イントロダクション
ハロウィンとはどんなお祭り?
ハロウィンではどうして仮装をする?
かぼちゃのランタンは何のために飾る?
「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」の意味とは?
ハロウィンが日本で流行した理由とは?
海外のハロウィン事情
まとめ

夏の暑さが落ち着いて、だんだんと肌寒くなる秋。祝日やイベントも少なくどこか寂しい季節にも感じられます。しかし、10月31日になると雰囲気は一変。「ハロウィン」という一大イベントが行われ、渋谷や六本木といった都心では一夜限りのお祭り騒ぎが始まります。
今では秋の風物詩のようになったハロウィンですが、日本に定着したのは意外と最近のこと。日本では仮装をした若者が街を練り歩くイベントというイメージが一般的ですが、そもそも何のためのお祭りなのか、いつどこで始まったのか、知らない人も多いのではないでしょうか。実はハロウィンの起源は宗教的な行事だと言われているんです。今回は、そんなハロウィンの起源、かぼちゃや仮装の意味、日本や世界のハロウィン事情などを徹底解説。仮装だけではないハロウィンの面白さをたっぷりお届けします。

ハロウィンとはどんなお祭り?

日本では仮装をした若者が繁華街でお祭り騒ぎするようなイメージのハロウィンですが、本来のハロウィンとはどのようなお祭りなのでしょうか。ここでは、ハロウィンの起源や現在のハロウィンが生まれた歴史を解説します。

ハロウィンの起源


ハロウィンのかぼちゃ

ハロウィンの起源はなんと2000年以上前、現在のイギリスやアイルランドにあたる場所にに暮らしていた古代ケルト民族の宗教儀式のひとつ、「サフィン祭」であると言われています。 サフィン祭は、古代ケルト民族の一年の終わりである10月31日に秋の収穫を祝い、作物を神様に捧げるもの。
この時期には、日本で言うお盆のように、死者の霊が家族に会いに来ると信じられていました。しかし、同時に霊界から「悪魔」「悪い妖精」もこの世にやってくるため、悪い霊を追い払うためのお祭りでもあったのです。これが現在のハロウィンの原型となったと考えられます。

やがて歴史の中で古代ケルトの文化はキリスト教文化に吸収され、サフィン祭も変化してハロウィンが誕生しました。ハロウィンは11月1日のキリスト教の祝日「万聖節(ばんせいせつ)」の前夜祭として行われました。万聖節は「諸聖人の祝日」とも言われ、キリスト教すべての聖人を崇めて敬う日となっており、ハロウィンはその前夜祭として故人をしのぶ行事として広まっていきました。

「ハロウィン」という言葉の由来

万聖節である11月1日は英語で「All Saints' Day」または「All Hallows」と表記されます。そのため前夜祭である10月31日は「Hallows eve」となります。この「Hallows eve」が訛って「Halloween」と呼ばれるようになったと言われています。

アメリカに渡って現在の形に


ハロウィンが子どもも楽しめるイベントに

その後、ハロウィンは多くの国に伝わり、それぞれの国の文化と融合し独自の発展を遂げました。現在もっとも一般的となっているハロウィンの様式は、アメリカで確立されたと言われています。キリスト教の文化を受け継いだアイルランドやスコットランドの人々がアメリカに移り住み、ハロウィンを独自の文化として広めたのです。
時代と共にキリスト教的な意味も薄れ、宗教行事から大人も子どもも楽しめるイベントへと変化していきました。子どもたちが仮装をしてお菓子をもらったり、家族でホームパーティーやホラー映画を楽しんだりします。現在のキリスト教各派では、起源がキリスト教では無いことから、ハロウィンは宗教上関係の無い俗世のイベントと位置づけています。

ハロウィンではどうして仮装をする?


