おせちの歴史
おせちを入れる重箱
おせち料理の種類とその意味
おせちの意味を知って良い年を迎えよう

日本人が毎年お正月に食べる「おせち料理」。古くから日本の伝統として伝わり、現在でも多くの人がお正月にはおせちを食べます。しかし特に若い人は、「お正月の決まり事だから」と意味を知らずにおせちを食べている人はきっと多いはず。

そんなおせちの中身にはお祝い事にふさわしい意味がそれぞれあり、またそれはおせちを詰める重箱にも。日本人ならこれらの意味は知っておきたいですよね。

今回はおせちの種類や中身の意味をご紹介します。

おせちの歴史


平安時代の建物のイラスト

「今では当たり前に食べているけど、そもそもおせちっていつからあるの?」と知らない人のために、まずはおせちの歴史や由来をご紹介します。

遡ること平安時代。当時宮中で行われていた、元旦や五節供(ごせっく)などの日に宴を開く、「お節供」という行事の際に出されていた食べ物が「おせち」です。

その後江戸時代後期、一般大衆にもこの行事が伝わり生活に取り入れられるようになりました。それがやがて節目のうちで元日が最も重要な日であることから、正月にはおせちを食べるという伝統が受け継がれるようになったそうです。

おせちを入れる重箱


おせちの重箱

おせちは「めでたさを重ねる」という意味で料理を華やかに重箱に詰めます。実はそのおせちの重箱にも段によって意味が込められていて、中身の料理は何を詰めるのかも決まっているのだそう。

おせちを入れる重箱それぞれの中身や意味を紹介します。

おせち重箱 一の重


おせちの一の重

一の重は一番上の段ということで、子孫繁栄や長寿の願いを込め縁起が良いとされる料理を中心に詰めます。その中でも欠かせないのが「祝い肴(いわいざかな)」。

祝い肴は「三種の祝い肴」と言い、関東では数の子、田作り、黒豆を、関西では黒豆の代わりにごぼうや酢ごぼうを入れます。この3つが揃えばおせちの形が整うと言われているのだとか。

おせち重箱 二の重


おせちの二の重

二段目、二の重は口取り(くちとり)や酢の物を中心に詰めます。口取りとは「八寸(はっすん)」と呼ばれるもので、懐石料理の最初に出される料理のこと。名前の通り、八寸(約24cm)四方の木盆に、海や山の幸を少しずつ数種類盛った贅沢なお皿です。

一般的におせちの食材は紅白かまぼこ、栗きんとん、昆布巻きが入れられます。

おせち重箱 三の重


おせちの三の重

三の重はお刺身や焼き魚など、海の幸を中心に詰めます。ブリやエビ、めでたいと言われる鯛が代表的な中身です。

おせち重箱 与の重


おせちの与の重

四段目は「四の重」ではなく「与の重」と言います。四が忌み言葉として、「死」を連想し縁起悪いことから「与」という字を使うようになったそうです。

一般的には煮物や筑前煮などの山の幸を入れますが、近年のおせちはそれぞれの家庭での好みや流行を取り入れられるように。洋風おせちや中華おせちなど多様です。

おせち料理の種類とその意味


おせち料理の種類

地域によって品数は異なりますが、おせち料理すべてを揃えるとなんと20〜30種類にも及びます。おせちに入れる料理には一つ一つおめでたい意味があり、それらは日本人なら絶対に知っておきたいこと。おせちの種類と意味を紹介します。

黒豆


おせち料理の黒豆の意味

おせちの人気食材である黒豆の「まめ」は元気、丈夫、健康という意味があります。また「まめに働く」「まめに暮らす」なども語呂合わせも。他には黒豆のように黒く日焼けするほどまめに、勤勉に働けるようにという願いも込められています。

数の子


おせち料理の数の子の意味

おせちの食材の中でも大人の好物として知られる「数の子」。数の子はニシンの卵で、ニシンは漢字で「二親」と当てることができ、非常に多くの卵を持つことから「たくさんの子に恵まれますように」という、子孫繁栄の願いが込められています。

縁起物であるということだけでなく、程よい塩気がお酒のツマミに合うということでとても人気の高いおせち料理です。

田作り


おせち料理の田作りの意味

片口イワシの稚魚を干し飴炊きにした「田作り」。田を作ると書く通り、かつて稲田の肥料として使われていました。このことから「豊年豊作」や「五穀豊穣」という願いが込められています。

また田作りは別名「ゴマメ」とも呼ばれていますが、豊作への願いから「五万米」と書かれることも。

たたきごぼう


おせち料理のたたきごぼう

おせちに欠かせない定番料理「たたきごぼう」。名前の通り、たたいて身を開いて開運を導こうという願いが込められています。

またごぼうのように強く深く根を張り、家や家業が長く続くようにとも言われているのだそう。

かまぼこ


おせち料理のかまぼこの意味

初日の出の形を連想させることから、おめでたい象徴としておせちに欠かせない「かまぼこ」。紅白や松竹梅の柄でおめでたさを表し、赤は「魔除け」、白は「清浄」の意味を持ちます。

