カピバラの露天風呂」。静岡県伊東市に位置する「伊豆シャボテン動物公園」は、動物とサボテンのテーマパークです。冬の風物詩となっているのが「カピバラの露天風呂」。入浴姿を一目見ようと、多くの観光客が訪れます。

温泉・スパ・銭湯

◆城ヶ崎海岸◆
ちょっとスリルを味わいたいなら城ヶ崎海岸へ。海岸沿いの遊歩道が整備された「ピクニカルコース」を歩くと、断崖絶壁にかかる「門脇つり橋」があり、高さ23mから真下に広がる海の絶景を覗くことができます。

東海地方おすすめイルミネーション④ ラグーナテンボス「ラグーナクリスマス」


ラグーナテンボスのイルミネーション

愛知県南部の蒲郡市に位置する「ラグナシア」。アウトレットやホテルなどが揃う複合施設「ラグーナテンボス」の一角にあるテーマパークです。ここでは、イルミネーションとプロジェクションマッピングが繰り広げられる「ラグーナクリスマス」が2月28日まで開催されています。

3つのイルミネーションエリアが新たに登場

「ラグーナクリスマス」には、2020年に新たなイルミネーションが加わります。それぞれ違った魅力があるので、じっくりお楽しみくださいね。

水上イルミネーション「水上の黄金宮」では、青く煌めく光の海に黄金に輝く宮殿が浮かび、心温まる美しき光の世界を演出します。音楽に合わせて光が変化するショーも必見。

「ステライルミネーション」では子ども向けのアトラクションが揃う「ステラパーク」にイルミネーションが施され、ファンタジー溢れる世界に。キラキラと輝くイルミネーションに包まれながらアトラクションを楽しめます。

3つ目は「クリスマスマーケット」。今年はクリスマスマーケットがラグナシアに期間限定でオープン。会場があたたかな光に包まれ、ショッピングやグルメが楽しめます。

さらに毎年人気のイルミネーションが今年も登場。「青の宮殿」は美しいマリンブルー一色の宮殿イルミネーション。青く輝く宮殿の中を歩けば、青の世界が広がります。


青の宮殿

連絡橋には、日本随一のイルミネーションアーチ「幸福のレインボーアーチ」を設置。12基100万球を超える明かりがまばゆいばかりに輝きます。


幸福のレインボーアーチ(写真提供:株式会社ラグーナテンボス)

芝生広場では、シンボルツリーを取り囲むようにランタン約3,500個が点灯する「光の草原」が出現。音楽に合わせて光が変化するショーは必見です。


光の草原(写真提供:株式会社ラグーナテンボス)

開催概要

◆開催期間:2020年11月3日(火)~2021年2月28日(日)
◆点灯時間:日没〜ラグナシア閉園時間(季節により異なる)
◆観覧券(入園券):大人2,250円 小学生1,300円 幼児800円
◆駐車料金:800円/台(約1,000台)
◆施設内のホテル:変なホテル ラグーナテンボスホテル ラグーナ ヒル
◆公式ホームページ:ラグーナテンボス「ラグーナクリスマス」

蒲郡市周辺の日中も楽しめるデートスポット

◆竹島水族館◆
常時、約500種類前後、4,500匹の海水と淡水の生き物を展示。中でも深海魚は全国一の展示数を誇ります。同水族館の人気を後押ししているのが、担当飼育員による手作り解説プレート。個性的で思わず笑みがこぼれてしまうような解説は、SNS上でも話題になっているんだとか。

◆竹島◆
竹島には238種の暖地性植物が存在し、島全体が国の天然記念物に指定されています。竹島へと渡る「竹島橋」は縁結びの橋として知られ、カップルで手を繋いで振り返らずに渡りきるとご利益があるんだとか。

東海地方おすすめイルミネーション⑤ なばなの里 イルミネーション


なばなの里のイルミネーション

三重県北部の桑名市に位置する花のテーマパーク「なばなの里」。「ナガシマスパーランド」や「三井アウトレットパークジャズドリーム長島」などからなるナガシマリゾートにあるテーマパーク施設です。

ここでは、3年連続「イルミネーションランキング」第1位、2年連続「プロフェッショナルパフォーマンス部門」第1位を獲得した日本最大級のイルミネーションが開催されています。

大自然の生命力を圧倒的スケールで表現!「奇跡の大樹」


イルミネーション「奇跡の大樹」

一番の見どころは、メインテーマエリアのイルミネーション「奇跡の大樹」。雄大な自然が魅せる美しい絶景や、想像を超える大自然の姿を、高さ約35 m、横幅約155mという圧倒的スケールと、最新LEDによる最高峰のクオリティで、繊細かつダイナミックに彩ります。プロジェクションマッピングは使用せず、すべて最新LEDの明かりで表現しているのがこだわりです。

また、全長200mの光のトンネル「華回廊」も人気スポット。


光のトンネル「華回廊」

LED電球のソケットは可愛らしい花びらがモチーフ。花のテーマパークならではの工夫が施されています。


花びらをモチーフとしたLEDがきらめく

「華回廊」に加え、全長100mの光のトンネル「バラ(薔薇)」も登場。アーチ型のバラのトンネルをイメージし、可愛らしいバラの花の形や芽吹き、つぼみを表現したLEDで、緑や黄色、赤色へと変化する鮮やかな世界を楽しむことができます。


