東京都内の夜桜スポット① 六義園
東京都内の夜桜スポット② 千鳥ヶ淵
東京都内の夜桜スポット③ 浅草寺
東京都内の夜桜スポット④ 山谷堀公園
まとめ

日本の春の風物詩でもある「桜」。東京都内にも桜の名所はたくさんありますが、今回ご紹介するのは東京都内で見られる「夜桜」です。満開に咲き誇る桜がライトアップで照らされる様子は、昼間とは違う幻想的な世界が広がります。 

そこで今回は、筆者がもっともおすすめする東京都内の夜桜のお花見名所4選を紹介します。

【関連記事】
六本木のお花見スポットの記事はこちら↓
【お花見】六本木の二大ランドマークで桜を満喫!

東京都 < 六本木・赤坂

【お花見】六本木の二大ランドマークで桜を満喫! お花見スポットで人気の「六本木」。繁華街やオフィスビルのイメージですが、実は桜の名所なのです。六本木ヒルズと東京ミッドタウンのさくらのライトアップは幻想的な雰囲気。今回は、六本木で楽しめる桜のおすすめスポットを紹介します。

夜景・イルミネーション

東京都内の夜桜スポット① 六義園

江戸の二大庭園と称される日本庭園、「六義園」。例年、園内では桜のシーズンに合わせ、様々なところでライトアップが行われています。お花見ポイントは2ヶ所。まずは正門をくぐった先にあるシダレザクラです。


六義園の夜桜 (シダレザクラ)

横15m、高さ20mを誇り、滝のように枝が流れ落ちる圧巻の姿が魅力。都内でも有数の一本桜は、六義園のシンボルとして来園者を迎えています。

もう一つは、園内奥、吟花亭跡の前にある「鶴姫のシダレザクラ」です。第二のシダレザクラとも呼ばれ、正門前のシダレザクラには及ばないものの、高さ13mは圧巻の大きさです。こちらのライトアップは青やピンクなどの光で照らされるので、様々な姿を見ることもできます。

六義園の鶴姫のシダレザクラ

■六義園への行き方

六義園の最寄り駅は東京メトロ南北線の駒込駅です。東京駅からは約30分で到着します。

【東京駅】— 丸ノ内線 / 池袋方面
→【後楽園駅】— 南北線 / 浦和美園方面
→【駒込駅】→徒歩(約3分)

桜のシーズンはかなり混雑します。特に、夜はライトアップを見る観光客が殺到し、入場に30分以上待つ可能性もあります。できれば日没前には到着しておきたいところです。

【六義園 夜桜ライトアップ 基本情報】
「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」
期間:2021年3月下旬〜2021年4月上旬
夜桜ライトアップ:日没〜21時(最終入園は20:30)
入園料:300円(東京メトロ24時間券提示で240円になります)

【関連記事】
六義園の歴史や観光情報の記事はこちら↓↓
【六義園】で和歌に詠まれた景色を見つけよう

東京都 < 後楽園

【六義園】で和歌に詠まれた景色を見つけよう 江戸の二大庭園と称される「六義園」。東京駒込に位置し、小石川後楽園と並ぶ優美な庭園です。緑豊かな自然に恵まれ、春はシダレザクラ、秋は紅葉と四季折々の装いが魅力。今回は、小高い築山と広い池をもつ明るい庭園「六義園」を紹介します。

庭園

東京都内の夜桜スポット② 千鳥ヶ淵

皇居周辺は桜の名所がたくさんありますが、中でも定番は「千鳥ヶ淵」です。皇居の北西あたりに位置するお堀で、そのお堀を取り囲むようにソメイヨシノをはじめ、ヤマザクラなど約300本もの桜の木が立ち並びます。

見頃を迎えた千鳥ヶ淵の夜桜

千鳥ヶ淵のライトアップはLEDライトを使用しているので、光が広がることなく上品な明るさです。また、お堀の水面はほとんど揺れないので、水面に映し出される桜も見ることができます。

また、なんといっても、千鳥ヶ淵ではボートに乗りながら夜桜を鑑賞することができるのが特徴。30分800円の乗船料で楽しむことができます。ぜひ大切な人とボートに乗りながら夜桜鑑賞してみてはいかがでしょうか。


千鳥ヶ淵ボート場上からの夜桜

千鳥ヶ淵の北側からは、幻想的な桜と東京タワーを一緒に眺めることができるため、人気の撮影スポットとなっています。

■千鳥ヶ淵への行き方

千鳥ヶ淵の最寄り駅は、半蔵門線の九段下駅か半蔵門駅になりますが、お花見のルートは千鳥ヶ淵の北側がスタートとなるので、九段下駅の方が近いです。

【九段下駅】→徒歩(約5分)

