新宿御苑の歴史
新宿御苑の見どころ
イベント
アクセス
まとめ

1日あたりの駅の乗降者数が世界1位を誇り、商業施設、ショッピングセンター、ホテル、高層ビルが立ち並ぶ街、新宿。そんな大都会の中心部からほど近くのところに、新宿御苑は存在します。

新宿御苑の歴史は江戸時代にまで遡り、国民公園の一つとして長年愛されてきました。新宿御苑は主にイギリス風景式庭園、フランス式整形庭園、日本庭園の3様式の庭園で構成されています。また、新宿御苑敷地内に植えられた多様な植物が、一年中来園者を楽しませてくれます。

今回は、平日でも多くの人が訪れる新宿御苑の歴史や園内の魅力をご案内していきます。

新宿御苑の歴史

「新宿御苑」その歴史の始まり

新宿御苑の歴史は1590年にまで遡ります。豊臣秀吉より関八州(現在の関東地方)を与えられた徳川家康が江戸城に入城した際、家臣の一人であった内藤清成に屋敷の一部を授けました。その敷地こそが後の新宿御苑となります。その広大な敷地は583,000㎡にも及び、その周辺一帯の警備を主な目的として譲渡したと言われています。

試験場、植物園としての歩み

明治初期、政府は内藤家の敷地及びその周辺地を購入し、「内藤新宿試験場」を設置しました。これは日本の近代農業振興を目的とし設立されたもので、果樹や野菜の栽培、牧畜、養蚕などに利用し幅広い業務が行われました。当時は海外のものも含め、3,000種の植物を栽培。その5年後には、管理元が政府から皇室及び宮内省に献納され、名称も「新宿植物御苑」に変更されました。

この時から試験場としての業務はもちろんのこと、皇室御料地としての活動や、動物の飼育も始まりました。このように内藤新宿試験場と新宿植物御苑としての活動は、現在の新宿御苑の礎となったのです。

国民公園「新宿御苑」完成へ

1898年、新宿植物御苑を庭園に改造する計画が始まりました。この計画の発案者であり責任者だったのが、福羽逸人、40年に渡って御苑の発展に尽力した人物です。

1900年のパリ万国博覧会にて菊の大作り3鉢で高評価を受けた福羽は、その時の審査員であったヴェルサイユ園芸学校教授のアンリー・マルチネーに庭園改造を依頼し、翌年1901年より5年に及ぶ計画がスタートしました。

完成時の開苑式は日露戦争の祝賀会も兼ねており、明治天皇もご臨席されました。そして、その際正式に「新宿御苑」として命名されたのです。新宿御苑開苑当時は、主に皇室園遊の場として使用され、「旧御涼亭」やクラブハウスなどが設置されました。また、9ホールのゴルフコースが設置されていたこともあります。

しかし、1945年の空襲により旧御涼亭及び旧洋館御休所を残し、新宿御苑は全焼してしまいます。大打撃を受けた新宿御苑は、戦後不足していた食糧増産のため農地として使用されました。

その後、1947年発布の日本国憲法で国民公園としての運営が決定し、国を挙げた新宿御苑の復興が進められました。その2年後、一般にも開放されるようになったのです。

新宿御苑の見どころ

日本庭園

新宿門から入園し、スズカケノキやヒマラヤシーダーの森林を抜けると前方に大きな池が見えてきます。この周辺が「日本庭園」です。池泉回遊式と呼ばれる最も一般的な日本庭園で、池を中心に園路が作られています。

秋には紅葉に彩られ、美しい景観を楽しむことができます。また、池越しに見る旧御涼亭もまた風情があり、ここが都会の真ん中であることを忘れさせてくれます。この旧御料亭は昭和天皇のご成婚記念に建てられた本格的な中国風建築です。


秋の新宿御苑日本庭園

母と子の森

日本庭園の右手には「母と子の森」と呼ばれる雑木林が広がっています。ここは都会の子どもたちが自然や生き物に触れあう機会を作ることを目的として作られました。そのため親子で参加可能な自然について学ぶイベントが定期的に開催されています。

イギリス風景式庭園


新宿御苑イギリス風景式庭園の芝生

日本庭園を東に抜けると3庭園の中で最も広大な敷地を誇る「イギリス風景式庭園」にぶつかります。青々とした芝生が広がっており、のんびり日向ぼっこをするには最適な場所です。また芝生を囲んで高々と伸びている木々の中でも一際、存在感を示しているのが、新宿御苑のシンボルツリーでもあるユリノキです。高さは30mを超え、5月頃には黄緑色の可愛らしい花が見ごろを迎えます。

