盆踊りとは?
盆踊りの種類や代表曲
日本三代盆踊り
まとめ

太鼓や笛の音、音楽に合わせて参加者が一体となる「盆踊り」。海外からも高い人気を誇る、日本の夏を代表する風物詩の1つです。現在は日本各地で多種多様な盆踊りが行われ、正確な種類は数えられないほど。時代の流れとともに、盆踊りの捉え方も変化してきました。

夏祭りなどで踊られることが多いため娯楽的な印象の強い盆踊りですが、そもそもなぜ踊るのでしょうか。今回は盆踊りの歴史や由来、「日本三大盆踊り」をはじめとした種類について紹介します。

【関連記事】
盆踊りとともに夏を彩る風物詩の花火について知りたい人はこちら↓
【花火の種類】は何がある?日本の夏の風物詩を徹底解説!

新潟県 < 長岡

【花火の種類】は何がある?日本の夏の風物詩を徹底解説! 夏の夜空を彩る「花火」。実は多くの種類があり、見た目や色、形によって名前が異なる日本の夏の風物詩です。多くの人が知っているものからあまり知られていないものまで、その知識はさまざま。今回は、花火の種類や豆知識などをご紹介します。

花火・祭り

盆踊りとは?

盆踊りの歴史や起源


盆踊りは夏祭りの際に行われることが多い

夏のイベントとして、祭りの際に行われることの多い盆踊り。実はただの踊りではなく、神聖な行事でもあります。そもそも盆踊りとは、お盆の時期にお迎えしたご先祖様の霊をもてなして一緒に過ごし送り出す行事。元々は仏教の「念仏踊り」が起源であるとされています。

念仏踊りとは、自分自身で念仏を唱えながら踊るというもの。後に踊る人と念仏を唱える人が分かれ、「踊り念仏」へと発展しました。これらの民俗芸能とお盆が結びつき、現代の盆踊りが誕生。現在はお盆以外の時期に盆踊りを行うこともありますが、本来は旧暦の7月15日に盆踊りを行って16日にご先祖様の霊を送り出します。

踊り念仏が広まったと言われているのは鎌倉時代。時宗の開祖である「一遍上人(いっぺんじょうにん)」が日本各地に広め、一世を風靡(ふうび)しました。室町時代に入ると、踊り念仏は「風流踊り」として催行。人が踊るための要素がさらに多く取り入れられました。

盆踊りは娯楽的な要素も持っている


人々が集まる盆踊りは交流手段でもあった

派手に趣向を凝らした風流踊りは、江戸時代に若い男女を中心とした素朴な祭りへと変化。「憂さ晴らし」や「男女の出会いの場」としての盆踊りに姿を変えます。

盆踊りの特徴として挙げられるのは、他の地域との交流手段であったということ。「誰でも参加できる」という良さを持つ盆踊りは、娯楽的要素も併せ持っていました。


誰でも参加できるのが盆踊りの特徴

宗教的な行事でありながら、男女の出会いの場として賑わいを見せた盆踊り。しかし風紀を乱すという理由から、江戸時代の頃から盆踊りは度々取り締まられます。さらに明治時代になると西洋の文化が浸透。「新しいものが良い」という風潮によって盆踊りは警察に禁止され、一時的に衰退してしまいました。

盆踊り人気に再び火がついたのは、大正時代から昭和初期にかけて。大正時代に起こった、生活の中から美を見つける「民芸運動」がきっかけだそうです。戦後以降の盆踊りは宗教的な側面が薄くなり、祭り行事の1つとして実施。盆踊りの復活には、レコードの普及も一役買ったと言われています。

盆踊りの種類や代表曲

約500年もの歴史を持つとされている盆踊り。形を変えながら、全国各地で数多くの種類に派生しました。正確な数は定かではないものの、大きく分けると盆踊りは2種類。「伝統系盆踊り」と「現代系盆踊り」に分類できます。

伝統系盆踊り


阿波おどりは伝統系盆踊りの1つ

盆踊りが誕生してから、昔ながらの伝統が活かされている「伝統系盆踊り」。さらに細かく分けることができます。伝統系盆踊りに分類されるのは、「伝承系盆踊り」、「伝統進化系盆踊り」、「民謡踊り」の3種類。同じように見える伝統系盆踊りですが、それぞれ違いがあります。

伝承系盆踊りとは、江戸時代から踊られていて現在も特定の地域で伝承されているもの。「郡上おどり(ぐじょうおどり)」や「西馬音内盆踊り(にしもないぼんおどり)」などが含まれています。

伝統進化系盆踊りとは、伝統に根ざしつつも近代の変化を取り入れて進化したもの。誕生した地域から全国に広がっていて、「阿波おどり」などが含まれています。


ソーラン節も盆踊りの定番

民謡踊りとは、元々は地域の民謡だったものが昭和期に変遷・洗礼され全国区になったもの。「炭坑節」や「相馬盆唄(そうまぼんうた)」が含まれています。

体育祭などで踊られる全国的に有名な「ソーラン節」も盆踊りの定番曲。ニシン漁の際に歌われていた「沖揚げ音頭」が変化したもので、「ソーラン、ソーラン」というフレーズは気持ちを高める掛け声だと言われています。

