月齢によって異なる月の名前
毎月変わる満月の呼び名
他にも存在する月の名前
月の豆知識
まとめ

満月や三日月、新月など、見え方によって異なる名前が付けられている「月」。満ち欠けによって毎日見え方が変わり、さまざまな姿を楽しむことができます。

実はよく聞く名前以外にも、月には多くの名前が付けられていることをご存知ですか?今回は、満ち欠けによって異なる月の名前や毎月変わる満月の呼び名、月の豆知識を紹介していきます。

月齢によって異なる月の名前

夜空に浮かび上がる月。晴れの日には月を眺めることができますが、満ち欠けによって見え方や名前が変化します。その変化を知るための目安となるのが「月齢」。肉眼では見えない「新月」を基準として、次の新月までの経過日数を表すのが月齢です。「月齢1」、「月齢15」のように表記します。

月の満ち欠けは複雑なため、月齢と満ち欠けが一致しないことも。しかし、おおよその目安としては十分です。ここでは満ち欠けによって変わる月の名前を紹介します。

新月


新月の日は星が一層輝く

月の姿が見えない「新月」。月齢の基準となる月で、月齢は0です。新月の日に月が見えなくなるのは、地球から見て月と太陽と同じ方向に来るため。月に反射した太陽の光が地球に届かず、月の暗い部分が地球に向くので月が見えなくなります。

ちなみに、地球から見て太陽が月の裏側に入って一直線上に並ぶと起こるのが「日食」。地球と月と太陽が一直線上になくても新月にはなるので、日食と新月は別のものです。

繊月


繊月が見えたら良いことがあるかも

繊維のように細く見える「繊月(せんげつ)」。月齢約2の月で、肉眼ではボヤけた感じに見えてしまいます。発見できるのは日没の前後1時間ほどの空がまだ明るい時間帯。繊月を見つけられたら、何か良いことがあるかもしれませんね。

三日月


夜空に輝く三日月

月齢約3の月である「三日月」。名前を知っている人も多く、三日月くらいになれば肉眼でもはっきりと確認できます。実は三日月と呼ばれるのは、月の右側が見えている時だけ。この後で紹介しますが、左側が見えている月には別の名前がついています。

三日月という言葉は「朏(ひ)」という漢字で表されることも。この漢字が使われているのは、新月の後で最初に月の姿が出てくることを表すためだそうです。その形や最初に姿を表す月であるとされていることから、他にも多くの名前がつけられている三日月。「初月(はつづき)」や「若月(わかつき)」、「眉月(まゆづき)」といった呼び名があります。

また、三日月は英語で「Crescent」。フランス語では「Croissant」と表現され、クロワッサンの名前の由来にもなっています。

上弦の月


上弦の月は右半分が見える

月齢約8の日に月の右半分が見える「上弦の月」。形が弦(つる)を張った弓に似ていることから「弦」という漢字が使われています。月の右側が見える状態が上弦の月と呼ばれる由来は2つ。1つ目は旧暦によるもので、2つ目は月が沈む際の向きによるものです。

1つ目の旧暦による説は、月の満ち欠けで1ヵ月を定める「太陰太陽暦」を採用していたことが主な理由。太陰太陽暦では月の前半を「上」、半ばを「中」、後半を「下」と呼んでいました。ちょうど半月になるのが「上」にあたる8日ごろ。このことから右半分が見える月を上弦の月と呼ぶようになりました。

2つ目の月が沈む向きによる説は、半月の直線部分の位置に注目したもの。右側が見える半月は直線部分が上向きで沈み、左側が見える半月は直線部分が下向きで沈みます。このことから、右半分が見える月を上弦の月と呼ぶようになりました。

由来は異なりますが、いずれの説でも右側が見えるのが「上弦の月」。どっちが上弦の月なのか、しっかり覚えておきたいですね。

十日夜の月


十日夜の月が雲の隙間から光を放つ

上弦の月より少し膨らんだ「十日夜(とおかんや)の月」。名前の通り月齢は約10です。旧暦の10月10日には東日本を中心に「十日夜」という収穫祭を開催。お月見よりも収穫に感謝することをメインとしています。

十三夜月


十三夜月は満月の次に美しいとされている

満月に次いで美しいとされている「十三夜月」。月齢約13の月で、これから満ちていく縁起の良い月とされています。旧暦の9月13日の夜は月見を楽しむ慣習も。十五夜のお月見は中国から伝わったものですが、十三夜のお月見は日本で誕生したものです。

