宿場町とは
大内宿について
大内宿の茅葺き屋根の家について
大内宿の町並みを散策しよう!
イベント
アクセス
まとめ
周辺情報

福島県西部の山あいに位置し、江戸時代の宿場町の面影が残る「大内宿」。30軒ほどの茅葺き屋根の民家が立ち並び、まるで江戸時代にタイムスリップしたような感覚を味わえます。

今回は、茅葺き屋根の秘密や町並み保存の取り組みをはじめ、郷土料理やイベントなど、大内宿の魅力をとことんご紹介します。

宿場町とは

宿場町とは、江戸と日本各地を結ぶ街道沿いに設けられた「宿場」を中心に発展した町のこと。宿泊施設や飲食店などが集まり、疲れを癒す旅人で賑わいました。


参勤交代の大名行列

また、当時幕府によって定められていた「参勤交代」も、宿場町の発展に寄与しました。参勤交代とは、地方の大名が、1年おきに自分の領地と江戸とを行き来する制度のことです。

その道中、大名が多くの家臣を引き連れて立ち寄ったことで、宿場町は大いに潤ったと言われています。


宿場町一覧

宿場は街道沿いの一定区間ごとに設けられました。中でも、江戸時代に整備された「五街道」(東海道・日光街道・奥州街道・中山道・甲州街道)の一つ「中山道(なかせんどう)」沿いには多くの宿場があり、現在もその歴史的な町並みが残っています。

【関連記事】
中山道の宿場町の歴史と見どころの記事はこちら↓↓
【中山道】江戸時代を感じられる宿場町5選!

長野県 < 木曽路エリア

【中山道】江戸時代を感じられる宿場町5選! 江戸時代、中山道の宿場に栄えた「宿場町」。200年近く経った今でも、古い街並みを残しています。散策だけでなく、郷土料理や伝統工芸品を楽しめるのも魅力。今回は五街道の一つ、中仙道の宿場町5選と歴史を紹介します。

文化史跡・遺跡

大内宿について

大内宿は、会津と日光を結ぶ「会津西街道」沿いに整備された宿場町です。

会津西街道とは

会津城下(現在の福島県会津若松市)と下野(しもつけ)の国(現在の栃木県日光市今市)の約130㎞にわたって続く「会津西街道」。別名「下野(しもつけ)街道」や「南山通り」とも呼ばれ、会津藩主や、会津藩と友好関係にあった米沢藩や新発田(しばた)藩の藩主が参勤交代の際に通行する街道として、重要な役割を果たしていました。

大内宿の歴史


鶴ヶ城に近いことから、大いに栄えた大内宿

大内宿は1640年ごろに、会津城下から数えて3番目の宿駅として整備されました。鶴ヶ城から約20㎞と比較的近い場所にあったため、一時は大名などの宿泊施設「本陣」などが建てられ、活気ある宿場町として発展を遂げた大内宿。

しかし、明治時代に入り、新日光街道(現在の国道121号線)の開通に伴い幹線道路からはずれると、宿場町としては衰退の一途を辿り、農村へと変化。外部との人の往来が遮断され、人々から忘れ去られてしまいました。

街並み保存の取り組み


茅葺き屋根の修繕

山奥でひっそりと宿場町の面影を残していた大内宿が再び脚光を浴びたのは、1967年。武蔵野美術大学の相沢教授が大内宿の調査に訪れ、江戸時代から残る茅葺き屋根の建築群を保存するよう訴えました。

1977年に大内ダムの建設が始まると、その保証金などで茅葺き屋根からトタン屋根への改築が進み、歴史的な町並みが失われそうになったこともありました。

しかし、1981年に、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されたことを契機に、住民の町並み保存の意識が高まり、現在まで歴史的町並みが残されているのです。一度トタンにした屋根を茅葺き屋根に戻したり、電柱の地中化やアスファルト舗装の撤去を行ったりすることで、江戸時代の景観を再現しました。


江戸時代の雰囲気を残す大内宿

「売らない、貸さない、壊さない」をスローガンに、茅葺き屋根の家屋を保存するとともに、2008年からは、週に一回茅葺の練習会を開催。次世代の茅葺職人を育てる取り組みが行われています。こうした保存活動の結果、現在では茅葺き屋根の古民家を利用した食事処や土産物屋などが軒を連ね、年間100万人を超える観光客が訪れる一大観光スポットになっています。

大内宿の茅葺き屋根の家について


大内宿の茅葺き屋根の家

日本の原風景とも言える、茅葺き屋根の家。歴史は古く、縄文時代(約12,000年前〜2,400年前まで)の竪穴住居にも見られます。茅葺き屋根とは、イネ科の芒(すすき)や茅萱(ちがや)などの「茅(かや)」と呼ばれる植物を使って作られた屋根のこと。原料となる茅には空洞が多いため、断熱効果が高く、夏は涼しく冬は暖かいのが特徴。草で作られた屋根と聞くと、雨漏りをしないのか不思議ですよね。

その秘密は、屋根の形と内装にあります。屋根に傾斜をつけて水はけを良くするとともに、室内の囲炉裏(いろり)から立ち上る煙によって湿気や水分を蒸発させることで、雨漏りを防いでいるそうです。

また、大内宿のある福島県をはじめとする雪国では、屋根の傾斜を急にすることで、雪が自然に地面に落ちるように工夫されています。


冬の大内宿

インテリアをご紹介!

