吹割の滝の基本情報
吹割の滝の見どころ
イベント
アクセス
まとめ
周辺情報

日本の滝というと、和歌山県「那智の滝」、栃木県「華厳の滝」、茨城県「袋田の滝」の日本三名瀑が有名ですが、その三つにも劣らない迫力を持つ滝が群馬県にもあります。それが「吹割の滝(ふきわれのたき)」です。水しぶきを吹き上げ流れる様子は大迫力で、「東洋のナイアガラ」とも呼ばれるほど。他にも奇岩や吊橋など、見どころたっぷりの観光スポットです。

今回は、そんな吹割の滝の基本情報や見どころを紹介していきます。

吹割の滝について

東洋のナイアガラとも呼ばれる吹割の滝は、群馬県の沼田市の片品渓谷に位置します。高さ7m、幅30mにおよび、1936年には国の天然記念物・名勝に指定されました。

吹割の滝を形成する岩盤は、900万年前の噴火によってできたものです。その凝灰岩が冷え固まり、その後長い年月をかけて浸食され、約1万年前に現在の形になったといわれています。

ちなみに「吹割」という名称は、巨大な岩が吹き割れたように見えたことに由来します。特に4月、5月は雪解け水で水量が増し、より豪快な姿を見ることができますよ。

竜宮伝説

吹割の滝の滝つぼは、竜宮城に通じているといわれています。昔、村で祝儀などがあるときに、竜宮城から膳椀を借りていました。お願いの手紙を書いて滝に投げ込むと、次の日には頼んだ数の膳椀が岩の上に置かれているのです。

その後お礼の手紙を書いて岩の上に置けば、いつの間にか膳椀は無くなり、竜宮城に返されました。

ある時、いつものように膳椀を借り、竜宮城に返したところ、数を間違えて一組だけ返し忘れてしまいました。それ以降は、いくら頼んでも貸してくれなくなったとのことです。

この膳椀は「竜宮の椀」と呼ばれ、今でも大切に保存されています。

吹割の滝の見どころ

吹割の滝へは整備された遊歩道沿いを進みます。その途中や滝の後にも多くの見どころポイントがあります。

鱒飛の滝


鱒飛の滝

まず見えてくるのが落差15mの「鱒飛(ますとび)の滝」です。昔、川を遡上するマスが、この滝に来ると段差で上流に上れず、越えようと必死に飛び跳ねていたことから鱒飛の滝と呼ばれるようになりました。

般若岩


般若岩

ここ片品渓谷には、川の浸食によって形成された奇妙な形の岩が多々存在します。この「般若岩」もその一つ。岩壁が口を大きく開けた般若に似ていることから、このように呼ばれています。

吹割の滝


吹割の滝

岩肌を進むとついに吹割の滝に到着。大量の水が割れ目に引き込まれる光景は、他ではなかなか見られません。

岩盤の上を歩いて、割れ目のすぐ近くまで行くこともできます。足場が悪いので、くれぐれも落ちないように注意しましょう。


吹割の滝の観瀑台

遊歩道を進んだ先には、この滝を見下ろせる三つ観瀑台があります。上から見下ろすと滝全体が見渡せ、割れ目をはっきりと確認できるのでこちらもオススメです。

千畳敷


千畳敷

吹割の滝の上流に進むと、たたみ千畳ほどの広さの浅瀬が続く「千畳敷」が見えてきます。これは、川の浸食によって勾配が緩やかになったことで、両岸が削られて形成されたものです。

浮島にかかる「浮島橋」からは千畳敷全体を眺めることができます。

浮島観音堂


浮島観音堂

「浮島観音堂」は、浮島内にある小さなお堂で、創建は795年といわれています。お堂の中にある木彫り金箔塗りの観音像は、日光東照宮の造営にも携わった名工・左甚五郎が手がけたものです。

4月には浮島観音春祭り、10月には吹割観音祭りが開催されます。

吹割の滝のイベント

8月『沼田まつり』

毎年8月3日、4日、5日に開催される「沼田まつり」は、沼田市内で行われる伝統的なお祭りです。祗園祭と商工祭を一つにまとめたもので、その規模は関東一。

女性だけで担ぐ巨大な天狗みこしは、沼田まつりの名物となっています。女性の方は、当日参加でみこしを担ぐこともできますよ。

吹割の滝のアクセス

最寄駅:吹割の滝(バス停)

東京駅からのアクセス

【東京駅】ー 上越・北陸新幹線 / 大宮方面
→【高崎駅】ー JR上越線 / 水上方面
→【沼田駅】ー 路線バス・関越交通 / 大清水行き
→【吹割の滝バス停】

前橋駅からのアクセス

【前橋駅】ー JR両毛線 / 高崎方面
→【新前橋駅】ー JR上越線 / 水上方面
→【沼田駅】ー 路線バス・関越交通 / 大清水行き
→【吹割の滝バス停】

車でのアクセス

最寄りIC:関越自動車道 沼田IC
吹割の滝の周辺の駐車場:吹割の滝伽羅苑駐車場(無料)

紅葉スポットとしても人気の吹割の滝


秋の吹割の滝

豊かな自然に囲まれたこの場所は、四季折々で違う景色が見られるのも見どころです。特に秋の紅葉シーズンには、山全体が赤や黄色に染まり、それを背景にした迫力ある滝の姿を見ることができます。

吹割の滝の紅葉は、例年10月下旬から11月上旬に見頃を迎えるので、ぜひその時期に合わせて訪れるのもいいかもしれません。

吹割の滝の周辺情報