湯島天神が「学問の神様」と呼ばれる理由
湯島天神の見どころ
湯島天神で合格祈願!
湯島天神のイベント
湯島天神のアクセス
湯島天神の周辺情報
合格祈願以外でも楽しめる湯島天神

受験シーズン真っ只中の1月。初詣でどこも賑わいを見せる神社ですが、とりわけ受験生たちで賑わう神社が東京都内にあります。それが文京区・湯島の「湯島天神」。

「学問の神様」として有名で、受験シーズンには合格祈願の名所として多くの受験生たちが集まります。そんな湯島天神ですが、なぜ「学問の神様」と呼ばれるようになったのでしょうか。

今回は湯島天神の由来やご利益、さらに合格祈願だけでなく観光スポットとしてもおすすめの湯島天神の見どころを紹介します。

湯島天神が「学問の神様」と呼ばれる理由

「学問の神様」と呼ばれ、合格祈願の名所として人気の湯島天神。学業成就や勝運などのご利益があるとされます。ここでは湯島天神の御祭神とご利益、そして「天神」や「学問の神様」の由来を詳しく解説していきます。

湯島天神の御祭神とご利益


湯島天神の本堂と梅

湯島天神はもともと、天之手力雄命(あめのたぢからおのみこと)を祀る神社として、1500年以上前の古墳時代に創建。「湯島天神」という名前は通称で、正式名称は平成12年に定められた「湯島天満宮」です。

天之手力雄命は力による征服に嘆き、岩に隠れてしまった天照大神を救いだした力の強い神様で、開運、勝運を司ります。そのため、仕事運、スポーツ運、くじ運などのご利益があるとされています。

それでは、なぜ湯島天神は「学問の神様」と呼ばれるようになったのでしょうか。それは南北朝時代の1355年、菅原道真をもう一体の御祭神として合祀したことによります。

菅原道真は平安時代に醍醐天皇の右大臣を務めた学者で、詩や書をたしなみ、勉学に優れた才人であったことから、学問の神様として祀られることとなったのです。

菅原道真が「天神様」として祀られる理由


菅原道真像

しかし、いくら優秀な学者であったとしても、神様として祀られることはそうありません。菅原道真が「天神様」となったのにはさらなる理由があるのです。

優秀だった菅原道真は役人として出世を重ね、醍醐天皇の時代に右大臣まで上り詰めたものの、政敵である左大臣の藤原時平に虚偽の告訴をされて福岡の太宰府へ左遷。現地でその生涯を終えてしまいます。

ところが菅原道真の死後、都に疫病がはやり、流刑に追いやった藤原時平は病死。さらに天変地異が多発したことから、人々はこれを菅原道真の呪いと恐れ、その怒りを鎮めようと建立されたのが京都の北野天満宮と言われています。

天災と結びつけられた菅原道真はここで「天神」として祀られることとなります。その後、勉学の才能に秀でた菅原道真にあやかり、「学問の神様」として全国に信仰が広まったとされています。

怨霊となった菅原道真の伝説に関する記事はこちら↓↓
史上最恐!【日本三大怨霊】にまつわる悲しい歴史とは?ゆかりの場所も紹介

東京都 < 千代田区

史上最恐!【日本三大怨霊】にまつわる悲しい歴史とは?ゆかりの場所も紹介 祟りや災いをもたらす「怨霊」。中でも菅原道真、平将門、崇徳天皇は「日本三大怨霊」と呼ばれ、大災害を引き起こすほど恐ろしい存在として現在でも語り継がれています。今回は、日本三大怨霊が生まれた歴史や、今でも不思議な噂が絶えないゆかりの地を紹介します。

神社・寺


北野天満宮

菅原道真を祀った神社は「天満宮」と名付けられ、全国各地に存在します。中でも京都の北野天満宮、福岡の太宰府天満宮、山口県の周防天満宮の3社は、「日本三大天神」と呼ばれています。ちなみに湯島天満宮、亀戸天神社、谷保天満宮は「関東三大天満宮」と呼ばれています。

「日本三大天神」の一つ、太宰府天満宮に関する記事はこちら↓↓
日本の心を探しに【太宰府】へ!令和ゆかりの地は福岡県にあった!