また、イギリス風景式庭園の北部には旧洋館御休所が残っています。皇族の休憩所として建てられ、クラブハウスとしても使用されてきました。国の重要文化財にも指定されています。毎月第2・4土曜日のみ公開されるので、是非足を運んでみてください。


新宿御苑にある大温室

御休所のすぐ隣の建物が大温室です。主に海外の植物の管理と絶滅危惧種の栽培を行っています。

フランス式整形庭園


新宿御苑フランス式整形庭園

イギリス風景式庭園のさらに奥、新宿御苑の最西部に位置する「フランス式整形庭園」は左右対称の形式が特徴です。110種、500本にも及ぶ花々が四季を彩り、その周りにはプラタアスの木々が植えられています。

玉藻池


玉藻池

内藤家の屋敷「玉川園」の面影が最も残っているのが「玉藻池」です。近くには大木戸休憩所という御殿が建てられており、少し足を休めることができます。日本庭園に比べると小規模ですが、静かな時間を過ごせるでしょう。

新宿御苑のイベント

春『春の特別開園』


春の新宿御苑

毎年3月25日から4月24日にかけて、新宿御苑では「春の特別開園」が行われます。桜の名所として知られる新宿御苑ですが、そのベストシーズンに合わせ、期間中は無休で開放されます。一番の盛り上がりを見せるのが、4月の中旬から下旬にかけて。ピンクだけでなく、黄色、紅色、緑など色とりどりの桜の花が来園者を楽しませます。日々の移り変わりを楽しみに足を運ぶのも良いかもしれませんね。

新宿御苑の桜の見頃はこの時期だけに限りません。新宿御苑には65種1100本もの桜が植えられているため、1月下旬のカンザクラに始まり、3月から4月にかけてのソメイヨシノ、そしてピークを迎える4月末まで、長期間に渡って桜を楽しむことができます。

また一般客は参加することはできませんが、内閣総理大臣主催の「桜を見る会」も毎年新宿御苑にて開催されています。

桜の季節も終わりにさしかかる4月29日には「みどりフェスタ」が環境庁の主催で毎年開催されます。このイベントでは自然にふれあい、その恩恵に感謝をするため、生物多様性に関する情報の提供や日本各地の国立公園の紹介などが行われます。この日は新宿御苑も無料で開放されます。

秋『菊花壇展』


新宿御苑で行われる菊花壇展

1868年、皇室の紋章が菊に定められたことをきっかけに、新宿御苑では菊の栽培に力を入れてきました。その菊が満開を迎える11月に秋の一大イベントである「菊花壇展」が新宿御苑の日本庭園にて開催されます。

この展覧会のルーツは明治時代にまで遡ります。1878年、赤坂にて「菊花拝観」という名で皇室に向けた菊観賞会が初めて開かれました。会の名称が変更されることはありましたが、その名残から1928年まで赤坂離宮を中心に毎年のように開催されてきました。

その翌年、赤坂離宮が大宮御所の敷地に変更されたため、開催場所が新宿御苑に移ったのです。当時は皇室に向けた会であったため一般には公開されていませんでしたが、1949年に国民公園としての運営することが決定したのを機に、誰でも参加できるようになりました。

毎年1日から15日まで無休で開催され、それぞれ特徴を持った様式で展示される菊を目当てに、多くの来園者で賑わいます。

新宿御苑へのアクセス

最寄駅:JR / 東京メトロ 新宿駅・ 東京メトロ 新宿御苑駅)

東京駅からのアクセス

【東京駅】ー 東京メトロ丸ノ内線 / 荻窪行
→ 【新宿御苑前駅】→ 徒歩(約10分)

成田空港からのアクセス

【空港第2ビル(鉄道)】ー 京成特急スカイライナー / 京成上野行
→ 【JR日暮里駅】ー JR山手線内回り / 池袋・新宿方面
→ 【JR新宿駅】南口 → 徒歩(約15分)

羽田空港駅からのアクセス

【羽田空港第1ビル】ー 東京モノレール / 浜松町行
→ 【JR浜松町駅】ー JR山手線 / 品川・渋谷方面
→ 【JR新宿駅】→ 徒歩(約15分)

都会のオアシス新宿御苑で、豊かな自然を


秋の新宿御苑

日本国憲法発布後、皇居外苑、京都御苑とともに平和的文化国家の象徴として運営されてきた新宿御苑。江戸屋敷から始まり、試験場・植物園として発展し、戦火に見舞われながらも国民公園として進歩を続けてきた新宿御苑は、平成18年改名後100周年を迎えました。

広々とした芝生や歴史を感じる庭園で緑に囲まれれば、都会の喧騒を忘れられるでしょう。そして、新宿御苑の一番の魅力は、多様な植物による四季折々の美しさです。春の桜、秋の紅葉、自然豊かな庭園で日本を感じてみてはいかがでしょうか。