もみじと楓の違いとは?
もみじと楓の由来
もみじと楓の種類
もみじと楓が登場する和歌
もみじと楓の紅葉名所3選
秋を彩るもみじ

古来、秋の風景として日本人に親しまれてきた「もみじ」。日本各地に紅葉の名所があり、秋の行楽には欠かせない鮮やかな彩りが特徴です。

そんな「もみじ」と「楓」の違いをご存知でしょうか?

一般に紅葉する葉全般をもみじと呼ぶことが多いですが、その品種は全て楓の一種。同じ品種に属していながら、日本の文化的背景を理由にもみじと楓は大まかに区別されています。日本独特のこの区別は、一体どのようにして生まれたのでしょうか。

今回は、もみじと楓の違いについて、詳しく解説していきます。

もみじと楓の違いとは?

実はもみじと楓に品種の違いはありません。楓に分類される植物のうちいくつかの品種がもみじと呼ばれていますが、植物学における分類と一般的な名称は異なります。

もみじと楓について詳しく知れば、2つを見分ける秋の楽しみが増えるかもしれません。

植物学での分類


植物学上でのモミジとカエデの違い

もみじと楓は「ムクロジ科カエデ属」に属する同じ種類の植物です。「もみじ」という品種は存在せず、楓の中の数種類がもみじと呼ばれます。そのため違う種類の植物のように認識されることもしばしば。

英語では楓を全て「Maple(メープル)」と呼ぶことからも、楓に別名があるのは日本独特の文化だということが分かります。

日本ならではのもみじと楓の分類


日本特有のかえでと紅葉の違い

植物学上では同じ植物とされている一方で、一般的にもみじと楓はざっくりと区別されています。明確な定義はありませんが、楓の中でも形が手のひらのように整っていて色鮮やかな種類を特にもみじと呼ぶのだそう。

紅葉(こうよう)を紅葉(もみじ)とも読むことから、単に赤く色づいた葉をもみじとみなすことも。形に着目すると、葉に5つ以上の深い切れ込みがあるものをもみじ、切れ込みが浅いものを楓とするのが主流です。特に園芸や盆栽の世界では、これらの基準を基に比較的はっきりともみじと楓が区別されます。

もみじと楓の由来

日本独特の分類であるもみじと楓。同じ種の中でもなぜ区別されるようになったのでしょうか。その理由を言葉の由来から紐解いていきましょう。

もみじの由来


モミジの由来
もみじという言葉は、古語の「もみづ」(もみず)という動詞からきたもの。「もみず」とは植物が赤や黄色に色づくことを意味しており、本来は楓以外の植物にも使われていました。

中でも楓の紅葉が見事だったことから、特に鮮やかに色づいた数種類の楓が「もみじ」と呼ばれるようになったのだそうです。

楓の由来


楓の由来になったカエル

楓という名称はその見た目に由来します。葉の先がギザギザした形が、古くから蛙の手に見立てられてきたのだとか。

「かえるで」(蛙手)が変化し、現在ではお馴染みの「かえで」と発音されています。

もみじと楓の種類

一見すると同じような形に見えても、楓には想像以上にさまざまな種類が存在。街中や紅葉スポットで目にする代表的な品種を紹介します。

もみじと呼ばれる品種

イロハカエデ


イロハカエデ

イロハモミジの別名を持つイロハカエデ。本州の西側に自生しており、楓の中でもメジャーな種類の1つです。3~7つに分かれる葉を、「イロハニホヘト」の文字を当てて数えたことからこの名前がついたと言われています。

成長しても10mに満たないイロハカエデは、全国各地にあるもみじの名所でも見ることができます。

ヤマモミジ


ヤマモミジ

イロハカエデによく似たヤマモミジが見られるのは、北海道と東北の日本海側。雪深い地方に広く分布する品種です。日中と夜の寒暖差が大きいため、より鮮やかに色づくのだそう。