福岡県 < 太宰府

日本の心を探しに【太宰府】へ!令和ゆかりの地は福岡県にあった! 令和ゆかりの地「太宰府」。そこにはかつて大都が存在しました。今回は太宰府に眠る古都の魅力を新元号令和のルーツに触れながら巡ります。さらに太宰府観光で必ず訪れたい「太宰府天満宮」や周辺情報、お土産にもぴったりのグルメまで盛りだくさんでお届け!

歴史

知られざる「宝くじの聖地」


目黒不動尊

学業成就と合格祈願で有名な湯島天神ですが、実は「宝くじ」の聖地でもあるんです。

江戸時代、現在の宝くじとなる「富くじ」が流行します。湯島天神は谷中の天王寺、目黒不動と並び幕府公認の富くじが発行された神社で、 この3つの場所で発行された富くじは「江戸の三富」と呼ばれ、江戸庶民にも親しまれるようになりました。

そんな宝くじ発祥の地である湯島天神は、御祭神が勝運のご利益を司ることもあり、宝くじの当選祈願をする参拝客も多いんだとか。

湯島天神の見どころ

合格祈願で有名な湯島天神ですが、実はそれだけではありません。ここでは、観光スポットとしても魅力的な湯島天神の見どころを紹介します。

撫で牛


湯島天神の撫で牛

菅原道真と牛は深い縁があったとされています。遺言に「自分の遺骸を牛にのせて人にひかせずに、その牛の行くところにとどめよ」とあり、その牛は黙々と東に歩いて安楽寺四堂のほとりで動かなくなり、そこを御墓所と定めたとの逸話が残っています。

天満宮には大抵この撫で牛が設置されており、自分の体の悪いところと同じ部分を撫でると、病回復の御利益があると信じられています。

本殿


湯島天神の本殿

初詣の時期に参拝客で行列ができる湯島天神の本殿。樹齢250年といわれる木曽ひのきを使用した、純木造の木造建築です。現在の建築基準法では、防火地域では新たに木造物を建築することは認められていませんが、湯島天神は万全の防災設備をととのえ、建設大臣認定第一号として特別に許可された木造建築なんです。

男坂・女坂


湯島天神の男坂

境内に繋がる石段には男坂と女坂の2種類があります。男坂は38段、女坂は33段。女坂のほうがゆるやかな階段となっています。この坂の上からの景色は、歌川広重の名所江戸百景・第117景の「湯しま天神坂上眺望」にも描かれています。春になると、坂の両側に白梅が咲きます。

奇縁氷人石(きえんひょうじんせき)


湯島天神の奇縁氷人石

「迷子石」とも呼ばれるこの石。昔は迷子を探す際に名を書いた紙をこの石の右側に貼って探し、迷子を見つけた際はその子の特徴を書いた紙を反対側に貼って知らせていました。身の回りに落とし物や迷子のある場合は、この石にお願いすると見つかるといわれます。迷子だけでなく男女の仲も取り持つ力もあるんだとか。

梅園・筆塚


湯島天神の梅園と筆塚

湯島天神に来たら必ず見ておきたいのが、この見事な梅園。梅は菅原道真が愛した花と伝えられています。春になると白・赤・ピンクの梅が咲き乱れます。梅園の右側には「筆塚」と書かれた石が。筆塚とは、使い古した筆の供養のために、筆を地に埋めて築く塚のこと。この筆塚は「婦系図」の作者である泉鏡花のもので、昭和17年に建てられました。

宝物殿


湯島天神の宝物殿

菅原道真の生涯を表す作品が多く展示された宝物殿。特に宝くじの元となった「富突(とみつき)」の現物や歌川広重の「江戸名所百景」は他では見られない代物です。拝観時間は9時~17時。拝観料は一般500円、高校・大学生300円、小・中学生200円。

