東京ミズマチとは
東京ミズマチの全体地図
ぜひ訪れたい!東京ミズマチで人気のおすすめ3店舗
LATTEST SPORTS(ラテスト スポーツ)
むうや
DEUS EX MACHINA ASAKUSA(デウスエクスマキナ浅草)
東京スカイツリーと浅草を結ぶスポット【すみだリバーウォーク】
すみだリバーウォークを通って、東京スカイツリー側から浅草寺へ
浅草駅・浅草寺からの行き方ガイド
夜も楽しめる東京ミズマチ
アクセス

2020年6月18日、東京スカイツリーと浅草の中心に新スポット「東京ミズマチ」が複合商業施設としてオープン!

東京ミズマチができたことにより、交通の都合上これまで同時に観光することが難しかった東京スカイツリーと浅草を同時に楽しめるようになりました。

今回はこの東京ミズマチを楽しむ上で外せない、編集部員が取材で見つけたおすすめの3店舗と、東京ミズマチの歩き方をご紹介。

浅草や東京スカイツリーに訪れた際に立ち寄るだけでなく、東京ミズマチへ観光に行きたい!と思わせるような日本初、新業態の店舗を特集取材しました。

【関連記事】
東京ミズマチと合わせて楽しむ!東京スカイツリーの詳細情報や見どころはこちら↓↓
【東京スカイツリー】日本の新たなシンボル

東京都 < 浅草・スカイツリー

【東京スカイツリー】日本の新たなシンボル 東京の新たなランドマーク「東京スカイツリー」。電波塔としては世界一の高さ、地上634mを誇ります。展望台や東京ソラマチ、プラネタリウム、水族館などを含む「東京スカイツリータウン」など、東京スカイツリーの見どころの数々を紹介します。

テーマパーク

東京ミズマチとは

東京ミズマチはスカイツリーと浅草を結ぶ目的で、隅田公園と北十間川の浸水テラスに囲まれた東武鉄道の高架下に新たな複合施設として開業しました。

東京ミズマチの名前は、近接する東京スカイツリータウンの東京ソラマチと合わせたもの。水辺の街であることをわかりやすく表すとともに、下町や地域のコミュニティとの繋がりも意識した、誰もが親しみやすい名前となっています。

東京ミズマチには、公園と川と一体化したレストラン、スポーツと一緒にカフェが楽しめる開放的な施設、海外ライフスタイルショップや日本初上陸のカフェなど、個性豊かな店舗が勢揃い。表参道や恵比寿で人気のお店も多数出店しており、東京ミズマチはこれから新たな人気観光地として賑わうこと必至です。

東京ミズマチの全体地図


東京ミズマチの全体地図
東京ミズマチは真ん中の道路を挟んでウエストゾーンとイーストゾーンに分かれています。1部のショップを除き、基本的に河川側と公園・道路側の両方に出入り口を完備。ショップの間には高架下を通って道路側と河川側の行き来が可能な貫通路がいくつも用意されているので、気分に合わせいつでも両側の景色を楽しむことが出来ます。

東京ミズマチ イーストゾーンのテナント一覧

・カフェダイニング【LAND_A】
・デザインプロダクト【KONCENT】
・レストラン【Jack's Wife Freda】(2021年オープン予定)
・和菓子・甘味処【いちや】
・カフェ・ファッション【DEUS EX MACHINA ASAKUSA】
・クラフトビール【NIHONBASHI BREWERY.】(2021年オープン予定)
・ベーカリーカフェ【むうや】

東京ミズマチ ウエストゾーンのテナント一覧

・宿泊施設・ホステル【WISE OWL HOSTELS RIVER TOKYO】(2021年オープン予定)
・コンビニ【ファミリーマート】
・ものづくり・交流【SHOP & WORKSHOP すみずみ】
・洗濯代行・ランドリー【WASH&FOLD】
・グルメバーガー【shake tree DINER TOKYO】(10月下旬オープン予定)
・スポーツ・カフェ・イベント【LATTEST SPORTS】

各ショップの情報はこちら
東京ミズマチ公式サイト

ぜひ訪れたい!東京ミズマチで人気のおすすめ3店舗

東京ミズマチはどのお店も新業態であったり、日本初上陸であったりと他にはない魅力が詰まった店舗ばかり。

今回はその中でも、東京スカイツリー側から東京ミズマチを歩いて特に目を惹かれたおしゃれなお店に注目。実際に取材してわかったお店の魅力をご紹介します。

東京スカイツリーを出発して東京ミズマチへ


「とうきょうスカイツリー駅」の正面改札
まずは「とうきょうスカイツリー駅」正面改札からスタート。東京ミズマチへと向かいます。


とうきょうスカイツリー駅から東京ミズマチまでの案内看板
写真を撮った位置から左を見ると、交差点の奥に「東京ミズマチ」と書かれた大きな看板を発見。東京ミズマチへはたったの150mです。

