着物の歴史
着物柄の意味(吉祥文様)
鳳凰(ほうおう)
松竹梅
熨斗目(のしめ)
観世水
着物柄の意味(自然文様)
桜文
牡丹
椿
菖蒲(あやめ・しょうぶ)
着物柄の意味(動物文様)
うさぎ
柄の意味で着物を選んでみたい!

長い歴史があり海外に誇れる日本文化、「着物」。洋服が一般的である現代でも、礼服として着たり、お祝いの席で華やかに着飾ったりと今でも着物は多くの人から愛されています。

その美しさ故に海外からも注目を浴びている着物ですが、実は描かれている柄に意味があることをご存知ですか?花柄や鶴の柄は一度は見たことがあると思いますが、注意して見てみるとさまざまな種類の柄が描かれているんです。

今回は着物の柄に込められた、日本ならではの素敵な意味を紹介します。

着物の歴史

着物の起源は弥生時代から?


弥生時代や古墳時代に人々が着ていたもの

着物の起源は「小袖(こそで)」と呼ばれる日本の伝統的衣装から来ているとされています。小袖とは袖口が小さく庶民を中心に発展した着物のこと。

この小袖の起源は遡ること弥生時代。当時男性は1枚の布を体に巻きつけたような巻布衣(かんぷい)を、女性は穴に頭を通しただけの貫頭衣(かんとうい)を着ていました。

その後、古墳時代になると男性はズボンのようなもの、女性はスカートとツーピース型の衣服を着るように。

進展していった着物文化


大袖着物を何枚も重ね着する十二単のイメージ

着物の歴史で大きな変化が表れたのは平安時代。それまで支配階級の間では下着としてしか着られていなかった小袖が、表着として使用され始めました。

庶民は貫頭衣に筒袖を付けただけの動きやすい小袖を着ているのに対し、支配階級が着ている着物は袖口が縫われていない「大袖」というもの。

大袖を何枚も重ねて着る「十二単(じゅうにひとえ)」は、平安時代の支配階級の象徴と言えるでしょう。

その後、袂(たもと)付きの小袖が使われるようになり、今まで使われてきた小袖と区別するため袂付きの小袖のことを「着物」と呼ぶようになりました。これが「着物」という言葉の誕生です。

当時公家以外のほとんどの人が袂のついた小袖を着ていたため、「小袖=着物」という認識へ。それが後世まで続くこととなります。

着物柄の意味(吉祥文様)


成人式に振袖を着る

成人式の振袖や卒業式の袴など、着物を選ぶときは大抵の人は柄の見た目で選んでいるはず。しかし着物の柄にはそれぞれ意味があり、花言葉のように意味を踏まえた上で好きな着物を選ぶのも素敵ですよね。

そもそも和服独特の文様とは着物や帯の形、色、構成の全てを指し、紋様とは織地紋(おりじもん)を、文様は染めたものを指すもの。模様とは図柄の構成を指し、柄は単一のモチーフのことを指します。

こちらではそれぞれの着物柄の意味について紹介します。


鶴の着物柄

鶴は振袖はもちろん、七五三や結婚式などのおめでたい席に着る着物の柄として欠かせない存在です。そんな鶴にはおめでたいとされる意味が3つ。

1つ目は「鶴は千年亀は万年」ということわざがあるように、「長寿」の象徴とされてきました。そのため長寿を祝ったり祈ったりする場に着ていくには相応しい柄です。

2つ目は「天と地をつなぐ存在」という意味。古くから鶴は声が高くとてもよく通る声だということで、神様がいる天まで届くと言われてきました。

このようなことから「人間と神様を繋ぐ存在」と崇められていたわけです。

3つ目は「夫婦円満」の意味。鶴はつがいになると一生涯相手を変えないと言われています。このことから夫婦がいつまでも仲良く離れぬように、という意味を込めて結婚式などで鶴柄の着物がよく着られます。

鳳凰(ほうおう)


