貴船神社の基本情報
京都の水源を守る神様 貴船神社
絵馬発祥の地
貴船神社の参拝方法
四季の貴船神社
アクセス
貴船神社のパワーを授かりに
貴船神社の周辺情報

京都の水源を守る神様として古くから信仰されてきた「貴船神社」。由緒あるこの神社は、京都有数のパワースポット、そして縁結びの地としても知られ、「水占みくじ」という珍しいおみくじも人気の神社です。

また、階段に立ち並ぶ灯篭と、四季折々に移り変わる風景も見どころ。

今回は、歴史ある水の神様を祀る貴船神社の魅力に迫ります。

貴船神社について


貴船神社の鳥居

貴船神社があるのは京都市左京区鞍馬山の麓、貴船町。京都を流れる鴨川の水源地に位置し、真夏でも涼しげな空気であふれていることから「京の奥座敷」の名でも親しまれています。

日本全国には約450社の貴船神社があり、京都の貴船神社はそれらの総本山です。貴船神社の創建年代は不明ですが、1,300年前に御社殿の建て替えをしたとの記述が社伝にあり、少なくとも貴船神社の創建は1,300年以上前だと考えられています。

貴船神社がパワースポットである理由 

京都有数のパワースポットとして知られる貴船神社ですが、それほどまでにパワーが集まっている理由はなんなのでしょうか。貴船は、古くは「氣生根(きふね)」と表記されていました。

氣生根には、万物のエネルギーである「氣」が生ずる根元の地という意味があります。そのことから、貴船には「運氣龍昇」の神様が鎮まっているとされ、運氣発祥の地として信仰されてきました。

「きふね」と「きぶね」

地名の貴船の場合、「きぶね」と発音しますが、貴船神社の場合は「きふね」と濁らずに発音します。それには、貴船神社に水の神様を祀っていることが関連していて、清らかな水がいつまでも濁らないようにという祈りを込めて「きふねじんじゃ」と発音しているそうです。

京都の水源を守る神様 貴船神社


貴船神社の御神水

貴船神社は、水を司る神様「高龗神(たかおかみのかみ)」を祭神として祀っており、雨乞いや雨止み神事によって、京都の大切な水を守り続けてきました。そんな貴船神社には、普通のおみくじとは少し違う「水占みくじ」というものがあります。


貴船神社の水占みくじ

御神水が流れ出ている「水占齋庭(みずうらゆにわ)」に、白紙のおみくじを浮かべると文字が浮き出てくるおみくじ。水の神様はあらゆることを見通せるといわれているので、この水占みくじは当たると評判です。

また、貴船神社の御神水は無料で汲むことができ、持ち帰ることもできます。今まで一度も枯れたことがないという御神水は、弱アルカリ性の良質な天然水です。水の神様を祀る神社の御神水を持っているだけでも、さらに運気が上がるかもしれませんよ。

ただし、御神水は生水のため、なるべく早めに飲むか、煮沸してから飲むことをオススメします。また、容器がない場合は貴船神社オリジナル容器を300円で購入することもできます。

絵馬発祥の地


白馬と黒馬の像

水の神様を祀る貴船神社ですが、実は「絵馬」発祥の地としても知られています。願い事をするときや、願い事が叶ったお礼に書き、神社やお寺に奉納する絵馬。今ではほとんどの神社やお寺で目にしますが、始まりは貴船神社です。

平安時代、天皇が遣わした勅使による、雨乞い、雨止みの御祈願を行う風習がありました。その際、雨が降ってほしいときは「黒馬」を、雨を降り止ませてほしいときは「白馬」を奉納していました。やがて、生きた馬から木の板に馬を描いたものへと変わり、それが絵馬の原型だと伝えられています。


貴船神社の絵馬

貴船神社の絵馬は三種類。「神馬の絵馬」・「竜神様の絵馬」・「和泉式部の絵馬」から選べます。

貴船神社の参拝方法

貴船神社には社殿が3つあり、「本宮」→「奥宮」→「結社」の順番で参拝するのが正式です。この三社を参拝することを「三社詣」と呼び、順序通りに全てを参拝すると願いが叶うといわれています。

貴船神社の本宮


貴船神社の本宮

最初に参拝する「本宮」。現在の社殿は、御神座が本宮に遷されて950年という節目である2005年に建てられたものです。本殿は神社で最も多い「流れ造り」の建築様式で、水を司る神様の高龗神を祀っています。

貴船神社の奥宮


貴船神社の奥宮

次に向かうのは、本宮から歩いて5分ほどの場所に位置する「奥宮」。貴船神社のはじまりの地とされ、本宮と同じく高龗神が祀られています。奥宮の本殿の真下には「龍穴」と呼ばれる大きな穴があいているという伝説が残されていますが、その穴を覗くことは誰も許されていません。奥宮は、貴船神社の中でも特にパワーの集まる場所とされています。

貴船神社の結社


貴船神社の結社

最後に参拝するのは、本宮と奥宮の中間に位置する「結社(ゆいのやしろ)」。縁結びの神様である「磐長姫命(いわながのひめみこと)」を祀っています。平安時代より縁結びにご利益があると信仰されてきた結社には、平安時代中期の女流歌人・和泉式部も参拝し、恋の願いを無事叶えたそうです。それ以来、貴船神社は「恋の宮」とも呼ばれるようになりました。

四季の貴船神社

貴船神社は、四季折々に違う美しさが見られるのも見どころです。

日本の春といえば桜。貴船神社では、数こそ多くはありませんが、静かに佇む山桜を楽しめます。桜を鑑賞する際は、本宮にある「龍船閣」から見るのがおすすめです。


新緑の貴船神社

夏にかけて、貴船神社は緑色の木々に包まれます。初夏は新緑、真夏は深緑が堪能でき、参道に立ち並ぶ朱色の灯篭とのコントラストは圧巻です。


七夕笹飾りライトアップ

七夕の季節に合わせて「七夕笹飾りライトアップ」のイベントも開催され、本宮に七夕の笹飾りが設置されるほか、灯篭もライトアップされます。


本宮の紅葉

貴船神社は紅葉の名所としても知られ、例年11月上旬と早い時期から紅葉が楽しめます。参道や本宮の境内に植えられたカエデやモミジが赤く染まり、特に龍船閣から見下ろす紅葉は必見です。

紅葉の見頃に合わせてライトアップも行われます。


雪の積もった参道

冬は雪が積もることも多い貴船神社。そんな冬だからこそ見られる絶景があります。参道に立ち並ぶ灯篭の朱色と雪の白さのコントラストが美しく幻想的です。


雪景色のライトアップ

また、1月1日〜2月28日の期間のうち、雪の降る日限定で本宮のライトアップイベントも開催されます。開催が決定した時にだけ、当日の15時に公式サイトやSNSで発表されるので、ぜひそちらをチェックしておきましょう。

公式Twitter

貴船神社へのアクセス

最寄駅:貴船口

貴船口駅からのアクセス

【貴船口駅】- 京都バス33系統 / 貴船行き
→【貴船バス停】→ 徒歩(約5分)

貴船神社のパワーを授かりに

縁結びの神社でもある貴船神社ですが、男女間の縁結びだけでなく、あらゆる縁を結んでくれると伝えられています。子授けや入学、企業同士の縁結びなど、様々なご利益があるので、ぜひパワーを授かりに貴船神社を参拝してみては。

貴船神社の周辺情報