水上イルミネーション 光の大河

中央の池で繰り広げられる水上イルミネーション「光の大河」も魅力。水上でのイルミネーションは全国でも珍しく、その中でも最大級の規模を誇ります。約640億色の最新LEDが彩る幅約5m、長さ約120mの光の線で、近くを流れる木曽三川を表現。自然の豊かさや四季の移ろいを感じられるイルミネーションです。

光と花の競演も見どころ


しだれ梅(写真提供:長島観光開発株式会社)

イルミネーションに加え、ライトアップされた美しい花々を見られるのも「なばなの里」の特長。


河津桜(写真提供:長島観光開発株式会社)

2月下旬頃からはしだれ梅、3月中旬頃からは河津桜、3月下旬頃からはチューリップが見頃を迎えます。昼間に青空のもとお花見を楽しむのはもちろん、夜間にライトアップされた花々を楽しむのも格別ですよ。


チューリップ(写真提供:長島観光開発株式会社)

開催概要

◆開催期間:2020年10月24日(土)~2021年5月31日(月)
◆点灯時間:17時頃(日没時間等により変動あり)~営業時間終了まで ※特定日などは 22時まで延長あり
◆入場料:大人2,300円(現地で使用可能な1,000円分の金券付)
     小学生未満無料
*窓口・セブンイレブン・ファミリーマートで購入可
◆駐車料金:無料(5,700台)
◆施設内のホテル:ホテル花水木ホテルナガシマ
◆公式サイト:なばなの里 イルミネーション

長島周辺の日中も楽しめるデートスポット

◆三井アウトレットパークジャズドリーム長島◆
2017年にリニューアルされ、店舗数302店舗、店舗面積45,700㎡を誇る国内最大級のアウトレット。飲食店も数多く立ち並び、地元名産の松坂牛から海外のスイーツまで幅広い種類のグルメを楽しめます。

◆ナガシマスパーランド◆
国内最大級の規模を誇る遊園地で、「東の富士急、西のナガシマ」と言われるほど、絶叫マシンが数多く揃っています。世界一の走行距離を誇る全長2,479mのジェットコースター「スチールドラゴン2000」をはじめとして、園内には12種類のジェットコースターがあります。

東海地方おすすめイルミネーション⑥ メナード青山リゾート「ライトアップ 2020年バージョン」


(写真提供:メナード青山リゾート)

最後にご紹介するのは、三重県中部・標高600mの青山高原に位置する「メナード青山リゾート」。日本メナード化粧品株式会社が運営するリゾート施設です。

約100万坪の広大な敷地では、約25万個のLEDと150基の照明が輝くライトアップが通年開催。毎年11月末には、新しいイルミネーションへと衣替えをします。

高原リゾートの自然を活かしたライトアップ


自然の景観を活かしたイルミネーションが見どころ(写真提供:メナード青山リゾート)

メナード青山リゾートのイルミネーションは、自然の景観を最大限活かしているのが特徴。木々や広々とした敷地内の建物が彩られ、都会にイルミネーションにはないスケールをお楽しみいただけます。

「煌めきのガーデン」では、山の斜面に生える木々がライトアップ。その横には白く輝く「シャイニングツリー」が立ち並び、高原リゾートを柔らかな光で照らします。

ガラス張りのレストランで素敵なディナーを


フレンチレストラン「ラ グラース」からの眺め(写真提供:メナード青山リゾート)

イルミネーションを見るのにオススメなスポットは、ホテルシャンベールの玄関付近や駐車場。全体をぐるりと見渡せます。

また、ホテルシャンベール内のフレンチレストラン「ラグラース」もとっておきの場所。ガラス張りのレストランの中から、イルミネーションをご覧になれます。おいしいフランス料理のディナーをいただきながら、素敵な思い出を残してくださいね。

開催概要

◆開催期間(2020年バージョン):通年開催
◆点灯時間:日没〜22:00
◆入場料:無料
◆駐車料金:無料
◆施設内のホテル:ホテル シャンベール青山ホテル
◆公式サイト:メナード青山リゾート「ライトアップ 2020年バージョン」

青山高原周辺の日中も楽しめるデートスポット

◆ルーブル彫刻美術館◆
フランスのルーブル美術館唯一の公認姉妹美術館で、ルーブル美術館などの作品約1,300点の復刻作品を展示しています。「ミロのビーナス」や「ハンムラビ法典碑」など、世界的にも貴重な作品を間近で鑑賞できます。

◆寶珠山 大観音寺◆
大観音寺は世界一の高さを誇る純金製の観音像が有名。ワイヤレスマイクを握った「カラオケ観音」やカエルのオーケストラ「お宝蛙」など、思わず写真に収めたくなるような不思議な縁起物が並んでいます。

大切な人とのイルミネーションデート

ここまで東海地方のイルミネーションを6つご紹介してきました。イルミネーションといえばクリスマスがメインのように思われがちですが、通年でライトアップしているスポットや夏頃まで開催予定のスポットも。3月以降でもまだ間に合います!ぜひ大切な人と一緒に、イルミネーションデートへお出かけしてみてはいかがでしょう。