鳳凰の着物柄

鳳凰はもともと中国から伝わった想像上の瑞兆(ずいちょう/おめでたい兆しのこと)で、麒麟、龍、亀とともに四瑞(しずい/中国に伝わる四体の幸運を呼ぶ獣の総称のこと)とされました。

古来中国では「鳳凰は平和で幸せな世界が訪れるとき現れる」と言われていたのだそう。そのことから鶴と同様におめでたい席で着られることが多く、平和を象徴する柄として知られています。

鳳凰の凛とした顔つきと、長い尻尾がとても美しく華やかであることから、女性にたいへん人気な着物柄です。

松竹梅


松竹梅の着物柄

松竹梅は3つとも寒さに強い植物であることから、「忍耐力」や「強さ」を象徴するもの。しかし、実は3つそれぞれに意味があります。

松は神が宿る木と呼ばれ、一年中枯れることなく緑色であることから「不老長寿」。竹は節目があり真っ直ぐに伸びることから「成長」を表し、梅は寒い中でも美しい花を咲かせることから「女性の強さ」を表しています。

他にも梅は冬の間、蕾の状態で寒さに耐え、春一番に花を咲かせることから「どんなに辛い時期でも耐え忍び努力をすれば、いつか美しい花を咲かせることができる」という意味も。

このようなことから松竹梅は、成人した後も素敵な人生を歩めるようにという願いや意味が込められています。


扇の着物柄

高温多湿の地である日本で生まれた扇は、広げると末広がりになることから「繁盛」や「開運」の象徴とされてきました。他には「未来への展望が明るい」という意味も。

また扇で扇ぐ(仰ぐ)ことは煽り立てて悟すことを意味し、神霊を呼び起こす力を持つ道具としても知られてきました。

福を招いたり邪悪を避ける扇は、神楽や能楽などの芸能に欠かせないものとなり、扇による所作は現代にも伝えられています。

他にも日本では室町時代から、お祝いの席のご祝儀には扇を贈る習わしがあり、今でも礼装として着物を着る際には扇をセットで持ち歩くことが一般的です。

熨斗目(のしめ)


熨斗目の着物柄

熨斗(のし)と聞くとお祝い事の贈答品や、ご祝儀袋についているリボンのようなものをイメージする人が多いはず。熨斗目とはこの熨斗を何本も束ねた柄のことを指します。

たくさんの熨斗が束ねられているということで多くの人から祝福されている、その幸せを周囲の人たちとも分け合ってほしい、という意味が込められているのだそう。

このようなことから熨斗目は「感謝の気持ち」や「人と人との絆や繋がり」を象徴するおめでたい着物柄です。

観世水(かんぜみず)


観世水の着物柄

観世水とはこの画像のような青い渦を巻いている柄のことで、水を表現しています。水は全ての生命にとって生きていく上で欠かせない大切なもの。故に観世水の文様は古くから人々に愛されてきました。

「流れる水は腐らず」というように、常に姿を変化させ流れ続けることから「変わり続けていく未来」を意味しています。

また「苦難や災厄を水のようにさらりと流す」や「お浄めや火難除け」などの意味もあるそうです。

着物柄の意味(自然文様)

桜文


桜文の着物柄

桜は日本の国花であり、古くから多くの人に愛されている花です。古い言葉でさくらの「さ」は田の神・穀霊、「くら」は神座(神のいる場所)を意味していると言われ、五穀豊穣(ごこくほうじょう)の象徴とされてきました。

今では花見といえば、桜を見ながらお酒を飲んだりみんなでご飯を食べたりする、というのが一般的。しかし昔は桜の下で五穀豊穣を願うという行事が「花見」という言葉の由来で、後に今の花見に変化していったそうです。

他にも桜は春になるとたくさんの花が芽吹くため、縁起の良い物事の始まりを意味します。「人生のスタート」という意味もあるため花嫁が着用する着物としても知られています。

【関連記事】
日本全国の桜名所に関する記事はこちら↓
【お花見】この春行きたい!日本全国桜名所を一挙大公開!