7~9つに分かれた葉は約8cmと、イロハカエデと比べても大ぶりの品種です。

そのほかの代表的な楓

トウカエデ


トウカエデ

漢字で「唐楓」と表せるトウカエデは、その名の通り中国原産の品種。日本では江戸時代に中国から徳川幕府に送られたのが始まりです。大気汚染や害虫の被害に強いため、街路樹としての人気が高いことで知られています。全国各地で街に彩りを与えている身近な楓です。

表面の特徴的な光沢を目印に、街中のトウカエデを探してみてはいかがでしょうか。

サトウカエデ


カナダの国旗で有名なサトウカエデ

サトウカエデは、カナダの国旗に描かれていることで有名な楓です。漢字で「砂糖楓」と表記されるのは、樹液を煮詰めてメープルシロップの生産に使用されるため。

北米原産の品種で、日本では街路樹として植えられることがほとんどです。日本原産の楓よりもかなり大きいため、家具や建材にも使われます。

もみじが登場する和歌


モミジは和歌に多数登場する

楓と区別されるほど、もみじは特別に親しまれてきました。その美しさから数々の文学作品や絵画にも登場。特に和歌の中には、もみじや楓について歌われたものが多数存在します。

ここでは万葉集と古今和歌集、百人一首より特に有名な4首を紹介します。

万葉集


太古から愛されてきたもみじ

万葉集は奈良時代末期に編纂された、現存する日本最古の歌集です。もみじや楓という言葉の語源がそのまま使われた表現から、太古の紅葉の姿が浮かび上がります。

「我が宿に もみつ蝦手見るごとに 妹を懸けつつ恋ひぬ日はなし」

(庭の紅葉した楓を見るたびあなたのことが気にかかり、恋しく思わない日はありません)

万葉集に収められている短歌。離れて暮らす妹を恋しく想う、姉の心情が詠われています。「蝦手」は「かえるで」と読み、先ほど紹介した楓の語源に当たる言葉です。奈良時代には、まだ楓をかえるでと呼んでいたことが分かります。

「黄葉の 散りゆくなへに玉梓の 使を見れば逢ひし日思ほゆ」

(紅葉が散っていくときでも文使いが通うのを見ると、愛しい妻に会った日のことが思い出される)

柿本人麻呂が妻を亡くした際に詠んだ短歌です。妻と離れて暮らしていた人麻呂は文通を楽しんでいましたが、妻亡き後は文を届ける使いを見ても、思い出が蘇るだけだと詠っています。

この歌で着目すべきは「黄葉」(もみじば)という言葉。この時代ではまだ「紅葉」という言葉は使われておらず、紅や黄色、橙に染まった葉っぱを「黄葉」と表しました。

古今和歌集


鹿と紅葉が描かれた短歌

古今和歌集は平安時代初期、後醍醐天皇の命によって編纂された和歌集です。その歌数は約1100首にも上ります。

「奥山に もみぢふみわけ鳴く鹿の 声聞く時ぞ秋は悲しき」

(奥深い紅葉の山をふみわける鹿が鳴いているときこそ、秋は悲しく感じられる)

秋の物悲しさを表したこの歌は平安時代初期頃に詠まれたもの。百人一首の5番目の歌であり、堪えきれない寂しさを鹿の鳴き声と紅葉の鮮やかさを効果的に表した一首です。

百人一首


百人一首でもモミジが詠われている

国語の授業で1度は耳にしたことのある百人一首。奈良時代から鎌倉時代の歌人が詠んだ秀歌が収められています。

「ちはやぶる 神代も聞かず竜田川 からくれなゐに水くくるとは」

(竜田川の水を紅葉した葉が鮮やかな紅色にくくり染にするとは、神の時代にも聞いたことがない)