少し欠けている十三夜月を、昔の人が美しいと感じたのは日本人ならでは。完璧ではない未完成ゆえの美しさが日本人の心に響いたと考えられています。

小望月


小望月が見えたら満月はもうすぐ

月齢約14の「小望月」。望月(満月)の前夜に見られることから名付けられました。幾が近いということから、幾望(きぼう)とも呼ばれています。

満月


満月は最も美しいとされている

まん丸に輝く月齢約15の「満月」。望月とも呼ばれ、最も美しい月とされています。英語で「Full Moon」と呼ぶことから満月という名が付きました。特に旧暦の8月15日に出る満月は、別名「中秋(ちゅうしゅう)の名月」。旧暦では7月から9月が秋にあたり、その真ん中である8月が中秋と呼ばれます。

中秋の名月を楽しむお月見について知りたい方はこちら↓
2021年の十五夜はいつ?日本のお月見の由来や歴史を解説!

京都府 < 京都市

2021年の十五夜はいつ?日本のお月見の由来や歴史を解説! 日本の秋の風物詩といえば、十五夜のお月見。美しい満月は「中秋の名月」とも呼ばれます。今回は、十五夜と呼ばれるのはいつか、なぜススキや月見団子をお供えするのか、お月見の由来や歴史を詳しく解説していきます。

その他伝統・日本文化

十六夜の月


十六夜はためらいを表す

月齢約16の「十六夜(いざよい)の月」。望月を過ぎて出ることから「既望(きぼう)」とも呼ばれています。「いざよう」とは「ためらう」という意味を表します。

立待月


今か今かと待っていると現れる立待月

月齢約17の「立待月(たちまちづき)」。日没後に「今か今かと立って待つうちに月が出る」ということからその名が付きました。

居待月


居間で待つうちに出てくる居待月

月齢約18の「居待月(いまちづき)」。居間などに座って、月が出るのをゆっくりと待ったことがその名の由来です。

寝待月


寝待月は寝ながら待つほどゆっくり現れる

月齢約19の「寝待月(ねまちづき)」。日没後から出てくるまでの時間が長く、寝ながら待つということから名前が付きました。「臥待月(ふしまちづき)」とも呼ばれています。

更待月


夜更けにようやく現れる更待月

月齢約20の「更待月(ふけまちづき)」。夜更けまで待ってようやく月が出てくることから名付けられました。

満月以降、1日ずつ名前が付けられている月。昔の人々が、月が出るのを心待ちにしていたことを表していると言われています。

下弦の月


左側が見えるのが下弦の月

月の左半分が見える「下弦の月」。月齢は約23で、上弦の月と同じ理由から名前が付いています。真夜中に空に昇り昼ごろ沈むため、観察できるのは夜明け以降。少し早起きして、青空の中に浮かぶ下弦の月を探してみては。

有明月


有明月は三日月と逆になる

月齢約26の「有明月(ありあけづき)」。ちょうど三日月と左右逆に見える月で、夜明けの空(有明の空)に昇ることから名前が付きました。有明月は、十六夜以降の月の総称としても使われます。左側が細く見えるのは三日月ではないのでご注意を。

三十日月


三十日月は再び月が見えなくなる

再び新月に戻る頃の姿である「三十日月(みそかづき)」。月齢は約30で、旧暦の30日に見られたことからその名が付きました。月末のことを「晦日(みそか)」と呼ぶのはこのためです。三十日月は「晦日(つごもり)」と呼ばれることも。「つきこもり」が転じたもので、月が姿を見せないことを表します。

毎月変わる満月の呼び名

季節を問わず姿を見せる満月。実は1カ月ごとにそれぞれ異なる名前が付いているのをご存知ですか?いずれの名前も、北米やヨーロッパで名付けられたもの。ここでは、それぞれの満月の名前を紹介します。

1月


狼が遠吠えする様子から名前が付いた

1月に見える満月の名前は「狼(おおかみ)月」。英語では「Wolf Moon」と呼ばれています。ネイティブアメリカンと中世ヨーロッパ人が、真冬になって食料がなくなり空腹で遠吠えする狼に因んで名付けました。