現代系盆踊り


現代系盆踊りは子どもから大人まで楽しめる

大正時代以降に誕生し、時代背景が反映されている「現代系盆踊り」。当時流行した曲やアニメソングが使用されていて、盆踊りと聞くと多くの人が現代系盆踊りを思い浮かべます。

現代系盆踊りを分類すると、「新民謡(流行歌)」、「歌謡舞踊・新舞踊」、「J-POP系・アニメ系盆踊り」の3種類。現在では、新旧さまざまな曲が盆踊りに使用されています。

新民謡(流行歌)とは、大正時代の新民謡運動を皮切りに地名や地域の名物を織り込んで作曲されたもの。「東京音頭」が代表例として挙げられます。


東京音頭はヤクルトスワローズの応援歌としても定着している

関東大震災で壊滅した東京の不況を吹き飛ばそうと、それまでなかった都会の盆踊りとして企画された東京音頭。日比谷公園の盆踊り大会で初披露された時は、「丸の内音頭」という名前でした。

翌年に東京音頭に名前を変更。現在ではプロ野球・東京ヤクルトスワローズの応援歌としても親しまれています。

歌謡舞踊・新舞踊とは、歌謡曲や演歌、もしくは昭和中期以降に作曲された民謡調の音楽に合わせて踊るもの。代表例として「きよしのズンドコ節」などが挙げられます。

J-POP系・アニメ系盆踊りとは、その名の通りJ-POPやアニメソングに合わせて踊るもの。代表曲として「ダンシング・ヒーロー」や「ドラえもん音頭」が挙げられます。若者の盆踊り離れを解消するために考案され、子どもからお年寄りまで楽しめる盆踊りの新しい定番曲となりました。

日本三代盆踊り

日本各地で数多くの盆踊りが行われ、海外の観光客からも人気。盆踊りは日本を代表する夏の風物詩になっています。さまざまな盆踊りが開催される中、特に有名なのが「日本三大盆踊り」。

規模が大きく伝統ある盆踊りです。日本三大盆踊りに含まれているのは、「郡上おどり」、「西馬音内盆踊り」、「阿波おどり」の3つ。ここからは、それぞれについて紹介していきます。

郡上おどり


郡上踊りは観光客も地元の人も1つの輪になって踊る(画像提供:郡上八幡観光協会)

岐阜県郡上市で江戸時代から始まったとされる「郡上おどり」。およそ400年前から城下町「郡上八幡」で踊り続けられてきた、東海地方で最も有名な盆踊りです。

元々は士農工商の融和を目的として、藩内で行われていた盆踊りを城下に集めたのが郡上おどりの始まり。「盆の4日間は身分の隔てなく無礼講で踊るがよい。」と推奨されたことから、観光客も地元の人も1つの輪になって踊るというのが郡上おどりの特徴です。

郡上おどりが開催されるのは、毎年7月中旬から9月上旬にかけて。期間中は盆踊りを行わない日もあります。8月に13日から16日の4日間で開催される「徹夜踊り」は1番の見どころ。誰でも参加できる郡上おどりは、「見るおどり」ではなく「踊るおどり」と言われています。

【関連記事】
郡上おどりについて詳しく知りたい人はこちら↓
【郡上おどり】マイ下駄で夏の風物詩・盆踊りに参加しよう

岐阜県 < 郡上八幡

【郡上おどり】マイ下駄で夏の風物詩・盆踊りに参加しよう 日本三大盆踊りの一つ「郡上おどり」。夏の間なんと30夜に渡って開催される岐阜県を代表する夏祭りです。盆踊りは独特のダンスが特徴で、日本に定着している文化のひとつ。今回はその魅力と、郡上おどりで使われる「踊り下駄」を紹介します。

花火・祭り

西馬音内盆踊り


西馬音内盆踊りは彦三頭巾と編み笠が特徴的

秋田県羽後町(うごまち)で古くから続く「西馬音内(にしもない)盆踊り」。毎年8月16日から18日に開催されます。

西馬音内盆踊りの起源は不明であるものの、正応年間(1288年から1293年)に始まったという説が有力。現在の西馬音内御嶽神社の境内で、豊年祈願の踊りを奉納したことが始まりだと言われています。

目の部分だけに穴の空いた「彦三頭巾(ひこさずきん)」を頭から被って編み笠を身につける出立ちから、付けられた呼び名は「亡者踊り」。芸術性の高さが評価されており、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

阿波おどり


阿波おどりは日本最大規模の盆踊り

徳島県徳島市で行われる「阿波おどり」。400年以上の歴史を持つとされる、日本最大規模の盆踊りです。市民社会に定着した阿波おどりは自由な民衆娯楽として花開き、特に戦後は復興の象徴として目覚ましく発展。毎年8月12日から15日までの開催期間中には、約10万人の踊り子が繰り出します。

「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々」というフレーズも有名。徳島全体が熱気に包まれる阿波おどりは、徳島が世界に誇る伝統芸能です。

盆踊りは誰でも参加できる

今回は盆踊りの歴史や種類、日本三代盆踊りについて紹介しました。多くの盆踊りは誰でも参加できるため、途中から飛び入りで踊ることが可能。見るだけではなく、一緒に踊って楽しめるのも盆踊りの特徴です。

普段着で踊ることももちろんできますが、浴衣を来て参加すればより一層楽しい時間を過ごせるはず。夏の風物詩である盆踊りに参加して、心に残る思い出を作ってみてはいかがでしょうか。