ハロウィンの仮装

ハロウィンといえば仮装をイメージする人も多いはず。しかし、ハロウィンの仮装にはどのような意味があるのでしょうか。
ハロウィンの起源にもあるように、この時期は先祖の霊と一緒に悪霊たちもこの世にやってくると信じられていました。作物に悪さをしたり、子どもたちをさらったり、人間に悪運をもたらす悪霊から身を守るために始まったのが「仮装」。魔女やドラキュラ、ゾンビなど、恐ろしい怪物やお化けに仮装することで、悪霊と同化して災いを避けたり、逆に怖がらせて追い払う「魔除け」の意味があるのです。


仮装を楽しむ若者

近年では、魔女やモンスターなどの定番キャラクターの他、人気アニメやゲームの登場人物のコスチュームを身につけたり、有名な芸能人に仮装したりと、仮装のバリエーションも様々に。仮装パレードや仮装コンテストが行われ、たくさんの人が個性豊かな仮装を楽しんでいます。

かぼちゃのランタンは何のために飾る?

ハロウィンのシンボルとしてよく目にするのが、目と口と鼻をくり抜いて中にキャンドルを灯したかぼちゃのランタン。実はこのランタンには、「Jack-O'-Lantern(ジャック・オー・ランタン)」という名前が付いているのをご存知でしたか?ここでは、なぜジャックという名前がついたのか、何のために飾るのか、「Jack-O'-Lantern(ジャック・オー・ランタン)」の由来を解説していきます。

最初はかぼちゃではなくカブだった?


アメリカでカブからかぼちゃのランタンへ

ランタンも仮装と同じく、恐ろしい姿で怖がらせることによって、悪霊から身を守るための「魔除け」のために使われました。また、亡くなった家族や友人など大切な人たちの魂が迷わないように「道しるべ」のような役割も担っていたようです。このランタン、実は最初はカブをくりぬいて作られていたんです。
ハロウィンの文化がアメリカに渡ると、豊富に採れて加工もしやすかったかぼちゃが使われるようになり、現在ではかぼちゃのランタンが一般的になりました。
ちなみに、ハロウィン発祥の地であるアイルランドやスコットランドでは、いまだにカブを使う地域もあるんだとか。

それでは、なぜこのランタンに「Jack-O'-Lantern(ジャック・オー・ランタン)」という名前がついたのでしょうか。これには、ランタンを飾るようになったもう一つのきっかけとなる、ちょっぴり怖い伝説があるのです。

「Jack-O'-Lantern(ジャック・オー・ランタン)」の怖い伝説


ジャック・オー・ランタン

その昔、ケチで乱暴者で人をだましてばかりいたジャックが、ハロウィンの夜に魂を取りに来た悪魔に遭遇します。しかしずる賢いジャックは、悪魔を騙して魂を取らないことを約束させます。
その後、寿命で死んだジャックですが、生前に悪いことばかりしていたせいで天国に行くことができず、地獄の門へと向かいます。しかし、門に立っていたのは何と以前遭遇した悪魔。悪魔はジャックの魂を取らないと約束してしまったため、ジャックは天国にも地獄にも行けなくなってしまいました。
元の場所に戻るように言われたジャックは仕方なく来た道を引き返すも、道は真っ暗で風もひどく吹いていました。そこで悪魔に明かりが欲しいと頼み、お情けで地獄の火を一つもらいます。しかしランタンを持っていなかったジャックは、転がっていたカブをくりぬいてランタン代わりします。そしてそのランタンを手に、永遠にこの世とあの世を彷徨い続けているんだとか…

この話は、アイルランドの昔話が元になっていると言われています。ジャックの持つランタンは死者の魂のシンボルとなり、「Jack-O'-Lantern(ジャック・オー・ランタン)」と呼ばれて魔除けの道具として戸口に飾られるようになったのです。

「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」の意味とは?