努力の碑


湯島天神の努力の碑

「努力の碑」はプロ野球選手の王貞治選手が、昭和52年9月3日に通算本塁打七五六号を達成して前人未踏の世界記録を樹立したことで、政府が初の「国民栄誉章」を贈った記念に建てられたもの。

「努力」は王貞治氏の座右の銘。崇敬する「湯島天神」に、梅の木を献木し、そこへ一緒に建てられたんだとか。

表鳥居


湯島天神の表鳥居

湯島天神の入り口にある「表鳥居」は、都内に現存する鋳造の鳥居としては最古もの。寛文7年(1667)に寄進されたもので、東京都指定有形文化財に指定されています。

湯島天神で合格祈願!

多くの参拝客が合格祈願に訪れる湯島天神では、学問の神様にちなんだ様々な合格祈願アイテムがあります。身につければ勉強のモチベーションもアップするかも。

合格祈願のご祈祷

湯島天神で受けられるご祈祷の中で最も人気があるのはやはり合格祈願。受験シーズンは大変混雑するので、待ち時間なく済ませるなら時期をずらして行くのがおすすめです。

絵馬


びっしりと吊るされた湯島天神の絵馬

牛に乗った菅原道真が描かれた絵馬は、受験生たちに大人気。受験シーズンには、約3万枚の絵馬が奉納されるんだとか。どれも志望校や合格祈願の文字がいっぱいに踊り、強い願いが伝わってきます。

お守り


湯島天神のお守り

湯島天神には様々なお守りがありますが、一番人気はやはり学業成就の「学業守」。学業成就が合格に繋がるとの考え方から、「合格祈願」というお守りは置かないのだそう。

さらにユニークなのが、「入試突破」の文字が大きく書かれたハチマキ。これを巻けば気合いとパワーがみなぎってきそうです。

学業成就鉛筆

これまたユニークなアイテムが、学業成就の願いが込められた鉛筆。合格を祈願する鉛筆は五角=合格という語呂合わせから五角形となっている場合がありますが、湯島天神のものは四角形。なぜ?と思ってしまいそうですが、こちらは五を欠く=合格という語呂合わせからきているんだとか。ちょっとひねりがきいているところがいいですね。

6本の鉛筆には「日々の努力」「一歩一歩進め」といった格言が書かれています。また格言が入っていないものも6本入った計12本で1セットとなっています。これは言葉や文章が書かれた鉛筆が試験で使用できない場合を考慮してのこと。昨今の受験の厳しいルールにもしっかり対応した粋な計らいです。

お礼参り


湯島天神 お礼参り用のだるまの絵馬

合格祈願をしたらそれっきりでおしまい、そう思っている方も多いのではないでしょうか?しかし、実は合格したり願いが叶った後には「お礼参り」をするのが作法。願いを叶えてくれたお礼に礼拝やお布施をします。湯島天神では合格祈願が多いことから、お礼参りに来る参拝客も他の神社と比べて多いんだとか。

お礼参りを終えたら、だるまの描かれた絵馬を奉納します。つまり湯島天神で見られるだるまの絵馬は、どれも見事に合格した証と言えるのです。

湯島天神のイベント

湯島天神では、一年を通して様々なイベントが開催されます。ここでは、湯島天神の代表的なお祭りを3つ紹介します。

梅まつり


湯島天神の梅まつり

湯島天神の中でも人気の行事の一つが、毎年2月〜3月に開催される「梅まつり」。「白加賀」という白梅を中心とした約20品種300本の梅が、美しく咲き乱れます。湯島天神は江戸時代から梅の名所として庶民に親しまれてきました。