LATTEST SPORTS(ラテスト スポーツ)


東京ミズマチイーストゾーンE7 LATTEST SPORTS(ラテストスポーツ)の外観
とうきょうスカイツリー駅から東京ミズマチへ案内に沿って進むと、最初に目に飛び込んでくるのがガラス張りの威風堂々たる建物「LATTEST SPORTS」。なんとボルダリング・カフェ・イベント3つの要素を含んだ新業態の複合型施設で、東京ミズマチ1番の注目施設でもあります。


店内はとても開放的なデザイン
「LATTEST」はもともと表参道や海老名で出店している人気のカフェ。他にも「LATTEST bike」等のサイクルショップも展開しています。

今回はその全てを集結し、子供から大人までみんな楽しめる最新施設としてこの「LATTEST SPORTS」が東京ミズマチに誕生しました。


店内のカフェ
カフェには店舗イチ押しのLATTESTから始まり、コーヒー、カクテル、ソフトドリンクなど様々な種類のドリンクを揃えています。プロテインもあるので、ボルダリングを楽しんだあとは存分にタンパク質の補給も可能。クッキーやプリン等のデザートもあり、コーヒーや抹茶と合わせて頂くことでより一層深い味わいを楽しむこともできます。


LATTESTプリンとLATTEST chocolate
今回はこちらのLATTESTプリンとLATTEST chocolateドリンクを注文。チョコレートドリンクといっても甘すぎず、エスプレッソ、ココアパウダーの苦味とミルクプリンの濃厚な甘みが絶妙に交わり、一生食べ続けられるくらいの美味しさでした。


サイクルショップ
カフェの隣にはこちらのサイクルショップ。いずれレンタルサービスも行うとのことで、東京ミズマチはもちろん、憧れの隅田川沿いを颯爽とサイクリングできるかも。


屋内の砂場
サイクルショップの奥には屋内の砂場!
抗菌された特殊な砂を使用しており、定期的に除菌もするとのことで、新型コロナウイルス対策もバッチリです。


キッズウォール
こちらが目玉のボルダリングジム「the stone session tokyo」。川側には大人用ウォール、その裏側にはキッズウォールがあります。ボルダリングジムの利用時間は2時間・4時間・1日の中から選ぶことができ、シューズのレンタルも可能です。

大人用のウォールには、初心者コースからボルダリング日本代表も練習に使う難関コースまで用意。スタッフトレーナーとして現役の日本代表選手や日本代表コーチも働いており、誰でもボルダリングを楽しめるようアドバイスしてくれるので、帰る頃にはあなたもスイスイ登れるようになっているかも?


大きな黒いホールドにつかまる中村真緒選手
運が良ければプロが超難関コースを目の前で登る姿も見られます。この日は日本代表の中村真緒選手が出勤しており、実際にプロ向けのコースを登る姿を見せてもらえました。誰でも全てのコースに挑戦できるので、あなたも一度プロ向けのコースに挑戦してみてはいかがでしょうか。

■【LATTEST SPORTS(ラテストスポーツ)】
住所:〒131-0033 東京都墨田区向島1-23-15(東京ミズマチイーストゾーン E7)
電話:03-6240-4300
営業時間:10:00〜23:00
公式サイト:MIZUMACHI & SPORTS


東京ミズマチイーストエリアにあるお相撲さん柄の自動販売機
LATTEST SPORTSを出て東京ミズマチをウエストゾーンに向かって道路側を歩くと、こんな珍しい自販機を発見。
隣には相撲部屋があり、お相撲さんと出会えるかも?

むうや

東京ミズマチをイーストエリアからウエストエリアに移動し、次に目を惹かれるのがこちらの「むうや」。キューブ型を基調としたデザインになっており、明るく楽しげな雰囲気に魅せられ足が止まります。


東京ミズマチウエストゾーンW7 むうやの外観
「むうや」は表参道で人気の「パンとエスプレッソと」が手掛ける新店舗として東京ミズマチに登場。バターをふんだんに使ったキューブ型のリッチなオリジナル食パン「ムー」とエスプレッソが自慢です。


食パン「ムー」
店内に入るとすぐ左になんとも美味しそうな「ムー」が。通常の味に加え、「みそムー」、「じゃがムー」、のりとチーズが入った「ムーのりチー」など、様々なフレーバーの食パンも楽しめます。

ちなみに「ムー」達のテイクアウトはとても人気で、休日は朝から行列ができるそう。お昼までに完売することも多いので、テイクアウトしたい場合は早めの時間に行くことをおすすめします!