2月


雪が多いことが名前の由来

2月に見える満月の名前は「雪(ゆき)月」。英語では「Snow Moon」と言います。北米の2月は雪の日が多いということから、その名が付けられました。

3月


虫の這った跡が見えることから名前が付いた

3月に見える満月の名前は「芋虫月」。英語での呼び名は「Worm Moon」です。冬の終わり、雪の上に虫が這った跡が現れることからその名が付いています。

4月


4月は草花が咲く時期

4月に見える満月の名前は「桃色月」。英語では「Pink Moon」と呼ばれています。草花が咲く季節であることから名付けられました。

5月


5月は多くの花が咲き誇る

5月に見える満月の名前は「花月」。英語では「Flower Moon」と言います。多くの花が咲くということから、その名が付けられました。

6月


北欧では6月がイチゴの収穫期

6月に見える満月の名前は「苺月」。英語での呼び名は「Strawberry Moon」です。北米では6月にイチゴの収穫期を迎えることがその名の由来です。

7月


7月は牡鹿の角が生え変わる季節

7月に見える満月の名前は「男鹿(おじか)月」。英語では「Buck Moon」と呼ばれています。雄の鹿が角を落とす時期であることに由来し、その名が付きました。

8月


8月に北米で豊漁を迎えるチョウザメ

8月に見える満月の名前は「チョウザメ月」。英語では「Sturgeon Moon」と言います。北米では、8月はチョウザメの豊漁の時期であることから名付けられました。

9月


9月は収穫の時期

9月に見える満月の名前は「収穫月」。英語での呼び名は「Harvest Moon」です。作物を収穫する時期であるために、その名が付いています。

10月


狩猟に適した時期であることから名前が付いた

10月に見える満月の名前は「狩猟月」。英語では「Hunter’s Moon」と呼ばれています。狩猟に適した時期であることに因んで、その名が付けられました。

11月


11月はビーバーが巣作りに勤しむ

11月に見える満月の名前は「ビーバー月」。英語では「Beaver Moon」と言います。ビーバーが巣作りに勤しむ(いそしむ)時期であることから名付けられました。

12月


厳しい寒さを表して寒月と呼ばれる

12月に見える満月の名前は「寒月」。英語での呼び名は「Cold Moon」です。冬が到来するということを表し、その名が付いています。

他にも存在する月の名前

ここまで、月齢によって変わる名前や1カ月ごとに異なる満月の名前を紹介してきました。実は他にも名前のついた月が存在します。ここで紹介するのは全部で4種類。1つずつ見ていきましょう。

ブルームーン


ブルームーンは青い月のことではない?

およそ3年に1度見られる「ブルームーン」。1カ月に2回満月が見える時の2番目の満月を指します。その名前から青い月を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、実は青く見えることはごく稀。その珍しさから「ありえない、滅多にない」という意味で「once in a blue moon」というフレーズが存在します。

ブルームーンは元々、アメリカの農業における暦で使われていた名称。1つの季節に4回満月がある時、3番目の満月をブルームーンと呼んでいました。1つの季節というのは、「春分、夏至、秋分、冬至」の二至二分で区別された季節のこと。現在では、1カ月で2番目に見える月をブルームーンと呼ぶのが一般的です。

2020年の10月31日に観測されていたブルームーン。次に見られるのは2023年だそうです。

ブラックムーン


ブラックムーンは2回目の新月

1カ月で2回あるうちの2度目の新月を指す「ブラックムーン」。直訳すると「黒い月」となることから、イメージしやすいかもしれません。ブラックムーンはブルームーンと同じように定義され、違いは満月か新月かという点。残念ながら新月は目で見ることはできませんが、ブラックムーンも珍しい存在です。

最後にブラックムーンが観測されたは2019年の8月30日。次にブラックムーンが観測できるは、2022年の5月30日です。

スーパームーン


最も大きく見えるスーパームーン

400日前後の周期で観測できる「スーパームーン」。定義が曖昧なため「地球と月が近ければ新月でもスーパームーンと呼ぶ」なんて意見もありますが、一般的には「その年に最も大きく見える満月」として浸透しています。次のスーパームーンは2021年の5月26日に観測できるそうです。

マイクロムーン


最も小さく見えるマイクロムーン

月と地球が最も離れた時に見える「マイクロムーン」。スーパームーンとは逆に、「その年に最も小さく見える満月」のことを指します。スーパームーンはマイクロムーンよりも約14%ほど大きく、明るさもおよそ3割増しだそう。2つを一緒に見ることはできませんが、写真に収めて比較してみると違いを実感できるかもしれませんね。