かまぼこは保存の効かない生魚の代わりに古くから重宝されてきました。一番美味しく食べられる厚さは「12mm」なのだとか。

伊達巻き


おせち料理の伊達巻きの意味

ほんのりと感じる甘さが特徴で、子どもが大好きなおせち料理の一つ「伊達巻き」。主な材料としては、卵とはんぺんが使われています。

見た目が書物のような巻物に似ていることから、「知識が増えるように」という願いが込められました。また鮮やかな色合いから派手な卵焼きという意味で、「派手」を意味する「伊達」が使われたのだそう。

栗きんとん


おせち料理の栗きんとんの意味

ねっとりと粘り気が強く濃厚で、程よい甘さが大人気の「栗きんとん」。きんとんは「金団」と書き、「金の団子」もしくは「金の布団」という意味があります。

黄金色の見た目から金運上昇の願いが込められ、おせちに必ず入れる食材となりました。

紅白なます


おせち料理の紅白なますの意味

細く切ったニンジンと大根で紅白の水引(みずひき)をイメージした「紅白なます」。一家の平和や安全を願う縁起物とされています。

なますとはかつて古代中国で、生肉や生魚を細かくしてそこに調味料を加えた料理のことを指す言葉でした。昔の日本では生魚と野菜を味付けしたものを「なます」と呼び、やがて野菜だけになったのだそう。

鯛の姿焼き


おせち料理の鯛の姿焼きの意味

「めでたい」の語呂合わせからおせちには欠かせない「鯛の姿焼き」。意味はこれだけではなく、実は七福神の一人である「恵比寿様」が持っている魚が鯛なのです。

幸福を呼び寄せる恵比寿様が持っている魚ということで、より縁起の良い料理とされています。

鰤の照り焼き


おせち料理の鰤の照り焼きの意味

出世魚である「鰤」は出世を願うという意味が込められていて、おせち料理の定番となりました。またそれだけではなく、鰤は冬が旬でとても脂が乗っていて美味しいことから、おせちに使われたとも言われています。

大晦日に食べる「年越しそば」と同じように、関西では「年取り魚」を食べるのだそう。西日本では鰤が食べられていたことから、その名残りとして今でもおせちには鰤が入っているのだと言われています。

車海老艶煮(つやに)


おせち料理の車海老艶煮の意味

鮮やかな赤色に、プリッとした食感が特徴で大人も子どもも大好きな「車海老艶煮」。海老は茹でると身が丸まりそれが老人の背中に似ていることや、長いヒゲを老人に例えたことから、「海の老人」として「海老」という漢字ができたと言われています。

そのようなことから長寿の願いを込め、おせちに欠かせない縁起の良い料理となりました。

煮はまぐり


おせち料理の煮蛤の意味

左右の貝がピッタリと合わさることから、夫婦円満の願いを込められた「はまぐり」。2組の貝がしっかりと合うのは1組しかなく、まさに一生を添い遂げる夫婦を象徴する縁起物とされています。

ちなみにはまぐりの名前の由来は、貝殻の形が栗に似ていることから「浜の栗」と呼ばれ、転じてはまぐりとなったそうです。

昆布巻き


おせち料理の昆布巻きの意味

「よろこぶ」の語呂合わせで、昔から正月の縁起物としておせちに用いられてきた「昆布巻き」。また漢字で「養老昆布(よろこぶ)」とも書けることから、お祝い事だけでなく長寿の願いも込められています。

他には「子生(こぶ)」と書いて子孫繁栄を願う意味も。

筑前煮


おせち料理の筑前煮の意味

九州北部地方の代表的な郷土料理である「筑前煮」。使われている食材(だいこん、れんこん、こんにゃく、にんじん)に「ん」が付くことから、「運」が付く縁起の良いおせち料理としてお正月に食べられるようになりました。

他にも穴にちなんで将来の見通しがきくとされる「蓮根(れんこん)」や、子芋がたくさん付くことから子孫繁栄を願う「里芋」など、筑前煮は多くの意味を持つことからおせち料理には欠かせません。

おせちの意味を知って良い年を迎えよう

今回はおせち料理の中身とその意味を紹介してきました。伝統としてただ食べるだけにはもったいないほど、おせちは縁起の良い様々な意味を持ちます。

それらは先人の考えや知恵からきたもの。考え抜かれたおせちの意味は日本人なら絶対に知っておきたいものです。おせちを食べる際にはぜひこちらを参考にしてみてください!