東京ミズマチ店限定の餡フレンチトーストとコーヒー
今回は人気メニューの餡フレンチトーストとコーヒーを注文。表参道で大人気のフレンチトーストにあんこが添えられた東京ミズマチ店限定のメニューです!

卵がたっぷり染み込んだムーに生クリームとあんこをつけて食べると、口の中いっぱいに甘さが広がり、なんとも幸せな気分に。


お店の前で食パン「ムー」と記念撮影
ムーがあまりに美味しかったので、帰り際にさらに1つ買ってしまいました。今回は家に持ち帰りましたが、テイクアウトして目の前の隅田公園で食べるのもよしです。

■【むうや】
住所:〒131-0033 東京都墨田区向島1-2-12(東京ミズマチウエストゾーン W7)
電話:03-6240-4880
営業時間:9:00〜19:00
公式サイト:むうや

DEUS EX MACHINA ASAKUSA(デウスエクスマキナ浅草)

むうやを出て東京ミズマチを歩いていくと、なにやらアメリカンな雰囲気のお店が。

こちらの「DEUS EX MACHINA ASAKUSA」はオーストラリア発のサーフ&バイクカルチャーをベースにしたカフェで、アパレルショップ・バイクショップ・アートギャラリーの要素も含んだ誰もが楽しめる複合型の店舗です。


東京ミズマチウエストゾーンW5 DEUS EX MACHINA ASAKUSA(デウスエクスマキナ浅草)の外観
カフェにはドリアやサンドウィッチ、デザート等の食事から、コーヒーや抹茶、ビールやカクテルまで幅広く楽しめるメニューがあり、ガッツリ食べたい時や軽く休憩したい時など、ニーズに合わせて利用が可能。

カフェのヘッドバリスタであるヨシさん(吉田佳照さん)は全国のプロが集うラテアートの大会(SPORTY COFFEE)で何度も優勝した経験があり、多くのファンを持つ人気バリスタです。


プルドポークサンドウィッチを東京ミズマチ北十間川側のテラス席で
今回は東京ミズマチの北十間川側が見えるテラス席でBBQプルドポークサンドウィッチをいただきました。プルドポークは、スパイスにつけてじっくり煮込んだ豚の肩肉を細かく裂き、ホロホロになったところを自家製のソースで味を付けてやっと出来上がる店舗自慢のお肉です。

日本ではあまり聞かないこのプルドポークと呼ばれるお肉は、アメリカではソウルフードとまで言われています。なんでもこのお店のプルドポークはテキサス出身のお客さんも絶賛して、毎日食べに来るようになったとか。

日本ではなかなか食べられるものではなく、加えて味も絶品なので、東京ミズマチを訪れた際にはぜひ食べておきたい1品です!


カプチーノと食パンのデザート
食後にはこちらの美しいラテアートのカプチーノとデザートを注文。


抹茶ラテのラテアート
抹茶を頼むとこんな可愛いラテアートも見られます。


店内のバイク
注文時からやたらと目に入り、気になっていたバイクコーナー。こちらのお店ではバイクのカスタムも行っており、実際にバイクで訪れてカスタムしたり、販売されているカスタムバイクを買ってそのまま乗って帰るといったこともできます。

ちなみに写真のイカしたバイクは郵便配達員のバイクをカスタムしたものらしいのですが、どこをどう改造したらこんな格好よくなるのか…


隅田公園の芝生エリアから見える東京スカイツリー
お店の前には隅田公園の芝生エリアが広がっており、テイクアウトして東京ミズマチからスカイツリーを見ながらピクニック気分を楽しむこともできます。

■【DEUS EX MACHINA ASAKUSA(デウスエクスマキナ浅草)】
住所:〒131-0033 東京都墨田区向島1-2-8(東京ミズマチウエストゾーン W5)
電話:03-6284-1749
営業時間:11:00〜20:00
公式サイト:Deus Cafe Asakusa

東京スカイツリーと浅草を結ぶスポット【すみだリバーウォーク】



晴れた日のすみだリバーウォーク
東京ミズマチのウエストエリアを歩いていくと、「すみだリバーウォーク」に到着します。

「すみだリバーウォーク」は鉄道沿いに新たに設置された歩道橋で、東京ミズマチのオープンに合わせて開通。今まで行き来が面倒だった浅草・東京スカイツリー2大エリア間の移動がとっても簡単で便利になりました!整備されたキレイなウッドデッキの道は、歩いているだけでとても良い気持ちに。

隠れソラカラちゃんを探せ!