マイクロムーンには、「ミニマムーン」という別名も。次にマイクロムーンが観測できるのは、2021年の12月19日だそうです。

月の豆知識

国よって見え方が異なる月の模様


月の模様は国によって見え方が違う

日本では「月にウサギがいて餅つきをしている」という話をよく耳にします。その影響により、日本では「月の模様と言えば餅をつくウサギ」というのが一般的。しかし世界では、国によって違う模様に見えるそうです。地域ごとに異なる月の模様の捉え方を紹介します。

アジアでの捉え方


アジアでは月の模様をウサギとする国が多い

■韓国:
日本と同じく餅をつくウサギに見えるそうです。

■中国:
日本と同じくウサギの模様ではあるものの、薬草を挽いているウサギ。また、大きなヒキガエルに見えるという声も。

■インド:
お釈迦様の前世の話である有名な仏教説話「ジャータカ」が存在しますが、模様はワニと言われています。

■モンゴル:
モンゴルで模様とされているのは犬。遊牧民であるモンゴル人は、家畜を追う生活をしているからと言われています。

■インドネシア:
アジアでは動物の模様とする国が多い中、インドネシアで模様とされているのは編み物をする女性です。

■ベトナム:
左側を大きな木としてイメージ。その下で休む男性の模様であるとされています。

北米・南米地域での捉え方


アメリカではワニに見えると言われることがある

■アメリカ:
横向きの女性に見えるという声がある一方で、ワニやトカゲに見えるという声も。国土が広く民族が多いからこそ、それぞれで異なる判断がされているのかもしれませんね。

■カナダ:
日本で餅つきの臼(うす)とされている部分をバケツに見立てるカナダ。そのバケツを運ぼうとする少女の模様に見えると言われています。

■中南米:
中南米で月の模様とされているのはロバ。中南米では生活に欠かせない動物です。

ヨーロッパ地域での捉え方


ドイツと日本では同じように見える?

■ドイツ:
多くのヨーロッパの国では地域ごとに同じような模様とされている中、異なる見方をしているのがドイツ。薪を担ぐ男性の模様に見えるとされています。実は日本でも「二宮金次郎」に見えるという声が。遠く離れた国同士でも、同じ月を見ていることを感じられます。

■北ヨーロッパ:
北ヨーロッパで模様とされているのは本を読むおばあちゃん。高緯度であることから、カナダと似たような見え方になっているのかもしれません。

■東ヨーロッパ:
東ヨーロッパで模様として捉えられているのは、髪の長い女性や横を向いた女性。アメリカと同じような捉え方をしています。

■その他のヨーロッパ:
ヨーロッパ地域の中で最も多い捉え方がカニ。ハサミが片方だけのカニに見えるという声が多いようです。

月にまつわるおとぎ話


月にまつわるおとぎ話 かぐや姫

日本で有名なおとぎ話の「かぐや姫」。月との関わりがあるおとぎ話です。竹やぶに行ったおじいさんが見つけたのは、根本の光った不思議な竹。気になって竹を切ってみると、小さな女の子がいました。「かぐや姫」を名付けられた女の子は、おじいさんとおばあさんに大切に育てられます。

とても美しくなり、多くの若者から求婚されたかぐや姫。美しいという噂は帝(みかど)の耳にまで届き、帝からもお嫁さんに欲しいと言われます。しかしお嫁に行くつもりはないと、毎晩悲しそうに月を見上げるかぐや姫を心配するおじいさんとおばあさん。

かぐや姫に事情を聞くと、「実は私は月の世界のものです。今まで育てていただきましたが、次の満月の夜に月に帰らなければなりません。」と泣きながらに言いました。そして迎えた次の満月の夜。かぐや姫はおじいさんとおばあさんにお礼を告げ、月へと帰っていきました。

このかぐや姫を筆頭に、日本では月にまつわるおとぎ話がいくつか存在します。「お月さまに行ったウサギ」や「天人女房(てんにんにょうぼう)」、「お月さまが見ているよ」など、同じ月にまつわるおとぎ話でもその内容はさまざま。ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。

月を見上げて思いを馳せる

今回は、月の名前や豆知識について紹介してきました。見る場所や時期によって姿が変わる月。見え方が変わったとしても、見ている月は同じものです。「遠く離れた場所でも同じように月を見ているかもしれない」と思いを馳せながら、空を見上げてみてはいかがでしょうか。