ハロウィンの合言葉として定番なのが「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」。日本語では「お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうぞ!」と訳されています。この言葉とともに、子どもたちが玄関先でお菓子をもらう姿がイメージされますが、実はこの行為にも起源があるんです。ここでは「Trick or Treat」の起源や、正しい返事の仕方などを紹介します。

起源はヨーロッパの風習


お菓子をもらいに走る子どもたち

「お菓子をくれないといたずらをする」このユニークなやりとりは、「souling(ソウリング)」というヨーロッパの風習が影響していると言われています。西暦1000年頃、カトリック教会は11月2日を死者の日、または万霊節(All Soul’s Day)として救われない死者の霊を鎮める儀式を行っていました。
この日は、仮面を被って仮装をした子どもたちが、さまよう霊魂たちのために、歌いながら「ソウルケーキ(干しぶどう入りの四角いパン)」を乞いながら、家をたずね歩きます。このとき何も差し出されないと、霊たちがいたずらをすると信じられています。このやりとりが今の「Trick or Treat」の原型と考えられています。

その後、1952年のディズニーアニメで「Trick or Treat」というセリフが登場したことから、これが全世界で認知され、ハロウィンの決まり文句として定着したのです。

「Trick or Treat」と言われたら何と返す?


トリック・オア・トリート

子どもたちが玄関先で「Trick or Treat」とお菓子をねだってきたら、あなたはどんな風に返事をするでしょうか?アメリカをはじめとして一般的なのは、「Happy Haloween!(ハッピーハロウィン!)」または「Treat!(トリート!)」といってお菓子をあげるというもの。お菓子にも悪霊を追い払う意味があるんだとか。断ると子どもたちにいたずらをされてしまうので、キャンディやチョコレートをたくさん用意して歓迎してあげましょう。
日本ではこの習慣はあまり定着していませんが、地域の子どもたちとの交流の場として注目を集めています。家族や友達とのハロウィンパーティやイベントでお菓子を交換するのも海外では定番のようです。

ハロウィンが日本で流行した理由とは?

今ではすっかり秋の風物詩のようになったハロウィンですが、一体いつ頃に日本に持ち込まれ、どのようにして定着していったのでしょうか?また、仮装した若者がパレードのように街を歩くのも日本ならでは。ここでは、ハロウィンが日本で流行し、現在のような形になったきっかけや理由を解説していきます。

日本のハロウィンイベントはいつ始まった?

日本で最初にハロウィンをイベント化し、ハロウィン文化を広めようと活動したのは、子ども向け玩具を製造・販売していたキデイランドです。
1970年代にキディランド原宿店がハロウィン関連の商品の販売を始め、これらの販売促進のため、1983年に原宿表参道で、日本初のハロウィンパレードを行いました。約100人の参加者が仮装をしてパレードをしましたが、その多くは外国人で、まだまだハロウィンの認知度は低かったことを物語っています。しかし、徐々に参加者は増え、今でもこのイベントは続いています。


ハロウィンイベントは地域でも行われるように

その後、ハロウィンの知名度を全国的に広げたのが、1997年に東京ディズニーランドで行われたハロウィンイベント。最初はパレードもなくシンプルだったものが、規模を拡大してゲストの仮装を認めることにより、特別なイベントとして知られるようになりました。
2002年にはユニバーサルスタジオジャパンでもハロウィンイベントが開催され、やがてハロウィンは日本の一大イベントへと変わっていったのです。

「祭り」や「仮装」は日本の伝統文化?


ハロウィンの渋谷

現在では渋谷や六本木などの繁華街だけでなく、町おこしの一環として地方都市でも開催されるハロウィンイベント。日本では仮装のイメージが強いですが、ハロウィンがこのような形で定着したのには、日本人の性格や文化が影響しているとも言われています。


コスプレは日本の文化

アニメなどのサブカルチャーが発達した日本には、もともとキャラクターを模したコスプレの文化がありました。かつては「オタク」と呼ばれる一部の人々の趣味の範囲で、比較的ネガティブなイメージを持たれていたものの、現在では海外での人気もあり、より様々な人が楽しむカルチャーとなっています。
そのためハロウィンの仮装は日本のコスプレ文化と親和性が高く、受け入れられやすいものだったと考えられます。