この短歌は紅葉の名所、奈良の竜田川を詠んだものと言われています。「唐紅」とは唐から伝わった鮮やかな紅のことを指し、川一面をもみじが流れていく様子を表しています。

古来から秋の情景にはもみじが欠かせなかったのでしょう。

「このたびは ぬさもとりあえず手向山 紅葉のにしき 神のまにまに」

(今回の旅は突然で、神に捧げる幣もご用意できませんでした。手向山の紅葉を捧げるので、神よお心のままにお受け取りください)

「幣」(ぬさ)とは紙や錦を細かく切ったもの。旅の途中で道祖神(どうそじん)にお参りする際に使用されました。手向山の紅葉が神に捧げるほど美しかったことが表れています。

もみじと楓の紅葉名所3選

秋の行楽に欠かせないもみじ。歴史や名前の由来を知ってから紅葉狩りに出かければ、きっと去年よりも楽しみが深まるはずです。

全国各地にあるもみじの名所を、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

高尾山


紅葉に彩られる高尾山薬王院

東京都内から1時間ほどでアクセスできる高尾山は、関東でも有数の紅葉スポット。11月中旬から12月初旬が見頃です。

駅周辺にも多数のもみじが植えられており、到着の瞬間から紅葉を楽しむことができます。山の斜面には多数のイロハモミジが。ケーブルカーや頂上から見下ろす一面の紅葉は絶景です。

高尾山の魅力についての記事はこちら↓
【高尾山】初心者でも安心!世界一登山客の多い山

東京都 < 高尾

【高尾山】初心者でも安心!世界一登山客の多い山 世界一の年間登山者数を誇る「高尾山」。緑豊かな自然、さる山、温泉、美術館などの観光スポットが点在しています。新宿から小一時間というアクセスの良さも大注目。今回は、登山初心者や子供連れでも楽しめる登山コースや周辺情報を紹介します。

絶景

清水寺


清水寺の三重塔ともみじ

秋になると紅葉狩りの観光客で賑わう清水寺。約1,000本のヤマモミジが境内を彩り、清水の舞台からは京都の街並みと紅葉を一度に鑑賞できます。

11月中旬から12月初旬が見頃。

清水寺の紅葉についての記事はこちら↓
【清水寺】紅葉が見頃の時期はいつ?京都を代表する秋の名所

京都府 < 京都市

【清水寺】紅葉が見頃の時期はいつ?京都を代表する秋の名所 人気の観光スポット「清水寺」。京都でも有数の紅葉名所として、秋にはより多くの観光客で賑わいます。毎年11月下旬から12月上旬に見頃を迎え、ライトアップも実施されるため幻想的な空間に。今回は、清水寺の紅葉について紹介します。

神社・寺

筑波山


ケーブルカーからも紅葉が楽しめる

関東平野を一望できる筑波山は紅葉の名所でもあります。もみじと共に約2,000本のブナも黄色く色づき、その光景は大迫力。ケーブルカーやロープウェイなどの施設も充実しているため、本格的な紅葉狩りに出かけたい方はぜひチェックしてみてください。

例年は11月上旬から中旬に見頃を迎えます。

筑波山のみどころを紹介した記事はこちら↓
富士山と並び称される【筑波山】の登山コースを紹介

茨城県 < つくば・牛久

富士山と並び称される【筑波山】の登山コースを紹介 富士山と並び称される美しさを持つ「筑波山」。茨城県つくば市北部に位置しており、日没の際には山頂付近が紫色に輝くことから「紫峰」とも呼ばれています。また、麓に広がる北条大池と作り出す風景は息を呑む美しさ。そんな筑波山の登山コースを紹介していきます。

秋を彩るもみじ

普段は意識することのない「もみじ」と「楓」の違い。深く掘り下げてみると日本の文化に触れることができます。日本人なら誰しも秋を連想するもみじに、より愛着が湧いてくるはず。街頭のもみじにも目を向けると、意外な楽しみが見つかるかもしれません。

街中でも紅葉スポットでも楽しめる紅葉を、今年はもみじと楓の違いに着目して鑑賞してみてはいかがでしょうか。