東寺の歴史
東寺の見どころ
東寺へのアクセス
東寺周辺のおすすめスポット
まとめ

言わずと知れた日本の観光名所「京都」。平安時代に都が置かれていたこの場所は、古き良き日本の文化を今に伝えています。そんな京都の中で、平安京からの歴史を持つのが「東寺(とうじ)」。日本一高い木造建築物である「五重塔」を有し、多くの観光客で賑わいを見せます。

世界遺産に登録されている東寺は、海外からも人気のスポット。今回は、東寺の歴史や見どころを紹介します。

東寺以外にも存在する京都の世界遺産を全て知りたい方はこちら↓
【京都の世界遺産】は実は1つだけ?古都の文化財を徹底解説

京都府 < 京都市

【京都の世界遺産】は実は1つだけ?古都の文化財を徹底解説 日本を代表する観光地「京都」。世界遺産には金閣寺や清水寺、仁和寺などがありますが、意外にも登録数は1つだけです。その理由は「古都京都の文化財」として登録されているため。今回は、そんな京都の世界遺産を紹介します。

神社・寺

東寺の歴史

東寺は平安時代に創建された


平安京遷都から約30年経ってから東寺は空海に委託された

794年、桓武天皇が奈良の平城京から京都の平安京へ遷都。当時の平安京は、時代の最先端を行く都市でした。都の正門である羅城門(らじょうもん)から北へと朱雀大路が真っ直ぐ伸び、その先に荘厳な大内裏が存在。796年には、羅城門を挟んだ両翼に東寺と西寺が建立されました。ここから東寺の歴史が始まります。

平安京遷都から約30年が経過した823年、嵯峨天皇が弘法大師の「空海」に東寺を委託。東寺が真言密教の根本道場、そして真言宗総本山となりました。空海は密教の中心伽藍となる「講堂」の建立に着手。講堂が建立された翌年には、五重塔の工事が始まったと言われています。

空海へ託された際、東寺は名前を変更。「教王護国寺」という名称になりました。東寺の寺紋として使用されているのは、雲を題材にした「東寺雲」。かつて雲を用いて占いが行われていたことから、多くの寺院で雲の寺紋が見られます。

東寺は唯一残る平安京の遺構


東寺は唯一現存する平安京の遺構

源氏と平家の合戦が始まったことで平安時代も終わりを迎えます。正門の羅城門は崩れ落ち、東寺と西寺はともに衰退。しかし鎌倉時代に入ると、東寺に復興の兆しが見えます。

「運慶」が東寺にある諸像の修復を開始し、1233年には運慶の子「康勝(こうしょう)」によって空海の坐像が完成。さらに後白河法皇の皇女「宣陽門院(せんようもんいん)」が財政の基盤を作り、東寺は再興を果たしました。一方の西寺は、1233年に唯一境内に残っていた五重塔が焼失。西寺は時の流れとともに姿を消しました。

平安京唯一の遺構となった東寺は、京都中が焼け野原となった応仁の乱をも回避。幾多の戦乱をくぐり抜けてきました。しかしながら、1486年に起きた「文明の土一揆」で金堂(こんどう)や講堂、南大門などを焼失。東寺創建以来、最も大きな痛手を受けました。

世界遺産に登録された東寺は京都のシンボル的存在


東寺は世界遺産に登録されている

復興が危ぶまれた東寺ですが、桃山時代に入ると約100年ぶりに金堂が再建。新しい薬師如来や日光菩薩、月光菩薩も金堂に誕生しました。続いて南大門も完成し、焼失後すぐに再建した講堂も含めて東寺は元の姿に。その後落雷によって五重塔を焼失しますが、1644年に再建されました。

昭和に入った1965年には、金堂と講堂の内部を公開。平安時代へと続く歴史の扉が開かれました。1944年に「古都京都の文化財」として世界遺産に登録。現在は京都のシンボル的な存在として、東寺は国内外から人気を集めています。

東寺の見どころ

創建から1200年以上の歴史を持つ東寺。国宝や重要文化財など、ぜひ目にしたい見どころが存在します。

五重塔


東寺の五重塔は日本一高い木造建築物

東寺の代名詞的な存在である「五重塔」。高さ約55mで、木造建築物としては日本一の高さを誇ります。空海が五重塔の建立に着手した際、費用も人手も不足した状態。そこで空海は826年に、材木運搬の協力を朝廷に願い出ました。

努力の末に完成した東寺の五重塔は、落雷などで合計4回焼失。しかしその度に、空海同様多くの僧が奔走して再建を果たしてきました。現在の五重塔は1644年に再建された5代目。東寺の五重塔は国宝に指定されています。普段は非公開となっている五重塔の初層内部ですが、特別公開される時期もあるのでお見逃しなく。

東大門


東寺の東大門は不開門の異名を取る

「不開門(あかずのもん)」の異名を取る「東大門(ひがしだいもん)」。1190年から1198年に再建されたものと考えられており、重要文化財に指定されています。

南北朝時代、「足利尊氏(あしかがたかうじ)」は東寺に陣を置いて「新田義貞(にったよしさだ)」と交戦。戦場は都から東寺付近へと移動していきます。

この際、足利軍は東大門を固く閉ざして危機を回避。これをきっかけに、東大門は不開門と呼ばれるようになりました。東寺の東大門には矢の跡が残っていて、戦乱の痕跡を今に伝えています。