東京都 < 上野

【お花見】この春行きたい!日本全国桜名所を一挙大公開! 日本の国家として古くから国民に愛され続けている「桜」。日本全国には様々な桜名所がたくさんあります。その土地によって咲いている桜の種類が違ったり、歴史的建造物と桜のコラボレーションであったりと、1つとして同じ桜はないんです!

絶景

牡丹


牡丹の着物柄

牡丹は百花の王とされ、幸福、富貴、高貴、豪華さを表すたいへん縁起の良い花として知られてきました。「瑞花」(ずいか/豊年の兆しとなるめでたい花の事)として、牡丹は幸せの象徴。

また日本では昔から「立てば芍薬(しゃくやく)、座れば牡丹、歩く姿はユリの花」という言葉があり、女性の美しさを表す花とされてきました。

牡丹の花弁はとても大きく華やかなため、女性からとても人気の着物柄です。

椿


椿の着物柄

椿は日本原産の花で、昔から「聖なる花」、「高貴な花」など吉祥木(縁起の良い木の事)として人々から愛されてきました。

花が咲く時期は決まっているものの、葉はいつも青いことから常盤木(ときわぎ/松や杉などのように、年じゅう葉が緑色の木の事)と呼ばれ、厄除けの呪木などに使われていたことも。

また椿は樹齢が長いことから霊木(れいぼく/神聖な木の事)として知られており、不老長寿の意味を持っています。

日本全国の至る所に樹齢数百年という椿の木があることから、とても神秘的で特別な力や魅力を感じさせてくれるのでしょう。

また「雪持ち」と言って椿や梅などに雪が積もっている様子の柄もあり、それは雪の重み、冷たさに耐えるしなやかな植物の姿に豊作・春への期待が込められた文様です。

菖蒲(あやめ・しょうぶ)


菖蒲の着物柄

菖蒲は古くから解毒作用のある薬草として、人々にとても重宝されてきました。一般的には「魔除け」の意味が込められているのですが、それは菖蒲の見た目からきているのだそう。

真っ直ぐに伸びた良い香りの葉が魔を打ち払う剣に見立てられていることから、魔除けに使われていたとされています。

他にも菖蒲(しょうぶ)と読むことから、「勝負」「尚武」に通ずるとして武家から特に好まれた着物柄だったそうです。

着物柄の意味(動物文様)


蝶の着物柄

蝶は卵から幼虫、さなぎを経て美しく成長し舞う様子から、「不死不滅」の象徴とされてきました。このことから「長生きできますように」という願いを込めて、蝶柄の文様が使われるようになったと言われています。

その証拠として常に死と隣り合わせで戦っていた武士たちの紋章には、蝶が使われていました。

また蝶は産卵期を迎えると、つがいで仲睦まじい姿が見られることから、「夫婦円満」の意味を込めて蝶柄の着物を着ることもあるのだとか。

うさぎ


うさぎの着物柄

うさぎ柄の着物はお宮参りや干支の時期にはメーカーがこぞって製作するほど人気の柄で、着物好きや着物通などから特に高い評価を誇る柄です。

そんなうさぎ柄はいくつかの言い伝えから、縁起の良いものだとされてきました。

うさぎは坂を登るのが早いから、物事がトントン拍子に進む。月にうさぎ模様があるから「ツキ」を呼ぶ。繁殖能力が高いことから「子孫繁栄」の象徴。

このようなことからうさぎの柄の着物を着たいという人が増え、人気な柄へとなりました。

柄の意味で着物を選んでみたい!

今回は日本の伝統衣装である着物の柄に込められた意味について紹介しました。着物の柄には昔からある言い伝えや、縁起の良い話がたくさんあります。

好きな柄や華やかな柄で着物を選ぶのも良いですが、込められた意味から選ぶのも粋ですよね。ぜひ着物を選ぶときの参考にしてみてください!