お祭りで賑わう人々

また、お祭り好きの日本人の性格も流行の理由と考えられます。集団の心理に従いやすい日本人は、一人で何かをするよりも大勢で一緒に行動した方が安心感を得られます。「一人では少し恥ずかしいけどみんなでなら…」という日本人の心理が、仮装をして一つの場所に集まるという独特なハロウィン文化を作り出していると考えられます。
このような日本人の性格から、大勢の人が集まって盛り上がることができるお祭りは、日本で伝統的に数多く行われてきました。クリスマスやお正月など宗教がごちゃ混ぜになっているところも、とにかく集まって盛り上がりたいという日本人の心をよく表しています。ハロウィンもその一つと考えてよいでしょう。
また、近年ではSNSが発達したこともあり、より多数の人や知らない人とも繋がりやすくなったため、集まってイベントを行うことが簡単になったことも大きな理由と言えます。

海外のハロウィン事情

ここまでハロウィンの起源や歴史、日本のハロウィンを紹介してきましたが、海外ではハロウィンがどのように楽しまれているのか、気になりませんか?最後は、世界の国々のハロウィン事情を紹介していきます。

アイルランド


アイルランドのフルーツケーキ

ハロウィン発祥の地といわれるアイルランドでは、10月の最終月曜日から一週間学校などはお休みになります。秋の収穫を祝い、悪霊を払う伝統行事として、今でも受けつがれています。
街全体はハロウィンのお祭りムードでいっぱいになります。水にりんごを浮かべて口を使って取る「アップルボビング」というゲームや仮装を楽しんだり、「バームブラック」というドライフルーツのケーキを食べたりと、家族の時間を楽しみます。バームブラックの中には指輪や硬貨、ボタン、布切れが仕込まれており、それによって運勢を占うんだとか。

アメリカ


ハロウィンパーティー

ハロウィン文化を世界中に広めたアメリカは、やはり気合の入れようと盛り上がりが桁違い。1ヶ月も前からハロウィンの準備が始まります。家をホラー風に装飾したり、衣装やたくさんの子どもに配るお菓子を準備したりと大忙し。幼稚園や小学校では仮装パーティーが行われ、子どもたちは「トリック・オア・トリート」の合言葉と共にお菓子をもらって回ります。
さらに中高生はもちろん、大人たちまで仮装をして学校や職場に行くことも普通なんだとか!友達や家族と集まってハロウィンパーティーで大騒ぎしたり、ホラー映画を楽しんだりと大盛り上がりの1日です。

メキシコ


死者の日にちなんだメキシコのお土産

メキシコのハロウィンは、ラテンアメリカの祝日の1つ。毎年10月31日〜11月2日の3日間を「死者の日」として祝います。メキシコの伝統行事として、2003年にユネスコ無形文化遺産にも登録もされました。
この時期は、亡くなった人の霊が家族や友人の元に戻ってくると信じられ、故人の好きだった食べ物や、生前の写真などを飾って霊を出迎えます。
日本のお盆と似ていますが、陽気で賑やかにお祝いするのがメキシコ流。街はカラフルな旗、陽気なガイコツ人形、オレンジのマリーゴールドの花で装飾され、大規模なパレードが行われます。人々はガイコツのようなメイクをして、死者がこの世に戻ってくることをお祝いします。

ルーマニア


ルーマニアのブラン城

ルーマニアには元々ハロウィンの習慣はなかったようですが、有名な「ドラキュラ伯爵」の誕生の地であることから、ドラキュラとハロウィンにちなんだイベントが開催されるようになりました。
「ドラキュラが生まれた城」として有名なブラン城は、ハロウィンになると世界中からたくさんの観光客が訪れ、城の中ではハロウィンパーティーが行われます。

歴史を知ってハロウィンを盛り上げよう

今回は、ハロウィンの歴史や世界のハロウィン事情を紹介しました。アイルランド、スコットランドで宗教行事として生まれたハロウィンは、アメリカに伝わり大人も子どもも楽しめるイベントに生まれ変わりました。そして現在では世界中に広まり、各国の文化と結びついて、独自のイベントとして人々に楽しまれています。
せっかくハロウィンを楽しむなら、ただの仮装イベントだけではもったいない!お菓子を交換したり、みんなでゲームやホラー映画を楽しんでみたり。ハロウィンの伝統や歴史を知れば、きっと色々な楽しみ方が見つかるはずです。今年はいつもとちょっと違うハロウィンを、家族や友達と過ごしてみてはいかがでしょうか。