講堂


東寺の講堂は密教を広めるための中心として建てられた

東寺境内の中心に位置している「講堂」。大日如来や不動明王など二十一尊の仏様が、密教の教えを視覚的に表現した「立体曼荼羅(まんだら)」として配置されています。

東寺を託された空海は、人生の全てをかけて密教を広めようと決意。その中心的な建築物として位置づけられたのが、東寺の講堂です。1486年に金堂や南大門とともに焼失したものの、5年後に最優先で再建。現在までその姿を保ち、重要文化財に指定されています。

金堂


東寺の金堂には御本尊の薬師如来が安置されている

東寺の本堂である「金堂」。796年に東寺が創建されてから、最初に金堂の工事が着手されました。金堂には東寺の御本尊である「薬師如来」を安置。1486年に焼失しましたが、関ヶ原の合戦の後に再建されました。

東寺の金堂は、宋の様式を取り入れた「天竺様」と「和様」を合わせた桃山時代の代表的な建築物。屋根中央の切り上げは、「東大寺大仏殿」や「平等院鳳凰堂」にも見られる形です。

御影堂


東寺の御影堂にはかつて空海が住んでいた

空海の住まいだった「御影堂(みえいどう)」。空海は御影堂で立体曼荼羅の構想を練ったと言われています。御影堂内には木造の空海坐像を安置。毎朝6時からは、空海にお膳やお茶を届ける儀式の「生身供(しょうじんく)」が行われます。御影堂の参拝は朝6時から閉門までいつでも可能なので、早起きが苦手な方もご安心ください。

東寺の基本情報

交通アクセス:JR【京都駅】から徒歩約15分/近鉄電車【東寺駅】から徒歩約10分
住所:〒601-8473 京都府京都市南区九条町1番地
電話番号:075-691-3325
拝観時間:金堂・講堂 8:00〜17:00 宝物館・観智院 9:00〜17:00(受付は16:30まで)
拝観料:無料(金堂や講堂を含め一部有料)
    金堂・講堂 大人:500円 高校生:400円 中学生以下:300円
    観智院 大人(高校生以上):500円 中学生以下:300円
    共通券 大人:800円 中学生以下:500円
公式サイト:東寺

東寺周辺のおすすめスポット

日本一高い木造建築物である五重塔を誇る東寺。周辺には併せて訪れたいスポットが存在します。

伏見稲荷大社


千本鳥居が並ぶ伏見稲荷大社は京都でも有数の観光名所

創建から1300年以上の歴史を持つと伝わる「伏見稲荷大社」。日本各地に存在する稲荷神社の総本宮であり、京都でも有数の観光名所です。伏見稲荷大社で特に有名なのが「千本鳥居」。美しい朱塗りの鳥居が連なる光景は、見る人の心を奪います。

伏見稲荷大社の見どころや歴史を知りたい方はこちら↓
【伏見稲荷大社】の見どころは?千本鳥居が有名な京都の観光名所

京都府 < 洛南エリア

【伏見稲荷大社】の見どころは?千本鳥居が有名な京都の観光名所 全国各地にある「稲荷神社」の総本宮「伏見稲荷大社」。千本鳥居が有名な京都で人気の観光名所です。老若男女を問わず親しまれていて、多くのご利益がいただけるパワースポット。今回は、伏見稲荷大社の歴史や見どころを紹介します。

神社・寺

西本願寺


西本願寺には多くの国宝や重要文化財が存在する

浄土真宗の開祖「親鸞(しんらん)」の墓として建てられた世界遺産「西本願寺」。正式名称は「龍谷山本願寺」で、建立から700年以上の歴史があります。

特に金閣寺や銀閣寺とともに京都三名閣とされている「飛雲閣(ひうんかく)」は、絶対に見逃せない存在。本堂の「阿弥陀堂」や「御影堂(みえいどう)」をはじめ、西本願寺は多くの国宝や重要文化財を所有しています。

京都タワー


京都タワーは京都のランドマーク的存在

京都で1番の高さを誇る「京都タワー」。京都のランドマークとして、多くの観光客を迎え入れています。京都タワーが完成したのは、1回目の東京オリンピックが開催された1964年。海がない京都の街を照らす灯台をモチーフに建築されました。

JR京都駅前にそびえる京都タワーは、実は世界一高い無鉄骨の建築物。地上100mの高さにある展望室からは、京都の街並みを360度見渡すことができます。

東寺は唯一残る平安京からの遺構

今回は、五重塔が有名な東寺を紹介しました。多くの国宝や重要文化財を保有する東寺は、平安時代に創建された歴史あるお寺。京都駅から比較的近い場所に位置しているので、京都観光の最初や最後に訪れるのもおすすめです。

唯一現存する平安京の遺構である東寺を訪れ、あなたの肌で時の流れを感じてみてはいかがでしょうか。