イントロダクション
袋田の滝の見所
袋田の滝のイベント
袋田の滝へのアクセス
まとめ
周辺情報

茨城県を代表する観光スポットの「袋田の滝」。茨城県久慈郡大子町に位置する、高さ120m、幅73mの大きさを誇る滝です。袋田の滝は、栃木県の「華厳の滝」、和歌山県の「那智の滝」と並ぶ日本三名瀑の一つ。

その昔、僧侶の西行法師がこの地を訪れた際、「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」という言葉を残したことから、別名を「四度の滝」ともいわれています。冬には滝全体が凍結する「氷瀑」へと姿を変え、完全凍結するかどうかで毎年注目を集めます。

今回は、そんな袋田の滝の見どころと観光情報を紹介していきます。

【関連記事】
日本三名瀑の一つ、那智の滝の記事はこちら↓↓
落差日本一【那智の滝】熊野古道日帰りルートで冬の景色を望む

Category: 世界遺産
Area: 熊野古道

落差日本一【那智の滝】熊野古道日帰りルートで冬の景色を望む 日本三名瀑のひとつ「那智の滝」。和歌山県に位置する、落差日本一の大迫力の滝です。今回は世界遺産「熊野古道」を歩き、那智の滝を目指す巡礼ルートをご紹介。熊野那智大社参拝と合わせて、実際に歩いたその様子をレポートします!

四季折々に姿を変える袋田の滝

袋田の滝は、四季によって全く違う景色を見せてくれます。西行法師の言葉にもあるように、いつ訪れても楽しめるのが袋田の滝の特徴です。

春・夏


夏の袋田の滝

春から夏にかけて、袋田の滝は美しい緑の自然に囲まれます。雪解け水が静かに音を立てて流れる春。そして夏になるにつれて水の量は増し、激しい水しぶきとともに轟音を響かせます。
夏でも涼しい場所なので、暑くて湿度の高い環境から逃れたい方にもオススメですよ。


袋田の滝の紅葉

袋田の滝で最も人気のある季節が秋。夏は緑色をしていた木々が真っ赤に染まり、その間を流れる滝の姿は絶景です。袋田の滝の紅葉は例年11月上旬に見頃を迎えます。紅葉の季節に合わせて、滝のライトアップも開催されるので必見です。


袋田の滝の氷瀑

寒さが厳しい季節になると、袋田の滝は凍結し始めます。この現象は「氷瀑」と呼ばれ、ここまでダイナミックなものは滅多に見ることはできません。流れ落ちる途中で凍ってしまった滝は、美しく不思議な光景です。

滝全体が凍る完全凍結となると、その滝を登るアイスクライマーの姿も多く見られますよ。

【関連記事】
【関東地方】の冬のおすすめ絶景の記事はこちら↓↓
【関東地方】冬の絶景おすすめ5選!

【関東地方】冬の絶景おすすめ5選! 四季のある日本だからこそ楽しめる冬の景色。大自然が織りなす風景とライトアップは幻想的な景色を映し出します。滝が凍結する迫力満点の袋田の滝、白銀の世界が広がる戦場ヶ原など、見どころ満載。今回は関東地方で見ることができる冬の絶景5選を紹介します。

袋田の滝の見どころ

袋田の滝を観光する際に訪れたい、おすすめスポットをご紹介します。

袋田の滝トンネル


袋田の滝のトンネルからの景色

1976年に造られた袋田の滝トンネルは、長さ276m、高さは3m。二つの観瀑台へ行くにはこのトンネルを抜ける必要があります。滝の目の前にある第一観瀑台へは歩いて5分ほど。滝の全景が見える第二観瀑台は、トンネルの奥にあるエレベーターで40mほど昇ったところにあります。トンネルを通るにはチケットが必要です。トンネルの手前にある管理事務所で購入しましょう。