帰りは、九段下駅まで戻るより半蔵門駅のほうが近いので、そちらを利用しましょう。

【千鳥ヶ淵 夜桜ライトアップ 基本情報】
「千代田の桜祭り2021」
(※2021年度の夜桜ライトアップイベントはコロナウイルスの流行により中止となりました。)

昼間の千鳥ヶ淵の桜も堪能したい人はこちら↓
【千鳥ヶ淵】の桜は見ないと損!散っても美しい春色の世界

東京都 < 皇居エリア

【千鳥ヶ淵】の桜は見ないと損!散っても美しい春色の世界 都内屈指の桜の名所「千鳥ヶ淵」。江戸時代からの歴史を持つ、皇居にあるお濠です。満開の時期だけでなく、桜が散った後も美しい春色の光景が顔を見せるスポット。春を楽しむには見逃せない千鳥ヶ淵を紹介します。

絶景

東京都内の夜桜スポット③ 浅草寺

下町風情が今も残る「浅草」。中でも浅草寺は、浅草のシンボルとして長年親しまれてきました。ここでは、桜と一緒に歴史的建造物も一緒に眺められるのが見どころです。浅草寺は、桜自体のライトアップはされていませんが、宝蔵門や五重塔などがライトアップされているため、昼間とは違う厳かな雰囲気が漂っています。


浅草寺にある宝蔵門と五重塔と夜桜

仲見世通りを進んだ先、宝蔵門の前に大きな桜が植えられています。その迫力もさることながら、ここでは桜と宝蔵門と五重塔を同時に見ることができるので人気の撮影スポットです。これぞ日本という景観を堪能できます。

■浅草寺への行き方

浅草寺の最寄り駅は、銀座線の浅草駅です。

【浅草駅】→徒歩(約5分)

【浅草寺 夜桜ライトアップ情報】
日時:毎日
開催時間:日没〜23:00頃

【関連記事】
浅草寺のライトアップ情報を知りたい方はこちら↓↓
【浅草寺】ライトアップで訪れたいスポット6選

東京都 < 浅草・スカイツリー

【浅草寺】夜のライトアップで訪れたいおすすめスポット6選! 海外から人気の浅草で特に有名な場所「浅草寺」。実は毎晩ライトアップが毎日行われているのをご存知ですか?昼間に賑わうイメージが強いですが夜の姿も必見です。今回は、ライトアップした浅草寺で目にしたいスポットを紹介します。

神社・寺

東京都内の夜桜スポット④ 山谷堀公園

東京の新ランドマークとしても有名な「東京スカイツリー」。桜並木の夜桜とスカイツリーが織りなす風景は、絶妙なハーモニーを生み出します。人気スポットといえば隅田公園を思い浮かべる方も多いと思いますが、隠れた名所があるのをご存知でしょうか。それが「山谷堀(さんやぼり)公園」です。

山谷堀公園からみえるスカイツリーと夜桜

山谷堀公園は、元は隅田川に流れる「山谷堀」と呼ばれる水路。その水路が埋め立てられ、山谷堀公園が作られました。多くの桜の木が植えられており、数多くの観光客で賑わいます。
運が良ければ、ハートの木の枝の中に浮かぶスカイツリーが見えるかも!!

■山谷堀公園への行き方
水上バス【桜橋】より徒歩12分
各線【浅草線】より徒歩15分~20分程

【山谷堀公園 夜桜ライトアップ情報】
期間:2021年3月下旬 – 2021年4月上旬
夜桜ライトアップ:日没〜22時

【関連記事】
隅田公園の桜の記事はこちら↓
【隅田公園】で東京スカイツリーと桜の絶景を堪能しよう!

東京都 < 浅草・スカイツリー

【隅田公園】で東京スカイツリーと桜の絶景を堪能しよう! 桜と東京スカイツリーの織りなす絶景を楽しめるおすすめスポットがあるのを知っていますか?それが東京スカイツリーのすぐそばにある「隅田公園」。桜と東京スカイツリーが一緒に楽しめるおすすめ絶景スポットや、桜だけではない隅田公園の見どころを紹介します。

公園・遊び場

夜桜は満開でなくても幻想的

今回はこの春いくべき東京都内のおすすめ夜桜スポットということで4つの場所を紹介しましたが、東京都内にはまだまだ魅力的な夜桜スポットがたくさんあります。夜桜は満開の時期と多少ずれても、十分楽しめるのが特徴です。時間のある方はぜひ、いろいろな夜桜スポットを巡ってみてくださいね。