すみだリバーウォークには東京スカイツリーの公式キャラクター「ソラカラちゃん」が2箇所に隠れており、探しながら歩くのもまた楽しいですよ。ヒントの写真を載せておくので、あなたも見つけてみてはいかがでしょうか。


2箇所に隠れているソラカラちゃん

すみだリバーウォークを通って、東京スカイツリー側から浅草へ


すみだリバーウォークから浅草駅への案内(赤い丸の部分)
すみだリバーウォークを渡り切ると「浅草駅」と書かれた看板が。案内通りに進むと浅草駅にたどり着き、駅の隣には雷門で有名な「浅草寺」があります。

【関連記事】
浅草寺の歴史や見どころの記事はこちら↓↓
【浅草寺】下町情緒あふれる浅草を満喫する観光ガイド

東京都 < 浅草・スカイツリー

【浅草寺】下町情緒あふれる浅草を満喫する観光ガイド 都内最古の寺「浅草寺」。東京浅草に位置し、その歴史は1400年にも及びます。仲見世通りや雷門は古き良き江戸情緒を味わえる下町のシンボル。今回は国内外から年間3000万人が訪れる、都内随一の観光スポット浅草寺の歴史や見どころを紹介します。

神社・寺

浅草駅・浅草寺からの行き方ガイド

今回は東京スカイツリー側から東京ミズマチを楽しみましたが、浅草駅と浅草寺からのアクセスも合わせてご紹介します。

浅草寺の仲見世通りを進んで伝法院通りへ

まずは浅草駅6番出口を出て浅草仲見世通りへ向かいます。


伝法院通り
浅草仲見世通りを進んでいくと、中心あたりでこちらの伝法院通りに出ます。


伝法院通りから見える東京スカイツリー
写真とは反対方向を見ると東京スカイツリーが。

伝法院通りを東京スカイツリーに向かって進む


すみだリバーウォークと書かれた看板
東京スカイツリーに向かってまっすぐ進んでいくと看板が見えるので、案内に沿って進むとすみだリバーウォークに到着。すみだリバーウォークを渡ると、東京ミズマチが見えます。

【関連記事】
浅草仲見世通りの詳細と楽しみ方はこちら↓↓
予算1,000円!浅草寺へと続く【浅草仲見世商店街】を満喫

東京都 < 浅草・スカイツリー

浅草寺へと続く【浅草仲見世通り】を予算1,000円で満喫! 浅草寺と雷門を結ぶ「浅草仲見世通り」。東京観光では外せない人気観光スポットです。下町情緒が残る浅草には、多くの観光客が訪れ平日でも大賑わい。今回は浅草仲見世商店街の低予算で楽しめるグルメを紹介します。

街並み

夜も楽しめる東京ミズマチ


ライトアップされた東京ミズマチと東京スカイツリー
東京ミズマチはお昼に訪れても素敵ですが、お昼のカジュアルな雰囲気と一転、夜はライトアップされて一層ロマンチックなスポットに。写真のようにライトアップされた東京スカイツリーと東京ミズマチを一緒に見ることもできます。


ライトアップされたすみだリバーウォークと東京スカイツリー
すみだリバーウォークは東京スカイツリーと同様のライトアップで照らされ、一体感を演出。東京ミズマチを訪れた際には、こちら浅草駅側からの幻想的な景色もぜひ堪能してみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
東京スカイツリーのライトアップとおすすめ夜景スポット情報はこちら↓↓
東京スカイツリーの美しいライトアップを見に行こう!おすすめ夜景スポットも紹介

東京都 < 浅草・スカイツリー

【東京スカイツリー】の美しいライトアップを見に行こう!おすすめ夜景スポット5選 夜空に輝く美しいライトアップが魅力の「東京スカイツリー」。季節やイベントに合わせて様々なライティングを楽しめます。 今回は、毎日楽しめる通常ライトアップに加え、期間限定の特別ライトアップや、おすすめ夜景スポット5選を紹介します。

夜景・イルミネーション

東京ミズマチへのアクセス

最寄り駅:押上駅・浅草駅

東京駅からのアクセス

【東京駅】- 東京メトロ丸ノ内線/池袋行
→【大手町駅】- 東京メトロ半蔵門線/押上行 → 【押上駅】 → 徒歩(10分)

新宿駅からのアクセス

【新宿駅】- JR中央線/東京行
→【神田駅】- 東京メトロ銀座線/浅草行 → 【浅草駅】 → 徒歩(10分)

車でのアクセス

最寄りIC:首都高速7号小松川線 錦糸町IC
東京ミズマチ周辺の駐車場:ソラマチ西駐車場