湯島天神 梅のライトアップ

期間中はお神輿や神楽、抹茶を立てていただく野点(のだて)などのイベントを毎日開催。また日没から20時まで、ライトアップされた「夜観梅」が楽しめます。

例大際


湯島天神 例大祭のお神輿

偶数年の5月25日に行われる「湯島天神例大祭」。天神様の紋を染め抜いたお揃いの白い半纏(はんてん)を羽織った担ぎ手が、お神輿を担いで周辺地域を威勢良く練り回ります。露店も多く出店し、街全体が盛り上がります。

菊まつり


湯島天神の菊まつり

毎年11月のはじめから下旬にかけて行われる菊まつりでは、約2,000株の菊が展示されています。「文京花の五大まつり」の一つで、地域の秋の風物詩となっています。


湯島天神 菊まつりの千輪咲

都内では珍しい「菊人形」や、崖から垂れ下がるような形に仕立てられた「懸崖(けんがい)」、一株から多数の花を咲かせ一輪の花のように見せる「千輪咲」など、意匠を凝らした様々な菊の作品を楽しめます。

湯島天神のアクセス

東京メトロ千代田線「湯島駅」(徒歩約2分)

東京メトロ銀座線「上野広小路駅」(徒歩約5分)

東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目駅」(徒歩約10分)

JR山手線・京浜東北線「御徒町駅」(徒歩約8分)

都営大江戸線「上野御徒町駅」(徒歩約5分)

湯島天神の周辺情報

せっかく湯島に来たら、湯島天神だけではもったいない。ここでは、湯島天神と合わせて訪れたい、湯島エリアのおすすめスポットを紹介します。

湯島聖堂

徳川五代将軍綱吉により、儒学の振興を図るために建てられた湯島聖堂。中国様式の建築が取り入れられています。

後に昌平学問所として発展し、現在の筑波大学やお茶ノ水女子大学の源流となった近代教育発祥の地であることから、こちらも合格祈願の名所となっています。湯島天神と合わせて訪れれば、さらなるご利益があるかも?

見どころは本堂に祀られた世界最大の孔子像。湯島天神と合わせて御朱印をいただくこともできます。

神田明神

江戸時代から下町の明神として庶民に親しまれた神社で、神田、日本橋、秋葉原、大手町・丸の内など、108の町々の総氏神である神田明神。日本三大祭りとして有名な「神田祭」が古くから行われ、江戸の幕府や庶民に愛されてきた神社です。初詣の時期には約30万人以上が訪れるほどの人気を誇ります。

神田明神についてもっと詳しく知りたい方はこちら↓↓
【神田明神】江戸の守り神とも称されるパワースポット

東京都 < 秋葉原

【神田明神】江戸の守り神とも称されるパワースポット 江戸の守り神、パワースポット「神田明神」。近くの秋葉原とは対照的に、静かな雰囲気の神社です。1300年もの間、徳川家康をはじめ多くの人々に信仰され、近頃は人気アニメの聖地としても大注目。今回は神田明神の歴史や見所、イベント情報を紹介します。

神社・寺

妻恋神社

神田明神の北、蔵前橋通りを渡った路地にある小さな神社で、日本七社の一つに数えられます。

「妻恋」という名前にあるように、日本武尊(やまとたけるのみこと)とその妃の弟橘媛(おとたちばなひめ)の「夫婦神」を祀る神社。ご夫婦愛や縁結びにご利益がある恋愛のパワースポットです。

旧岩崎邸庭園

三菱財閥岩崎家の茅町本邸だった建物とその庭園を整備した都立公園。建物は、洋館、和館、撞球室(ビリヤード場)が残っていて、いずれも国の重要文化財に指定されています。

洋館の設計は鹿鳴館やニコライ堂と同じジョサイア・コンドルで、和館は書院造、撞球室はスイス山小屋風と様々な建築様式を楽しめます。

合格祈願以外でも楽しめる湯島天神

今回は、湯島天神の歴史や見どころを紹介してきました。合格祈願以外でも様々な見どころやイベントが盛りだくさんの湯島天神。受験のときの合格祈願だけでなく、受験生以外の方もぜひ観光スポットとしてゆっくり訪れてみてくださいね。