このように、先人の知恵が詰まった茅葺き屋根の家。家の中はどうなっているのでしょうか?大内宿では、「大内宿町並み展示館」や古民家を利用した飲食店などで、内部が一般公開されています。


大内宿町並み展示館

大内宿の中央にある「大内宿町並み展示館」は、大名などが宿泊した「本陣」と呼ばれる建物を、近隣の糸沢宿、川島宿のものを参考に復元したもの。

藩主が篭(かご)のまま建物に出入りする「乗り込み」と呼ばれる玄関や、かつて昼食をとる部屋として使われた「上段の間」などが再現されているほか、昔の農機具や生活用品、当時の風習を伝える写真などが展示されています。

また、囲炉裏では実際に火がたかれており、趣たっぷりです。


大内宿町並み展示館の囲炉裏

また、会津の郷土玩具・中湯川人形を扱う美濃屋では、阿部家の古民家が一般公開されています。

阿部家は、大内宿の名主を歴任した由緒ある家柄。その住宅は、江戸末期に没落した本陣に代わり、大名の休憩所や宿泊所として利用されていました。佐藤家(本家玉屋)も、今から800年以上前に、後白河天皇の子・以仁王(もちひとおう)が草履を脱いだと伝えられる、歴史ある家柄です。

現在は食事処として営業しています。築400年以上の趣ある座敷で、お食事を楽しんでみてはいかがでしょうか。希望者は、内部を見学することもできます。

【大内宿 基本情報】
住所:福島県南会津郡下郷町大字大内
TEL:0241-68-3611
公式サイト:奥会津の観光スポット「大内宿」|大内宿観光協会

大内宿の町並みを散策しよう!

古き良き大内宿を満喫する方法をご紹介します。


大内宿の地図(画像提供:大内宿観光協会)

フォトスポット

大内宿の町並みを一望したい!という方には、「見晴台」がオススメ。見晴台は、湯殿山と呼ばれる小高い丘の上にあり、まるでガイドブックに載っているような写真を撮ることができますよ。


見晴台から見下ろした大内宿の町並み

郷土料理を味わおう!


ねぎそば

大内宿の名物といえば「高遠そば」。そばを箸代わりの長ねぎ一本で食べる、会津地方の郷土料理です。別名「ねぎそば」とも呼ばれています。ねぎでそばをすくって食べるというと、少し難しそうに感じますが、意外と簡単なんだとか。もちろん箸も用意されているので、ご安心くださいね。

また、「栃餅(とちもち)」や「しんごろう」は食べ歩きにぴったり。栃餅は、アク抜きした栃の実をもち米と合わせてついたお餅のこと。


栃餅

「栃餅加登屋(かどや)」では、13日間かけて作られた栃餅を味わうことができます。あんこやきな粉との相性が抜群です。しんごろうは、半つきのご飯を丸めて串に刺し、エゴマの味噌(じゅうねん味噌)を塗って炭火で焼いた料理のこと。


しんごろう

「味処(あじどころ)みなとや」では、店先でしんごろうを焼いています。甘く香ばしい香りに誘われてついつい買ってしまうこと間違いなしです。

赤べこ絵付け体験にチャレンジ!


赤べこ

会津の民芸玩具「赤べこ」。「べこ」とは東北地方の方言で牛のことです。和紙を糊で固めて作られており、首がゆらゆらと揺れる可愛らしい姿が特徴。古くから、幸せを運ぶ牛・子どもの守り神として、人々から愛されています。福島県各地の土産物店で販売されているほか、絵付けの体験教室も開かれており、自分だけの「オリジナル赤べこ」を作ることも。

大内宿では「みなとがわ屋」で絵付け体験ができます。自由に顔のパーツや模様を描いて、世界にひとつだけの赤べこを作ってみてくださいね。

大内宿のイベント

ここまで大内宿の歴史や見どころをご紹介してきましたが、大内宿の楽しみ方はまだまだあります。普段は見られない大内宿の魅力に迫る、とっておきのイベントを2つご紹介します。

2月『大内宿雪まつり』


大内宿雪まつり

毎年2月の第2土曜日と日曜日に開催される「大内宿雪まつり」。街道沿いには住民たちの手作りの雪灯籠が並べられ、雪化粧した茅葺き屋根の町並みに幻想的な光景が広がります。


雪灯篭

時代仮装行列や花火の打ち上げ、そば食い競争といった様々なイベントも用意され、見どころ盛りだくさんのお祭りです。

9月1日『一斉放水』


一斉放水(写真提供:下郷町)

毎年9月1日に実施される「一斉放水」。年に一度、火事に弱い茅葺き屋根の家屋を守るため、大内宿全体で行われる防火訓練です。ただの訓練かと思いきや、放水銃から水が勢いよく噴射され、水のアーチが出現!この珍しい光景を目の当たりにしようと、毎年多くの人々が訪れます。

大内宿へのアクセス

最寄駅:湯野上温泉駅

東京駅からのアクセス

会津鉄道会津線【湯野上温泉駅】→広田タクシーの循環バス「猿游号(さるゆうごう)」(約15分)

車でのアクセス

最寄りIC:磐越自動車道 会津若松IC(約55分)
大内宿の駐車場:第一駐車場、第二駐車場、第三駐車場、臨時駐車場

江戸時代の街並みが残る大内宿

ここまで、大内宿の歴史や見どころについてご紹介してきました。江戸時代の町並みが保存され、タイムスリップしたような雰囲気を味わえる大内宿に、ぜひ足を運んでみてくださいね。

大内宿の周辺情報