【袋田の滝 基本情報】
観瀑施設利用料金:
大人: 300円
小人(小学生以下): 150円
営業時間:
8:00~18:00 (11~4月は9:00~17:00)
ライトアップ:
11月 日没から午後8時まで
12月〜1月 日没から午後7時まで

三つの観瀑台

袋田の滝はトンネルの先にある二つの観瀑台から眺めるのがオススメです。

第一観瀑台


第一観瀑台からの景色

袋田の滝を最も近い位置で見学できる第一観瀑台。激しい轟音とともに、水しぶきをあげて流れ落ちる様子を間近で見られます。水量が多い時期には水しぶきがかかることも。迫力満点の滝をカラダ全体で感じることができます。

第二/第三観瀑台


袋田の滝の第二観瀑台からの景色

トンネル奥のエレベーターで昇ったところにある第二観瀑台は、袋田の滝全体を見渡せる場所です。ここには三つのデッキがあり、一番上の第三デッキからは、四段に流れ落ちる滝の全てを見ることができます。また、第二デッキは滝と周囲の自然のバランスが良い場所で、写真撮影にうってつけです。

ハイキングもできる


袋田の滝の吊り橋

第一観瀑台の少し手前に、吊橋へと続く通路があります。この吊橋は「滝見橋」と呼ばれ、ここからも袋田の滝を眺めることができます。

その吊橋を渡った先に、標高404mの月居山(つきおれさん)を登って、吊橋へと戻って来る「袋田自然研究路」というハイキングコースがあります。緑豊かな自然に囲まれたハイキングコース。山頂まで1時間ほどかかりますが、道中にお寺があったり、山頂から絶景が眺められたりと、魅力たっぷりです。

袋田の滝のイベント

袋田の滝で開催されるイベントをご紹介します。

11月〜『袋田の滝ライトアップ・大子来人〜ダイゴライト〜』


袋田の滝のライトアップ

毎年11月から開催される「大子来人〜ダイゴライト〜」は、袋田の滝がライトアップされる幻想的なイベントです。暗闇の中にくっきりと浮かび上がる滝の様は、まるで墨画のよう。昼間とは全く違う滝の様子を見ることができます。トンネル内はミラーボールで照らされ、異空間へと続くトンネルのような空間です。

袋田の滝ライトアップの詳細は大子町観光協会公式サイトまで。

袋田の滝へのアクセス

最寄り駅:滝本(バス停)

東京駅からのアクセス

【東京駅】— JR上野東京ライン特急 / 水戸方面
→ 【水戸駅】— JR水郡線 / 郡山方面
→ 【袋田駅】 — 路線バス・茨城交通 / 滝本行き
→ 【滝本バス停】 → 徒歩(約10分)

水戸駅からのアクセス

JR水郡線 / 郡山方面
→【袋田駅】— 路線バス・茨城交通 / 滝本行き
→【滝本バス停】→ 徒歩(約10分)

茨城空港からのアクセス

空港バス・茨城交通 / 常陸太田行き
→【水戸駅】— J R水郡線 / 郡山方面
→【袋田駅】— 路線バス・茨城交通 / 滝本行き
→【滝本バス停】→ 徒歩(約10分)

車でのアクセス

最寄りIC:常磐自動車道「那珂IC」(約50分)
袋田の滝周辺の駐車場:町営無料第一駐車場  町営無料第二駐車場

Category: 自然・絶景

袋田の滝

〒319-3523 
茨城県久慈郡大子町袋田3-19
0295-72-4036

袋田の滝がある大子町

袋田の滝がある大子町は、人と自然をつなぐ町として、ここにしかない景色や歴史、温泉、グルメ等それぞれの楽しみ方もたくさんあります。秋には、樹の上でりんごを完熟させてから収穫する「樹上完熟」が特長の、「奥久慈大子りんご」のりんご狩り体験も人気ですよ。

袋田の滝の周辺情報

Category: 自然・絶景

月待の滝

〒319-3556 
茨城県久慈郡大子町川山1369-1
0295-72-0285